2010年12月21日

101221101217
SONY α55 SAL70300G

ジョウビタキの雌です。
自然界では多い事ですが、例に漏れず雌は地味ですね(^_^;
でも、よく見ると目がクリクリとしてカワイイもんですね。

冬になると日本全国に渡ってきますが、繁殖期ではないようです。
同種に対するテリトリー意識が強いようで、車のウィンドウやサイドミラーに
映った自分と喧嘩している場面を、岡山の実家でもよく見ます。


101221101120

こちらが雄です。

空バックの電線だと、殺風景で何とも色気の無い写真ですねぇ。
でも撮影場所は奄美の加計呂麻だったりします。
上の雌の写真は自然豊かな感じですが大阪の公園なんですよねw

意外と、公園などでは雌ばかりで、雄の姿を確認できないんですよね。
たまたまだとは思うんですけど。 
雄雌共に、羽の中ほどに白い斑があり、近縁種との区別ができます。

ヒタキ類は、その鳴き方が甲高い声でキッと鳴きますが、そのキッの後に
カッカッっと打撃音を出すそうで、その打撃音が火打石を打つ音に似ている事から
「火焚き(ヒタキ)」と名づけられた説もあるそうです。

ヒタキの仲間では、、ルリビタキも是非撮りたいですねぇ。
雌のルリビタキらしき鳥は居たのですが、やっぱり青いのがいいなw





(01:00)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ringo   2010年12月22日 00:18
ルリ君は閑谷でいっぱいいますよ!!
いっぱいではないけど^^;
冬の名物鳥のビタキたち。
はまりすぎないように注意しつつw
2. Posted by くに   2010年12月22日 18:34
閑谷まで遠征しますか?
年末から年始の間で来てくれるなら全然OKよw
3. Posted by ringo   2010年12月22日 19:25
今年も年末年始の曜日悪すぎる。
考え中であります。
4. Posted by くに   2010年12月22日 23:37
1,2日が土日ですね(^_^;

コメントする

名前
URL
 
  絵文字