2010年02月

2010年02月28日

いつもお世話になっているringoさんのringo! ノ スモグリワールド
同定の難しさ?」のエントリでUpされている魚の種の同定ですが
勝手ながら今日のネタに頂きましたw ringoさんゴメンネ!

ピンが怪しいですが同定用と割り切って下さいw


ringoさんが推測されているオビシノビハゼか
その仲間のシノビハゼだろうと目星をつけ
それぞれの違いに注意してみました。


まず、オビシノビハゼを見てみましょう。
オビシノビハゼ文字
A630

オビシノビハゼはシノビハゼ属で唯一背中に鞍状斑が有り
腹部には黄色い横縞(魚に対しては垂直方向の縞)があります。
この固体はまだサイズが小さいので黄色い縞も鮮明ではありません。


次にシノビハゼです。
シノビハゼ文字
A630

シノビハゼの方には背中に鞍状斑はありません。
また、体側の黒点の中に黄色が入ります。



では、ringoさんの画像ですが、正面からのどアップな上
被写界深度が浅く、目玉以後がキレイにボケているので
ハッキリとは確認できませんが、背中部分に鞍状斑が
あるようには見えません。斑があればボケながらも
黒く見えるはずです。

腹部の黄色縞は画像からは確認できないので、
確度は落ちますが、オビシノビハゼでは無いと思います。

またもう一種との違いは、胸鰭より前のエラの部分までに
黒線が1本ではなく、多数(5~6本)あるので
新種のシノビハゼ属の一種(和名なし)でも無さそうです。


よって、ringoさんの画像は


「シノビハゼ」


という事でどうでしょう?

(01:01)

2010年02月27日

deck
G11

雨上がり。

晴れの日とは違った雰囲気で
普段は見逃していたような対象物が
被写体になったりします。


bamboo
G11

これは、無造作に置かれた細い竹です。
雨に濡れた表面が印象的でした。


reef2
G11

この草の葉の撥水性は凄いですね。
水滴が球体に弾かれています。


ウッドデッキの話ですが、年に1度は専用の浸透性がある
塗料を塗り直し、メンテナンスが必要なのですが
写真のようにデッキ上に水が溜まってしまいます。

撥水性のワックスが効いた車のボディのように
効果が目に見えてわかって、それはそれで
気持ちがいいものですが、いつまでも水溜りになり
実用上も少し不便です。

現状はワイパーで水を切っていますが、
もしかして、デッキの基礎を組む時に、水はけの為に
少し傾斜させるべきだったのでしょうかね?
組み立て説明書の通り、水平をしっかり取ったのが仇に?



(01:01)

2010年02月26日

buoy
                   Canon PowerShot A630


海底が砂で形成されるビーチのエリアでは
ロープが何かに絡まり、ブイが水面下に沈んでしまって
本来の役目を果たさなくなって放棄された廃棄物が
多様な生物や稚魚、幼魚達のシェルターとなり、
また系が形成され餌場としても、貴重な人工漁礁となって
新たな役割を果たしていました。

役目を終えた船や車、電車なども沈めて
漁礁にしていますもんね。

ブイとほぼ同じ大きさにまで成長したサンゴ。
もう何世代もの魚達を育ててきたのでしょう。



加計呂麻にて。





(01:01)

2010年02月25日




sky

                                   sanyo xacti C6
飛行機に乗る機会がほとんど無いので、
窓から広がる超パノラマな大絶景に
ついつい見とれてしまい

宇宙から海までの惹き込まれる様な
青のグラデーションを、何とか写真に
収めたくなります。

島の上空には必ずと言っていい程
積乱雲が出来ています。
スコールや雨を降らせ、小さな島々にも
貴重な淡水源として島を潤しているのでしょう。






sunset
                              Canon PowerShot A75
石垣島北部のサンセットビーチです。

もう、普段の生活圏とは

空が違います。

海が違います。





beach
                              Canon PowerShot A75

その名の通り、夕日がバッチリの
ロケーションにあるビーチです。


silhouette
                              Canon PowerShot A75

石垣島へ到着した当日に、ポイントを探しながら
島を北上し、夕方になって到着したビーチ。

9月末の石垣島では、短時間のダイブでは
水着とラッシュガードだけでOKでした。 




(01:01)

2010年02月23日

近隣の街に、ふた昔程前に花博が開催された緑地公園があります。

当時は、博覧会が終了しても、パビリオンは撤収されるけど
遊園地は残るものと認識していました。
大阪万博の後のエキスポランドをイメージしていたのですが
実際には、広大な緑地公園と大温室や体育館等の施設となりました。

万博だけに世界各国の文化や庭園等も展示されていましたが
撤収された今でも、その名残が残っている所もありました。

これはタイの建物でしょうか。
今は枯れていますが恐らく水が出ていたのでしょう。
Thailand
Canon G11


街灯もオブジェの様な凝った物もありました。
タイトル「月と海栗」 (ウソですよw)
streetlamp

特殊な電球を使っているように見えますねぇ。
保守できるのか余計な心配をしてしまいます。



緑地内には大きな池が何個かあり、様々な野鳥も集まってきます。
そんな鳥達を餌付けする人達もたくさん居ました。

中には、警戒心の強いスズメを完全にてなづけているオジさんが居ました。
sparrow

スズメの動きを止めるのに、SSを1/1250まで早めたら
夕方だった為にISO800まで上がってしまいました。

しかも背景がゴチャゴチャして見にくいですねぇ。

このオジさん、手に持った餌にスズメが集まったら
同行したボクの仲間のデジ一の連射がカシャカシャカシャ・・・!!!!
っと、マシンガンのように唸っているのを意識して
ちょっと得意げで、嬉しそうで
見ていてほのぼのさせてもらいましたw


この日は夕方でも凄く寒かったんですが
桜が少しだけ咲き始めていました。

cherry blossoms






(01:01)

2010年02月22日


先週末に、ブラっと写真を撮りに行って来ました。

つい最近購入した、キヤノンのPowerShot G11という
コンパクトデジカメでとにかく何か撮ってみたかったんですw


さて、このモザイクの様な写真は何でしょう?

mosaic
Canon G11



上の写真の答えはコンテナ船から降ろされたのか、これから積み込まれるのか
アートのように山積みされた、世界を縦横無尽に巡るカラフルなコンテナ達。

ここは、神戸のポートアイランドにあるコンテナターミナルです。



全貌はこんな感じ。

mosaic2



星が写っているのがわかるでしょうか?
この写真、夜に撮ったんですよ。

凄く寒かったです。



そして、このコンテナ達は巨大なUFOキャッチャーの様な
ガントリークレーンで、コンテナ船へ積み下ろしされます。
gantry crane




今回使った三脚が小さくて、フェンス越しの撮影等で高さが足らず
かなり泣かされました。 ホムセンで売っている数千円の簡易な
三脚しか持っていなかったので、三脚も新調へ!?

この話はまた今度w



(01:01)

2010年02月16日

kuniが綴る「くにブログ」です。

どんなテーマを綴るのかは未定の見切り発車ですが
とにかくスタートしてみます!

お気楽に、お気軽にご覧下さい。
よろしくお願いします!

(01:01)