京都

2015年12月27日

15122715101638
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


伏見稲荷大社の楼門より内側にあるのに
境内では無いのかな?
摂社や末社では無く独立した神社である
東丸神社。
「あずままろ」神社と読むそうです。 

右に「としまいりの石」という
心願成就にご利益のある石があり
祈願者の歳の数だけ参拝する時に
利用するそうです。




15122715101639
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


千羽鶴が多数奉納されています。

祈願者は一羽一羽気持ちを込めて折るから
自己満足度は高いのでしょうか。

しかし神社としては、専用折り紙を販売し
それで折った鶴に限っているのでなければ
絵馬を買ってくれたほうがいいのかな?
なんて下世話な詮索をしてはイケマセン。




15122715101640
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


この東丸神社に奉納された絵馬は
キッチリと整理されておりとてもキレイ。

これだけ整列していると
正面から対峙するべき?と思い
この構図。

昼間だと退屈な構図かもしれないけど
照明と夕暮れのおかげで、いい具合に
光のグラデーションが出てくれました。




15122715101633
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


楼門を出ると、微かに赤く残った空に三日月が出て
飛行機が小焼けの様な短い跡を引いているのを
キツネが眺めている様です。




15122715101641
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


出店も既に店仕舞の作業中。
通りも昼間の喧騒とはうってかわって
静まり返っていました。 

 

(00:00)

2015年12月22日

15122115101629
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


いい時間になったので下山して来ると
本殿近くのキツネが夕日を浴びていい色に。



15122115101630a
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


一日の参拝者を迎え終わり
白い作務衣の方が外拝殿を掃除中。





15122115101631
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


外拝殿の釣り灯籠にも明かりが灯りました。





15122115101632
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8



外拝殿越しに本殿を。
本殿内部は撮影禁止なので離れた場所から。


昼間のシャキっとした朱色もいいですが
夕暮れのしっとりとした色合いも
趣があって情緒的ではないでしょうか。




15122115101635
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


一度は楼門を出たものの
ライトアップを撮らない手はないなと
引き返して、暗い中あえてF8固定の
暗いボディキャップレンズで。



15122115101636
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


この時間からでも、帰るだけではなく
新たな参拝者が入ってきます。

ライトアップされた境内の美しさを
知っているんでしょうね。

でも、稲荷山まではさすがに登らないのかな?




15122115101637
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


本殿。

やっぱり離れた場所から。
 

(00:00)

2015年12月08日

15120815101623
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


どんどん登っていくと、休憩処があり
お茶や菓子を食べながら一休み出来る。




15120815101621
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


なかなか趣のあるお座敷ですね。
 



15120815101622
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


近くに植えられていた、紫のグラデーションが
特徴的な面白い実のなった樹木。 
何の木でしょうかね?

→読者の方よりコメントを頂きました。
ありがとうございました。
この樹は「紫式部」のようですね。
その中でも葉の先端の方のみに
ギザギザがある「コムラサキ」の方かも。




15120815101624
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


境内入口、楼門の手前には大きな手水舎が
ありますが、登っていくと、所々に小さな
手水舎があります。 


苔むした龍がいい雰囲気出てますね。 





15120815101611
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


これはもう少し下の方だったと思いますが
小さな鳥居が大量に奉納された塚も。
ご神体は岩のような感じ。


ここは日当たりも良く、上の樹の陰になった
大きな鳥居と、日向の小さな鳥居の明暗差が
激しいので、HDRを試してみました。

α55のHDRもそうでしたが、やっぱり
画質に少し違和感が残りますねぇ。
この写真では、両側の石垣の質感が
絵のような感じというか何というか





15120815101610
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


こんなキツネの絵馬もあり、
各々キツネの顔にアレンジして奉納。
もはや祈り事ではなく、ネタ合戦の様相w




15120815101626
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


もちろん、神社やお寺につきものの
ネコもたくさん居ます。

外国人観光客からの人気も高いです。



伏見稲荷シリーズ、もう少しだけ続きます。

 

(00:00)

2015年12月02日

15120215101617
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

 
千本鳥居を超えてもう少し登って行くと
新池が現れ、そこに突き出るように熊鷹社がある。

内部はもの凄く暗い。

GX7は暗所でのAFが評価されてる。
こんなロウソクが頼りな環境でも
AFが効いてくれるので助かった。

これなら、奄美の夜の山の中でも
α55ではAFが役に立たなかった
アマミノクロウサギをAFで撮れる!
…かもしれない。

あ、100㎜じゃぁ全然望遠が足りないな




15120215101618
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8

燭台はビッシリと並んでいるのだが
ロウソクは少しだけ灯されていた。




15120215101619
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


ロウソクの炎の色を受けて、凄味と不気味
妖艶ささえ感じます。

これもホント、EVFでも見えにくい程暗いのに
AFが効くのには感心されられた事を覚えています。




15120215101620
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


こちらもなかなか凄味があります。

贅沢を言うなら、オリンパスの75mmF1.8が
欲しいですねぇ。
GX7のボディ内手ブレ補正で使いこなせるのかな?




15120215101616
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


熊鷹社の周辺にはゴチャゴチャっとした
塚が無数にある。

この狐には、何故か50円玉が頭の上に
供えられていた。





15120215101627
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


この狐は珍しくぴったりと並んでます。




15120215101628
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


この2枚は、エフェクトのパートカラーで
赤以外はモノクロになるように撮影。 

(00:00)

2015年11月25日

1511251510167
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


伏見稲荷と言えば、朱色の鳥居が延々と連なり
異次元へのトンネルのような幻想的な千本鳥居が
思い浮かぶと思います。

この千本鳥居、実際には八百基ほどだそうです。

が、千本鳥居は境内の中ではほんの入口で
稲荷山の山頂まではまだまだ鳥居が続いていて
全部で1万基ほどはあるようです。 


とにかく人がいっぱいなので、このように
無人の状態を撮影するには、辛抱強く
タイミングを待たなければいけません。



 15112515101625
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


とは言え、無人よりも人が入ったほうが
いい感じでもあります。

この写真のように、人ごみではなく
カップルだけを入れるて撮るのも
それはそれで、辛抱強く粘らないと
いいタイミングは訪れませんが(^_^;)

贅沢を言えば、着物姿の女性が入ると
もっと雰囲気ある写真になるでしょうね。 

ちなみに、この場所は千本鳥居より
もっと先です。



15112515101612
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


意識的に視点に変化をつけないと
この鳥居トンネルが余りにフォトジェニックな
空間である為、人の流れに少しでも隙が出来ると
ついつい、シャッターチャンスとばかりに
鳥居のトンネルばかりの同じような写真を
量産してしまいます 




15112515101613
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


トンネルの内部は、割とキレイに並んでいる
(ように見える)のに、外側は意外とガタガタだったり。




1511251510166
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


斜めから差し込む陰影が印象的だったり。




1511251510169
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


振り返ってみると、鳥居の裏面には奉納日や
奉納者が黒の文字でビッシリと書かれていて
朱のトンネルとはまた違ったイメージに見えたり。




15112515101615
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


やっぱり外人さんって絵になるよね。
って思ったり。


このカップルもずいぶんと撮影のタイミングを
待って待って待って待って待って待って、
彼女が退屈した甲斐があって、やっとの事で
人が途切れたタイミングで撮影していました。 

 


写真をちょっと拘りながら撮っていると、
外国人観光客が寄ってきて、どのポイントを
撮っているのか参考にしたり、シャッターを
頼まれたりもします。

鳥居に張った蜘蛛と巣を撮影していると
自分も撮ろうと寄ってきた外人さんが
僕の被写体が蜘蛛だと気づいた時の
「オーマイガー」がちょっと申し訳なくも
笑えましたw 

(00:00)

2015年11月15日

15111515101634
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


日本各地にある稲荷神社の総本宮である
京都の伏見稲荷大社。

五穀豊穣から商売繁盛、家内安全まで万能である
庶民の稲荷信仰の原点は稲荷山であり、
「稲が成る」が変化して、稲荷となったという
説もあるようです。


国内外の観光客でごった返すであろう
紅葉の時期の前に行って来ました。
それでも平日にもかかわらず凄い人。
外国人観光客の方が多いかも。




1511151510161
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


普通の神社では狛犬ですが、稲荷神社では狐が。
これは稲荷大神様の使いが狐だからだそうです。

山から狐が下りてきて、田畑を荒らすネズミを
捕ってくれるから、という説も。


この角度から見下ろす表情の力強さが
なかなかの迫力です。 





1511151510162
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


秀吉が建立した楼門越しに外拝殿。

額縁構図としては、本来なら奥の拝殿が
主題となるところなんですが
これは、楼門の暖簾?がヒラりと風に揺れる
瞬間を待って、動きの表現を狙った
脇役が主題な逆額縁な作例。



1511151510163
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


小さな鳥居の形をした絵馬(になるのかな?)も
たくさん奉納されています。




1511151510165
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


本殿内は撮影禁止になっているので、
せめてその付近の関係なさそうな一部分を




1511151510164
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


「お主の願いを言うてみるがよい」


神々しく後光を背負わせてみようと
F22まで目いっぱい絞って光芒を出し
ワザとゴーストがたくさん出る角度を探して
太陽をバックに撮影。

ゴーストやフレアは厄介ではありますが
使い方によっては良いアクセントにも
なりますね。



 

(00:00)

2014年07月01日

1407011406211
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

この写真、タイトル無しでいきなりだと
何の写真だかわからないですね(^_^;)

これは、出口間際のトンネル内を走る
トロッコ列車の車窓からの景色。

わかりにくい写真だけど
ちょっと気に入ってたりします。



1407011406212
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

こちらはわかりやすい。

保津川下りが有名です。
カヌーやラフティング等も盛んな様子。




1407011406213
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

車内はこんな感じ。

でも車両によって窓やシート等設備が違います。
払下げ車両などの寄せ集めなのかな?

始点終点間でも片道30分程度しかないので
こんな木のベンチシートでも無問題。



1407011406214
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


駅の土産物屋では、駅弁風の菓子が。

この地らしい土産かと問われれば、?ですが(^_^;)






(00:00)

2014年06月28日

1406281406211
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

「ひとりで行けるもん!」
元気な我が子を黙って見守る若いお父さん。

そんな微笑ましい親子の姿が
萌える緑に良いアクセントとなってくれました。



1406281406212
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

石灯篭の窓景。

この灯篭、側面の方が木の装飾枠があって
景色が良かったけど、そこから見える背景が
どうしようもなく、こちら側からに。

紅葉では無くはじめから紅いもみじが
良いさし色になってます。




1406281406213
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


枯れて伐採されたのでしょう。
しかし、朽ちた切り株の脇から新芽が。

クリエイティブコントロールのブリーチバイパスで。

フィルター系のモードって、あまり好きでは
無かったんだけど、乱用せず要所に使えば
効果的かも?と思ったり(^_^;)




1406281406214
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

いい感じに苔むした石鳥居。

鳥居にの上にはたくさんの小石が。
意外と難しくなかなかのっかりません。



1406281406215
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

これだけのもみじ並木。
紅葉の時期には、さぞかし見事な事でしょうね。





 

(00:00)

2014年06月26日

1406261406211
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

最上部の奥ノ院にある眷属二十八武衆。
名前の通り28体の護法善神がズラっと並ぶ。





1406261406213
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


こちらは奥ノ院裏にある奥ノ院眼力稲荷。

下にも眼力稲荷があって、何だかややこしい(^_^;)


建物内は、本堂から靴を履かずに回廊を
通って来られる事は以前に書いたが
この眼力稲荷などは写真のように屋外なので
ここはお参りするには裸足覚悟になるw



1406261406212
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


屋内の暗めな、紅葉とシジュウカラの衝立と
境内から外の眺めを1枚に写す。

明暗差がきつくて、写真では辛い場面だけど
なかなかよく収まっていると思う。

HDR等使わずに、これくらいのダイナミックレンジが
あれば、大丈夫なんじゃないでしょうか。




1406261406214
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


そして、同じ回廊を辿って、下の本堂へ戻る。

そう考えると、靴のまま外のルートで奥ノ院まで
登って、靴を持って回廊を通って降りてくる方が
より楽しめるかと思います。

モリアオガエルの泡巣もあるようだし、
ネイチャー系でも楽しめそう。


 

(00:00)

2014年06月24日

1406241406211
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

本堂から全ての建物内は回廊で繋がっていて
靴を脱いだまま最上部の奥ノ院まで移動できます。


 
1406241406212
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

窓景とでも言いましょうか。
中庭も手入れされていてキレイです。

それもそのはず。
浄土苑という江戸中期の作品で、京都府指定の名勝であり
府の文化財だそうです。



1406241406213
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

 回廊の途中には蹲も。

このレンズの後ボケは時にザワザワと
うるさい事があるようです。



1406241406214
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


回廊には階段もあり、どんどんと最上部の
奥ノ院を目指して昇って行きます。



1406241406215
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


水琴窟もありました。

水盤の足元のゴロ石の部分に水を注ぐと
地面から独特の音色が響きます。




1406241406216
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

 木製の回廊の途中には、鉄製の扉も。
いい具合に錆が育って趣があります。 

(00:00)

2014年06月23日

1406231406211
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


手水舎は、神社によって本当にさまざま。
だから、ついつい撮ってしまいます。

ここの水口は立派な龍の口ですね。
獅子脅しのように竹の水口も多いですが
中にはグレーの塩ビ管そのままな神社も。




1406231406212
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


ここ柳谷観音は、目の観音様だそうです。

写真のこの像の左目、ちょっと不自然だけど
何か関係あるのでしょうか。




1406231406213
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


写真ではわかりにくいですがとても大きな数珠。
首から下げて使うのでしょうね。




1406231406214
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


大きな太鼓が、天井からつられています。



1406231406215
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


太鼓のすぐ近くには鐘が。



お寺などの中は撮影出来ない所も多いですが
ここは、そのような禁止事項も表示が無いので
大丈夫な感じ。

「ここは土足のままで中に入ることができ、
観音様の目の前まで行って拝むことができます。
他のお寺にはないめずらしい形態になっています。」

との事なので、寛大なのでしょう。


こういう暗い屋内での撮影には
明るいレンズと、高感度耐性のよくなった
カメラボディが助かりますね。





(00:00)

2014年06月22日

1406221406211
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


梅雨真っ盛りと言えば紫陽花ですね。

この時期にふさわしいあやしい天気の日だったけど
ジメジメと蒸しただけで、暗くなるまで雨は降らず。

撮影に雨は辛いけど、やっぱり紫陽花には
雫が欲しいところ。


実はこの日のしょっぱなに、フォトスタイル設定を
「風景」で試したまま、戻すのを最後まで忘れていて
きっと彩度が通常よりクッキリ目だと思います(^_^;)




1406221406212
Panasonic GX7 SAL30M28


Aマウント→m4/3のマウントアダプターを使って
αの30㎜マクロを試してみました。

AFは使えないですが、MFでも静物なら大丈夫。
アダプターの絞り環でおおよその絞りを決めて
MやAモードなどで撮影します。


ピーキングも有り、任意の倍率に拡大すれば
さらにピントの山を追い込むのは容易です。




1406221406213
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


年季を感じる、朽ちた土塀と絡めてローキーで。

「風景」モードの彩度が吉と出た感じで
侘しい背景に紫陽花の青が引き立ちます。




1406221406214
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


日も暮れて食事も終わり、更にコーヒーを飲みに行った後。

深夜の道端に咲く、念願の湿った紫陽花を
雨の降る中、防滴性能がないのでチャチャっと
撮ってお開きとなりました。





 

(00:00)

2014年04月18日

1404181310201
SONY α55 SAL1855


本日、日テレ系で、昨年放映の劇場版コナン
「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」
という映画が放送されました。

海上自衛隊の完全協力で作製された
舞鶴海上自衛隊のイージス艦を舞台にした物語。


コナンの道具など通常のトンデモ設定は別として
妙にリアルな部分と、ありえない部分が混在していて
子供向けのアニメとは言え、それでも楽しめましたよ(・∀・)

CICを一般人が見学!?!?ってツッコミは置いておいて
訓練から不審潜水物接近の件のやり取りを
子供や、護衛艦や用語などの予備知識の無い
ママさん達がどれくらい理解できたんでしょうね。
というか、何を言ってるか聞き取る事すら
困難だったでしょうね

でも、自衛隊協力なので、視聴者層と乖離のある
そんなシーンでも、リアルかつ長時間の尺を割いてたり。
監督は微妙な気分だった事でしょうw




1404181310202
SONY α55 SAL1855



コナンで登場したのはDDG170「ほたか」という架空の艦ですが
実際の舞鶴には、イージス艦ではDDG175「みょうこう」と
DDG177「あたご」が所属しています。


写真は、昨年秋に見学に行った時の物ですが
残念ながら、177あたごは改修工事でドック入りしていました。

 

1404181310203
 SONY α55 SAL70300G


海に落ちた蘭の捜索にも活躍した艦載ヘリSH-60K。
他に、60KのベースとなったSH-60Jもあります。

 
一度は展示訓練の体験航海に参加してみたいものです。
潜水艦も見てみたいですね。


この映画、ちょうどレンタルして観たくて、レンタルショップの
会員になるかなぁと思案してるところでした。
ラッキー♪

 

(00:00)

2014年04月06日

1404061404021
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


桜のライトアップにあわせてでしょうか
たくさんの出店でお祭りのような賑々しさは
自然とテンションも上がります。

こういう構図は、バリアングルやチルトする
モニタの採用機種だと、撮影が捗ります。
腕を真上にあげて高い位置に構え
下に向けたモニタで確認しながら撮影。


1404061404022
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


リンゴ飴やイチゴ飴。
赤い色が視覚を刺激しますね。


1404061404027
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


カラフルなマスコット。
素材は着物や浴衣の端切れでしょうか。

外国人の観光客が物凄く多いので
そんな外国人には人気なのかも。


1404061404025
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


射的をする外国人の美男美女カップル。


1404061404026
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


外国人ってだけで、どうしてこうも『絵』になるんでしょうかw



1404061404023
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


カラフルでキレイな下駄や


1404061404024
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


着物や、帯も出店で売られていて
やはり、その店のお客は外国人がほとんど。
 

あまり人ごみが得意ではないので
花見やお祭りに出掛けることは稀なのですが
たまにはこういう賑やかなのもいいもんですね。 

(00:00)

2014年04月03日

1404031404021
 SONY α55 SAL1855


 薄暮の中、ライトアップされた祇園枝垂れ桜。

京都円山公園のこの桜を見たのは
もう20年ぶりでしょうか。

その頃のイメージより枝振りが寂しく少し残念な感じ;;
どうやらカラス被害で、枝が折れたりしたようです。

現在の祇園枝垂れ桜は二代目で樹齢は約80年ほど。
220年で枯死した初代の実生木だそうです。 



1404031404023
 SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


こんなふうな丸く塊った咲き方をした桜も。
出店などの白熱電球のやわらかな色を受けて
ぼんぼりのような趣。


1404031404022
 SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


人でいっぱい。
予約なしでは座れません

でも、ブルーシート敷かれてドンチャン騒ぎで
散らかし放題なんかより断然いいですね。 

(00:00)

2014年03月15日

1403151310201
SONY α55 SAL70300G


滑り台にセットされたカプセルのような乗り物
何だかわかるでしょうか。


  
1403151310202
 SONY α55 SAL1855


こんな大きなタンカーのような船舶の脱出用のボートなんです。
従来は、ワイヤーでつり上げ下げをする物が多いようですが
これは、フリーフォール型という自由落下するタイプ。



1403151310203
 SONY α55 SAL1855


このように、海面に滑り落ちる形にセットされていて
このボートに乗り込む時は、海の方に背中を向けて、
つまり進行方向とは逆向きに乗り込み、ベルトで固定。

何重ものロックを解除して離脱操作をすると
フリーフォールの名前の通り、海面上20m前後でしょうか
そんな高さから海に向かって一気に滑り落ち
トラブルのあった母船から位置エネルギーのみで
すみやかに離脱できるんですね。

ワイヤー式だと、電源を失うとウィンチが駆動できないし
手動にしても相当な時間と労力が必要な事を考えると
少し乱暴に思えるこの装置にも納得がいきますね。


1403151310204
SONY α55 SAL1855


こちらもかなり大きな輸送船ですね。



1403151310205
SONY α55 SAL1855


やっぱり、フリーフォール型のライフボートを装備していました。

こんなタンカーのような大型船舶は、その大きさに比べて
圧倒的に乗組員が少ないから、このようなライフボートが
向いているんでしょうね。


出来れば、このライフボートのフリーフォールを
味わう事が無い方がいいのでしょうけど、
例えこの船舶にトラブルが無くとも、定期点検や
操練で味わう事になるんでしょうか。


それにしても
着水時の衝撃ってどんなものなんでしょうねぇ。

 

(00:00)