2014年08月02日

1408021407201
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


ちょっと食事に入ったお店で
美味しそうな料理が出て来た時に
思わず写真を撮りたくなる時って
ありますよね。

携帯端末で撮る事も多いと思いますが
やっぱり、料理が運ばれて来た時の
「感激感」みたいな物とはかけ離れた
敢えて言うと、不味そうにしか撮れなかったり。 

そんな時に、一眼レフで拘って撮れば
もっと良い写真が撮れるかもしれませんが
例えその時に持って来ていたとしても
やっぱり大きなカメラを取り出すのは
気が引ける場面も多いと思います。




1408021407202
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


そんな時には、ミラーレスカメラはなかなか
便利でありますね。

コンデジよりは少し大きいけれど、一眼レフほど
目立たないと言うか何と言うか(^_^;)
もっとラフな感じで撮る事が出来るというか。

カメラ関連荷物も劇的に身軽ですしね。

携帯でも上手に美味しそうに撮れる人は
たくさんいらっしゃると思いますが、
ボクには携帯より簡単に雰囲気のある写真が
撮れるように思います。



1408021407203
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II
 

今では、コンデジ界もずいぶん様相が変わって
高級高性能コンデジが活況なようですね。

それらの高性能な明るいレンズを搭載した機種も
より手軽でいいかもしれません。

お値段は全然手軽じゃありませんが(^_^;)
興味を惹く機種は、エントリークラス一眼レフ
以上の価格帯になってきます。
簡単には手が出せません(;´Д`)




140802110917
SH-04A


ちなみに、これは所有ガラケーの最終機、
SH-04Aで撮影したもの。

2011年夏頃の物なので、僅か3年前ですが
こんな画質でした。

大好きな馬刺しと海ブドウだとわかります。
が、そうわかるだけで、写真はボクが見ても
全然美味しそうじゃないw
WBだけの問題じゃないですね(^_^;)



140802130920
L-04E


こちらは去年の夏、フルHD時代のスマホです。

上と同様、同じお店の馬刺しとお造り定食。

ガラケーよりは良いですけどね。
その時の感激感とか、美味しげな雰囲気は
まだ足りない感じ。
この日はこれを食べましたよ、的な。

ま、撮り方も悪いんでしょうけど(^_^;)



140802140426
SONY α55 SAL1855


これは、α55と標準キットレンズで。

SAL1855なので暗いレンズなのですが
まぁまぁ雰囲気がわかります。

本当は生シラスを食べに行ったんだけど
主役のシラスは少しだけw

そういえば、お店についてから
海鮮丼にしたんだったな、とか
w(゚o゚)w オオー!とか言って
運ばれて来た時にテンション上がった事が
写真からでも蘇りますw


とまぁ、完全に主観だけで言ってますが
まずは主観が大事w
後日の自分に伝わらなければ
誰にも伝わらないと言う事で(^_^;)



料理の写真を撮るのであれば、運ばれた時の
感激感みたいな物も、出来るだけ一緒に
写し込みたいですね♪





(00:00)

2014年07月29日

1407291407111
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


最近、新しく導入したGX7の作例が続いたけど
α55も並行して現役続行です。


以前紹介したハグロトンボ の時は
まだTokinaのサンヨンだったんですねぇ。
AT-X304は軽量コンパクトでフードが
収納式なところも良いレンズでした。


今回は、MINOLTAのサンヨン。
撮影条件も何もかも違いますが
これもなかなか良い写りだと思います。

上の写真は、♂。



1407291407112
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


こちらは♀。
体色が派手かどうかでわかります。
もちろん♂が派手。

この写真のように、羽を開き切った瞬間を
写すのは、簡単なようでなかなかタイミングを
取るのが大変です。

割とゆっくりと広げていって、ピークまで
広がった瞬間に全閉します。
どうせなら全開を撮りたいけど欲張ると
全閉が写ってる(^_^;)




1407291407113
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


その全閉状態の写真。

この個体は、何か獲物を食べているようです。
見た感じ、まるでエビのお造りのような質感。
もちろんエビでは無くて昆虫だと思う。

そう言えば、昆虫食ってエビと似てると
言いますよね。
ボクは、イナゴもハチの子も食べた事も
食べたくもないですが(^_^;)



1407291407114
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


上と同じ個体。

咥えたまま飛んで、違う木に移動。


こうして見ると、古くなってもまだまだ
α55もいい感じですねぇ。

GX7で撮ってる時は、これだけ写って
こんなにコンパクトならもうこれでいいんじゃね?
なんて思ったりもしますが、こっちはこっちで
やっぱりいいw

α55も十分に小型軽量機種ですしね。
やっぱり更新ではなく併用ですね。


 

(00:00)

2014年07月28日

1407281407110
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ


今年のブッポウソウも、巣箱の中の雛のために
餌の昆虫を捕まえてはせっせと運んでいます。

この写真は、SONYのAマウントのサンヨンと
1.4倍テレコンを、マウントアダプタを使って装着し
35mm版換算で840mm相当の画角で5コマ/秒連射で撮影。


MFと、絞り値も目分量でしか設定出来ないけど
このようなカメラ固定の待ち伏せ系なら
GX7とサンヨン+x1.4テレコンでも
何とかなる感じですね。

ただ、こんな場面ではもう少し連射コマ数が
欲しくなります。




1407281407111
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ


そこで。

カシオのコンデジかよ!
ってツッコミも聞こえて来そうですが
40コマ/秒の超高速連射モードを試してみました。

この超高速連射モードでは、撮影サイズが
S(2272x1520)に固定されてしまい
電子シャッターのみでの撮影になるので
このような動体では像が歪んで写ってしまう
コンニャク現象が起こりがちですが
歪んだ写真は諦めると割り切れば
なかなか面白い機能です。

1枚目のフォーカルプレーン(普通のシャッター)
では、広げた翼の形がイマイチ決まらない
写真しか撮れていなかったけど、8倍の密度で
撮れるこのモードであれば、歪んだ写真は排除しても
形が決まったポーズの瞬間が撮れている確率、
歩留まりも上がる可能性があります。

この写真では、残念ながら構図が失敗してますが(^_^;)




1407281407113
Panasonic GX7 AF300mmF4G


また違ったポイント。
かなり遠い、林立する中の端の樹のてっぺんで
周囲を警備するブッポウソウ。

これは肉眼ではクチバシのオレンジがかすかに見えるだけで
望遠レンズ付けたカメラで確認して初めてブッポウソウが
居ることがわかるくらい遠いです。

GX7+サンヨン(換算600mm)でもこんなに豆粒。



1407281407114
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ


GX7+サンヨン+x1.4テレコン(換算840mm)でも
まだこんなに小さい。

光線状態がコロコロ変わっているので
WBは気にしないでください(^_^;)



1407281407115
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ
+デジタルズーム2倍


そこで、どれくらい実用になるのか試してみたかった
デジタルズームの2倍(換算1680mm)

感じ方には個人差があるでしょうが、ボクにとっては
これはナシの方向で(^_^;)

これなら、普通に撮った後でトリミングで対応しますね。



1407281407116
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ
+デジタルズーム4倍


ははは!
これは笑うしかない(換算3360mm)

懐かしのSANYO Xacti C6の酷い時並みですね(^_^;)
ブッポウソウの写真と言われれば、そんな風に見えるかも
…みたいな(^_^;)



1407281407112
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


結局出なかったヤマセミ待ちの暇つぶしに
ひょっこり出てきてくれた小さなカマキリ。

橋の下を流れる川を背景にポーズを
決めてくれました。
が、やはりこんな時はもう少し寄って撮りたいね。



(00:00)

2014年07月25日

1407251407111
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


ブッポウソウを観察するポイントに向かう途中で
いつも寄り道する道の駅。

スタッフやお客さんが頻繁に行き来し
簡単に手が届くような所にも営巣しています。

これが、飼育や餌付けされた野鳥ではなく
渡り鳥なんですから、ツバメと人間の関係性が
よくわかりますね。



1407251407112
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


 親鳥が虫を捕って来るのを待ちわびてます。

これらは、20㎜のレンズで撮影。
35㎜換算で40㎜です。
望遠レンズでなく標準域でも普通に撮れてしまう。

それくらい、人間に対して警戒心が薄いんですね。



1407251407113
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


これも売り物。
鉢植えのブルーベリーでしょうか。

ほぼ最短撮影距離で狙っていますが
最大撮影倍率0.13倍なのでこの程度の
接写が限界です。


マイクロ4/3のGX7を導入して1か月程ですが
思ってたよりホント凄くよく写りますw(゚o゚)w 

こうなってくると、レンズキットでセットになっていた
20mmF1.7しかレンズが無いっていうのが
物足りなくなってきますね(^_^;)




1407251407114
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


ビッシリと並べられた立派なスイカ。

こんな立派なスイカを丸々買っても
冷蔵庫には入りませんね(^_^;)
冷たい湧水や井戸水で丸ごと冷やして
食べてみたいですね。





(00:00)

2014年07月01日

1407011406211
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

この写真、タイトル無しでいきなりだと
何の写真だかわからないですね(^_^;)

これは、出口間際のトンネル内を走る
トロッコ列車の車窓からの景色。

わかりにくい写真だけど
ちょっと気に入ってたりします。



1407011406212
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

こちらはわかりやすい。

保津川下りが有名です。
カヌーやラフティング等も盛んな様子。




1407011406213
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

車内はこんな感じ。

でも車両によって窓やシート等設備が違います。
払下げ車両などの寄せ集めなのかな?

始点終点間でも片道30分程度しかないので
こんな木のベンチシートでも無問題。



1407011406214
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


駅の土産物屋では、駅弁風の菓子が。

この地らしい土産かと問われれば、?ですが(^_^;)






(00:00)

2014年06月28日

1406281406211
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

「ひとりで行けるもん!」
元気な我が子を黙って見守る若いお父さん。

そんな微笑ましい親子の姿が
萌える緑に良いアクセントとなってくれました。



1406281406212
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

石灯篭の窓景。

この灯篭、側面の方が木の装飾枠があって
景色が良かったけど、そこから見える背景が
どうしようもなく、こちら側からに。

紅葉では無くはじめから紅いもみじが
良いさし色になってます。




1406281406213
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


枯れて伐採されたのでしょう。
しかし、朽ちた切り株の脇から新芽が。

クリエイティブコントロールのブリーチバイパスで。

フィルター系のモードって、あまり好きでは
無かったんだけど、乱用せず要所に使えば
効果的かも?と思ったり(^_^;)




1406281406214
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

いい感じに苔むした石鳥居。

鳥居にの上にはたくさんの小石が。
意外と難しくなかなかのっかりません。



1406281406215
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

これだけのもみじ並木。
紅葉の時期には、さぞかし見事な事でしょうね。





 

(00:00)

2014年06月26日

1406261406211
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

最上部の奥ノ院にある眷属二十八武衆。
名前の通り28体の護法善神がズラっと並ぶ。





1406261406213
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


こちらは奥ノ院裏にある奥ノ院眼力稲荷。

下にも眼力稲荷があって、何だかややこしい(^_^;)


建物内は、本堂から靴を履かずに回廊を
通って来られる事は以前に書いたが
この眼力稲荷などは写真のように屋外なので
ここはお参りするには裸足覚悟になるw



1406261406212
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


屋内の暗めな、紅葉とシジュウカラの衝立と
境内から外の眺めを1枚に写す。

明暗差がきつくて、写真では辛い場面だけど
なかなかよく収まっていると思う。

HDR等使わずに、これくらいのダイナミックレンジが
あれば、大丈夫なんじゃないでしょうか。




1406261406214
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


そして、同じ回廊を辿って、下の本堂へ戻る。

そう考えると、靴のまま外のルートで奥ノ院まで
登って、靴を持って回廊を通って降りてくる方が
より楽しめるかと思います。

モリアオガエルの泡巣もあるようだし、
ネイチャー系でも楽しめそう。


 

(00:00)