2011年12月12日

またまた放置状態から、さらっと再開します。

しかし、これだけ期間があいてしまっては、今更
ドラマ「北の国から '92 巣立ち」の寒いパロディも無しだな…とw


なので、普通に完結させてしまう事に。


111212110809-1
SONY α55 Tokina AT-X304

この撮影時は8月9日で、巣立ちのピーク時期は過ぎていて
観察していた他の巣は既に巣立ち後のようで、親鳥も含めて
ブッポウソウ自体の姿を見る事が出来なくなっていました。
巣立つと、もう巣には戻って来ないようです。


しかしこの巣箱では、雛の姿は確認できないけれど、親鳥が巣箱に
甲斐甲斐しく虫を運んでいるのは何度か撮影もしています。
が、あまりにも巣立ち時期から遅れているのに、雛が顔を出さないので
もしや雛は巣箱の中で死んでしまっているのか?
とか、雛の身体に障害があり自由に動けないのか?
など、色々と余計な心配(妄想)をしたものでした(^_^;

この場所に到着して、黄色いくちばしの顔が巣箱から
覗いているのを見た時には、それはそれは嬉しさと安堵がw
顔を出さなかった頃には、雛の声すら聞こえなかったのに
お腹がすけば、大きな、しかし、かわいくは無い声でおねだりしていましたw

せっせと親鳥が虫を捕まえては、雛が待つ巣箱に運んできます。


111212110809-2
SONY α55 Tokina AT-X304

雛が、勢い余って親鳥の頭まで食べてしまいそうですw
親鳥はちゃんと瞬膜を閉じて目を守ってますね。

この2日後に来た時には、既に無事巣立った後のようで、
この親子の姿は見えなくなっていました。
このままもう少しの間、この周辺の山で体力を付けて、
カンボジアやボルネオなど東南アジアで越冬するために
何千キロもの海を渡る、長く過酷な旅に出るようです。

また来年、若葉の頃に無事に帰って来られるのは
ほんの一握りだそうですが、頑張って帰ってきて欲しいですね。



(00:00)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 樹里   2011年12月12日 22:30
ホッホー再再開ですね

カンボジアまで!鉄の塊に乗ってるだけの7時間でもクタクタなのに…

果たして、何日間くらいかけて飛んで行くのでしょう?

同じ巣箱に同じ子が帰って来る事もあるのでしょうか?
2. Posted by kuni   2011年12月13日 03:56
最近の調査で、ブッポウソウにも帰巣本能が
あるのではないか、とわかってきたそうです。
巣立った巣に戻り、そこで繁殖する個体も
一握りながら居るのでしょうね。

体の小さな渡り鳥にとっては、本当に過酷な
生存のふるいに掛けられるのでしょうね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字