2011年07月21日

110721110322
SONY α55 Tokina AT-X304

ボクには春のイメージがあるメジロですが、実は普通に一年中居るんですね。
この写真は春に撮影したものですが(^_^;

春先になると、実家の庭の枝にミカン等をさして置くと、メジロが
食べに来る事から、勝手に春の渡り鳥と勘違いしていました。

このメジロ、さえずりもキレイなので昔から愛好家が多く
鑑賞用に捕獲飼育されてきました。
近年では許可があれば、1世帯に1羽のみ飼育が可能な唯一の野鳥でしたが
それも来年の4月からは禁止されるそうです。
ソースは少し前の記事ですが、YomiuriOnline 

ボクが飼っているのはショップで購入したインコですが
同じ鳥であり動物なんですよね。
全く出自は違いますが、動物達にはとっては同じはず。
なかなか難しい問題ですよね。



(01:00)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 樹里   2011年07月23日 00:27
メジロって一家に一羽しか飼えなかったの?!

通勤途中に何カゴも飼ってるお宅あったと思ったけど…あれはメジロに似た鳥かなぁ?
2. Posted by くに   2011年07月23日 11:57
違う鳥かもしれないし、メジロでも正規に流通してる固体かもしれないし
法令?何それ?おいしいの?な人かもしれないしw
3. Posted by ひわちゃん   2011年08月17日 10:50
こんにちは
さすが、綺麗な写真だねぇプロやな

以前 メジロの赤ちゃんが 我が家の庭に落ちてた事があって 死んでるのかと思ったら 生きてました
育てようと思ったら 次ぎの日 庭に出した時 バタバタと飛びだして 隣の庭に逃げちゃった

それから 探せなくて
どぅなったんだろう

4. Posted by くに   2011年08月19日 12:09
>>ひわちゃん

ようこそ!

いやいやいやいやw
お褒め頂きありがとう!でも、お尻がこそばゆくなりますw

スズメやメジロなど、野鳥の雛が巣立ってすぐの頃は
やっぱり上手く飛べなくて、庭や道路なんかにうずくまってる事も
よくありますよね。

でも、そんな時でも親鳥は傍で見てて、人が居なくなったら
雛の所に来て、ちゃんと誘導するそうです。

そんな子を見たらついつい保護してあげそうになっちゃいますが
そこは自然に任せて、遠目に見守ってあげて下さいね。

そういうボクも昔、そんな事とは知らず、スズメの雛を保護
(親スズメからすれば拉致)して、やっぱり成長させきれず
死なせてしまいました(;´Д`)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字