2012年01月14日

120114110208
SONY α55 SAL70300G

今シーズンはまだ見かけないルリビタキ。
写真は昨シーズンのオスです。

このように、キレイな瑠璃色に成長した姿を
今年も早く見せて欲しいですね。
メスはメスで控えめな可愛さもありますけどねw

以前のルリビタキのエントリでも紹介しましたが、
若いオスは少し地味なメスの毛色とよく似ています。


SAL70300GがGレンズとはいえ、通常、鳥を撮る距離では
やはりズームレンズの解像感の面で辛い事が多いので
TokinaのAT-X304 300mmF4単焦点レンズばかりを
使うようになりましたが、近距離で撮れるなら70300Gの
色のりやボケの魅力を改めて感じます。



(00:00)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ringo   2012年01月18日 00:36
Gレンズ、柔らかくしっとり感がいいですね!
ルリ君もはやく見たいです!
近所ではまだジョウビタキがやって来ません。早くおいで( ´ ▽ ` )ノ
2. Posted by くに   2012年01月18日 23:36
70300Gは、近距離でバチっとハマればいい味が出るけど
遠距離で動き物で解像感が欲しい鳥撮りには向かないレンズかも(^_^;
まぁ本当はボクの腕の問題なんでしょうけどねw

コメントする

名前
URL
 
  絵文字