2012年01月22日

120122100725-1
Canon PowerShot G11

ミッドナイトブルーという色は、こんな感じでしょうか。
いや、本当はもっと深い濃紺なのかな?
この写真の撮影は20時頃なので真夜中って訳でもないし(^_^;

ほぼ満月の夜の海ですが、SSを長く開けて撮影すれば
月は飛んでしまいますが、肉眼で見るのとはまた違った
海空の景色を写し取る事が出来ます。
例えばこの写真の場合は15秒間。


120122100725-2
Canon EOS Kiss X3 EF-S 55-250mm F4-5.6IS

この日の月を撮った写真がコレ。
この時はEOS Kiss X3とKitレンズを借りて撮影。
等倍の切り出しです。立体感が無いけどKitレンズだし
こんなもんでしょうかね(^_^;
ちなみにこちらの写真のSSは1/400秒。

月の模様と、夜の海空の両方をハッキリと写し取る事は
残念ながら通常の方法では無理ですね。
ハーフNDフィルターを使えば出来るかな?
でもそうすると空の色が真っ黒になるか。。
合成なら手っ取り早いけどw

ところで、1枚目の写真ですが、水平線を見ると右下がりに
傾いているように見えませんか?
しかし、グリッドを表示させて確認すると、ちゃんと水平線は
水平になってるんですよね。
目の錯覚なんでしょうね(^_^;

(00:00)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ringo   2012年01月23日 23:45
確かに右下がりに見える!
どうみても右下がりだ!!w
こういう写真で見た目に撮るのは無理ですよね^^;
いかに人間の視覚が優秀かつ脳内補正で美しく、見やすく、でも右下がりに見えるヌケ作かがわかるエントリーでおもしろいです。
2. Posted by くに   2012年01月24日 01:06
明暗差をものともしない人間の目は間違いなく高性能でしょうね!
目の錯覚って、よく考えると「目の」とは言ってますけど
真犯人は脳の判断だから、目は怒ってるかもw

コメントする

名前
URL
 
  絵文字