2012年01月22日

120122100725-1
Canon PowerShot G11

ミッドナイトブルーという色は、こんな感じでしょうか。
いや、本当はもっと深い濃紺なのかな?
この写真の撮影は20時頃なので真夜中って訳でもないし(^_^;

ほぼ満月の夜の海ですが、SSを長く開けて撮影すれば
月は飛んでしまいますが、肉眼で見るのとはまた違った
海空の景色を写し取る事が出来ます。
例えばこの写真の場合は15秒間。


120122100725-2
Canon EOS Kiss X3 EF-S 55-250mm F4-5.6IS

この日の月を撮った写真がコレ。
この時はEOS Kiss X3とKitレンズを借りて撮影。
等倍の切り出しです。立体感が無いけどKitレンズだし
こんなもんでしょうかね(^_^;
ちなみにこちらの写真のSSは1/400秒。

月の模様と、夜の海空の両方をハッキリと写し取る事は
残念ながら通常の方法では無理ですね。
ハーフNDフィルターを使えば出来るかな?
でもそうすると空の色が真っ黒になるか。。
合成なら手っ取り早いけどw

ところで、1枚目の写真ですが、水平線を見ると右下がりに
傾いているように見えませんか?
しかし、グリッドを表示させて確認すると、ちゃんと水平線は
水平になってるんですよね。
目の錯覚なんでしょうね(^_^;

(00:00)

2012年01月01日

120101120101-1
SONY α55 SAL70300G

新年 明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年も、「謹賀 卯年!」と同じ場所の初日の出の写真です。
残念ながら、この場所で定点観測的な撮影を始めて以来
初の曇り空で、初日の出写真としては不発。

しょうがないので、夜明け前の雰囲気にしてみた。つもり(^_^;



120101101122
Canon PowerShot G11

さて、今年は辰年なので、龍っぽい魚の紹介です。

写真は、イシヨウジウオという、その名前の通り爪楊枝のような
細長い身体をした魚で、分類的にはタツノオトシゴと近い種です。
というか、タツノオトシゴがヨウジウオ科なんですけどね。

繁殖形態もやっぱりタツノオトシゴと同じく、雄が出産します。
雌が雄のお腹にある育児嚢に産卵、孵化し、稚魚として生まれ出ます。

写真では大きさがわかりにくいですが、爪楊枝というより竹串でしょうか。
太さは菜箸より少し細い感じ。

ピンクにドットの入った吻がかわいいですねw

(00:00)

2011年07月09日

110709110709
SONY α55 SAL1855+C-PL

梅雨の明けた岡山上空、お昼過ぎに珍しい雲が出ていました。

環水平アークと言うそうです。

wikiで調べてみると、
  環水平アーク(かんすいへいアーク、circumhorizon arc, circumhorizontal arc)とは、
  大気中の氷粒に、太陽光が屈折し、ほぼ水平な虹が見える光学現象である。
  虹などと同じ大気光象の一種で、水平弧、水平環 とも呼ばれる。
  日本国内では年に数十回観測される。
  上空の氷の結晶の方向がほぼそろったときに、この結晶で屈折した太陽光により見える現象で、
  一般の虹が太陽とは反対の方向に見えるのに対し、環水平アークは太陽と同じ方向に、
  ほぼ水平に現れる。ただし、低空に雲があると見えない。

との事。


110709110709b
SONY α55 SAL70300G+C-PL

もう少しアップで。
上の写真もそうですが、虹色をよりハッキリ写したくてアンダーめで撮影しています。
少し暗すぎたかな(^_^;


ちょうど昨日一昨日、七夕がいつも雨なので
こんな歌が頭の中でヘヴィローテーションしていたのでした。

にじ 

庭のシャベルが 1日濡れて
雨が上がって くしゃみをひとつ

雲が流れて 光がさして
見上げてみれば

ららら

虹が 虹が
空にかかって

君の 君の
気分も晴れて

きっと明日はいい天気
きっと明日はいい天気♪




(01:00)

2011年01月03日

110103110102jpg
SONY α55 SAL1855

自宅は大阪の辺境の地にあり、星がよく見える地域だという事なのですが
やはり、岡山の方が光害は少ないように感じます。
と言っても、岡山市街なら光害出まくりでしょうが(^_^;

この場所では、右下の草の穂に光が当たっているのように、公園の街灯があり
その街灯が直接画角に入らないように位置取りをしています。
さらに左後方にも街灯。全く光害無しの場所に行くには山に入らないと無理かな?

プレアデス星団(すばる)とオリオン座を一緒に入れ、その間を航空機が通過する
タイミングで撮影しました。本当は画面の端まで光跡が突っ切って欲しかったんです。
しかし、18mm(換算27mm)で15秒の露光でも星は少し流れてしまってますねぇ。
しかも15秒じゃ航空機の光跡が良い位置まで行かないし、続けて撮るにも
ノイズリダクション待ちで合計30秒もかかるし(;´Д`)
なかなか難しいもんです。

これで、運よく流星でも入ってくれたらいいんですけどね。
こればっかりは余程のラッキーを待つしかないですw
航空機は時間によってはかなり頻繁に飛び交いますし
音で接近がわかりますから、写真に入れることはそう難しくはありません。

星野写真も憧れますが、明るいレンズや赤道儀等、またまた底なし沼が
待ち構えているので、手持ちの機材で撮れる範囲で楽しめたら、と思います。

あ、でも天体写真に用途限定する訳ではないのですが、超広角レンズは
いずれ欲しいなぁとは思います。あ、マクロレンズも… あ、… これが沼かw





(01:00)

2011年01月01日

110101110101
SONY α55 SAL70300G

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

裏山からの定点観測的、初日の出です。
実家に定期的に帰省出来るようになってからは
毎年、裏山に登ってこの初日の出を見ています。

前年までは携帯で撮っていたんですが、今の機種になってから
CMOSのせいか、太陽が黒点になってしまって何とも興醒めですw
今年は、My一眼での撮影です。


110101101123


卯年で、奄美好きとくれば アマミノクロウサギ しかないでしょう!

満を持して掲載!!
って事なんですが、残念ながらこんな写真しかありません(^_^;
去年秋の水害被害の影響なのか、目視数も全日程合計でも2,3匹で、
通常の1/10以下しか確認できませんでした。

言い訳でしかないのですが、そんな中かろうじて撮影できたのが
この写真です。次回はもう少しバッチリ撮影したいもんです。

ISO12800の為かなりノイジーですが、ウサギはすぐに逃げてしまうため
どうしてもSSを稼がないといけません。この時は70mmF4.5で1/60秒でした。
しかし、ムービーから1コマ切り取った静止画よりも低クォリティーですね(^_^;



と、年が変わってもこんな調子ですが、
今年も何卒よろしくお願いします!





(01:00)