2011年07月05日

2011070520110703a
SONY α55 Tokina AT-X304

カラスよりも小さく、ムクドリやヒヨドリよりも大きい。
カケスの仲間くらいの大きさでしょうか。

ほぼ全身は真っ黒で、初列風切の基部が白いので白い斑のように見えます。

特徴的なのが額の冠羽。
冠と付くだけにこの冠羽が頭頂部に有る(ように見える)種は多いですが、
このハッカチョウのように、額というより鼻の上にちょこっとあるのは珍しいですよね。

台湾に生息しているので、沖縄辺りには渡来する事もあるようですが
今回は兵庫県での撮影ですので、カゴ抜けか迷鳥か、どうしたんでしょうね。


2011070520110703c

飛翔の姿はこんな感じ。

ブッポウソウの飛翔姿も羽に白い班が目立ちますが、ハッカチョウは
更に漆黒のボディに白いアクセントが映えます。




(01:00)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字