α55

2015年11月02日

15110215092555
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


この、牙剥き出しの凄い形相をしたサルは
先日のエントリの最後で登場したサルです。

こぼれたアイスを舐めていると、
滝周辺の管理の方でしょうか
職員が来て追い払ったのですが、
あまり怖がるでも無く慣れた様子で
すぐ近くの樹上に陣取って落ち着いていました。

おもいっきり威嚇しているかのような
凄い形相のこの写真なんですが
実はあくびしている瞬間なだけだったりしますw




15110215092556
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


少しの間、その時に装着していたサンヨンで
撮影していましたが、どうもまだそこに居座って
くれそうだったのでx1.4のテレコンを追加。

420mmで近くのサルを狙います。

35mm判換算630mmを手持ちで撮影していると
何を優先するかおおいに迷いますね。
特に野鳥や動物のように羽根や体毛などの
解像が重要な場合、手ブレ被写体ブレは大敵です。

ブレ回避にSSは稼ぎたい。

けど、
このレンズの開放は甘いし少しは絞りたい。

ならISOを上げるか?
α55で鳥や動物を撮る場合、解像やディテール等
個人的な許容上限ISO感度は800としているが、
ブレてたらディテールもへったくれもないし。


結局、
だいたいアンダー目でそれぞれの設定値の
落とし所を探りながら、あとは連射で
数打ちゃ当たる作戦です。

ちなみにこの時は1/100 f7.1 ISO800で。




15110215092558
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


このサル、なかなか表現というか仕草が豊か。
本当はかわいい仕草なはずがブサイクですねぇw

そもそもオスなのかメスなのか。

この写真の右下、オスの生殖器っぽいけど
年季ははいってなさそうだし、まだ若いのか?

しかし、
若ザルだとしても、その割に歯はボロボロ。
観光地だけに、甘いものを貰ったり拾ったり
奪ったりして、そんなものばかり食べていたら
虫歯になっても仕方ないのかな?

おまけに皮膚炎もあるようで、
顔にはカサブタがアチコチに。

きっと花粉症ももってそう




15110215092557
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


あくびしてたと思ったら、眠かったようです。
ウトウトと居眠りし始めました。

こう見ると老ザル?
よくわかりませんね


野鳥の声はすれど、まだ葉が茂っていて
なかなかその姿は見えないし
滝を少し撮っただけで、物足りない感じでしたが
このサルの登場のおかげで、随分助かりました。







(23:24)

2015年10月31日

15103115092571
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980

9月の終わり頃の箕面大滝。

この写真に使ったオリンパスの
フィッシュアイボディキャップレンズは
絞りはf8固定ながら、超広角な9mmの
安価で気軽に入手できる面白いレンズです。

名前の通り、ボディキャップに
おまけにレンズが付いてるという
お遊びのレンズではありますが
なかなか楽しめるレンズです。

と言いながら、
この写真では水の流れを出したくて
SSを欲張ったら盛大に白飛びしていました

絞りはf8固定だからと、それならと思って
拡張ISOで低感度の125にしたら、
かえってダイナミックレンジに影響して
ハイライトが簡単に飛んでしまってました。。。



15103115092552
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

同じく箕面大滝。

こちらはサンヨンで一部分を。

300mmで1/10秒を手持ちは厳しいですね。
もう横着が染みついて三脚まで持ち歩けません


15103115092553
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


この箕面大滝、近くのトンネル工事の影響で
地下水脈を切断し、付近の川を枯渇させてしまう
失態で、滝が枯れてしまう事を回避するために
トンネルに湧き出した地下水の排出の為に
ポンプで川に戻しているそうだ。

そのポンプを永久的に運用する必要があり
その電気代が年間3千万かかり続けるとの事

何だかなぁ。。。



15103115092551
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


周辺の林道にはミンミンゼミが。

ミンミンゼミは、西日本などでは市街地や
平地には生息せず、このような標高の高い
涼しい森林に分布するようです。

マンガなんかでセミの声と言えば、
ギラギラの夏真っ盛りの場面には
ミンミンゼミの声が定番のような気がしますが
実際には暑さが苦手なんですね。



15103115092559
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


滝周辺には高い湿度のために全体を苔で覆われ
垂直な大地と化した木もあります。




15103115092554
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


滝をちょこちょこっと撮って
さて次の場所へ移動しようとした時
箕面と言えば、のサルが現れました。

テーブルに観光客の誰かがこぼした
アイスクリームを舐めに来たようです。 

もの凄く真剣に舐めていますねぇ。
甘くて高カロリーでご馳走なんでしょうね。 

(00:00)

2014年08月02日

1408021407201
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


ちょっと食事に入ったお店で
美味しそうな料理が出て来た時に
思わず写真を撮りたくなる時って
ありますよね。

携帯端末で撮る事も多いと思いますが
やっぱり、料理が運ばれて来た時の
「感激感」みたいな物とはかけ離れた
敢えて言うと、不味そうにしか撮れなかったり。 

そんな時に、一眼レフで拘って撮れば
もっと良い写真が撮れるかもしれませんが
例えその時に持って来ていたとしても
やっぱり大きなカメラを取り出すのは
気が引ける場面も多いと思います。




1408021407202
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


そんな時には、ミラーレスカメラはなかなか
便利でありますね。

コンデジよりは少し大きいけれど、一眼レフほど
目立たないと言うか何と言うか(^_^;)
もっとラフな感じで撮る事が出来るというか。

カメラ関連荷物も劇的に身軽ですしね。

携帯でも上手に美味しそうに撮れる人は
たくさんいらっしゃると思いますが、
ボクには携帯より簡単に雰囲気のある写真が
撮れるように思います。



1408021407203
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II
 

今では、コンデジ界もずいぶん様相が変わって
高級高性能コンデジが活況なようですね。

それらの高性能な明るいレンズを搭載した機種も
より手軽でいいかもしれません。

お値段は全然手軽じゃありませんが(^_^;)
興味を惹く機種は、エントリークラス一眼レフ
以上の価格帯になってきます。
簡単には手が出せません(;´Д`)




140802110917
SH-04A


ちなみに、これは所有ガラケーの最終機、
SH-04Aで撮影したもの。

2011年夏頃の物なので、僅か3年前ですが
こんな画質でした。

大好きな馬刺しと海ブドウだとわかります。
が、そうわかるだけで、写真はボクが見ても
全然美味しそうじゃないw
WBだけの問題じゃないですね(^_^;)



140802130920
L-04E


こちらは去年の夏、フルHD時代のスマホです。

上と同様、同じお店の馬刺しとお造り定食。

ガラケーよりは良いですけどね。
その時の感激感とか、美味しげな雰囲気は
まだ足りない感じ。
この日はこれを食べましたよ、的な。

ま、撮り方も悪いんでしょうけど(^_^;)



140802140426
SONY α55 SAL1855


これは、α55と標準キットレンズで。

SAL1855なので暗いレンズなのですが
まぁまぁ雰囲気がわかります。

本当は生シラスを食べに行ったんだけど
主役のシラスは少しだけw

そういえば、お店についてから
海鮮丼にしたんだったな、とか
w(゚o゚)w オオー!とか言って
運ばれて来た時にテンション上がった事が
写真からでも蘇りますw


とまぁ、完全に主観だけで言ってますが
まずは主観が大事w
後日の自分に伝わらなければ
誰にも伝わらないと言う事で(^_^;)



料理の写真を撮るのであれば、運ばれた時の
感激感みたいな物も、出来るだけ一緒に
写し込みたいですね♪





(00:00)

2014年07月29日

1407291407111
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


最近、新しく導入したGX7の作例が続いたけど
α55も並行して現役続行です。


以前紹介したハグロトンボ の時は
まだTokinaのサンヨンだったんですねぇ。
AT-X304は軽量コンパクトでフードが
収納式なところも良いレンズでした。


今回は、MINOLTAのサンヨン。
撮影条件も何もかも違いますが
これもなかなか良い写りだと思います。

上の写真は、♂。



1407291407112
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


こちらは♀。
体色が派手かどうかでわかります。
もちろん♂が派手。

この写真のように、羽を開き切った瞬間を
写すのは、簡単なようでなかなかタイミングを
取るのが大変です。

割とゆっくりと広げていって、ピークまで
広がった瞬間に全閉します。
どうせなら全開を撮りたいけど欲張ると
全閉が写ってる(^_^;)




1407291407113
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


その全閉状態の写真。

この個体は、何か獲物を食べているようです。
見た感じ、まるでエビのお造りのような質感。
もちろんエビでは無くて昆虫だと思う。

そう言えば、昆虫食ってエビと似てると
言いますよね。
ボクは、イナゴもハチの子も食べた事も
食べたくもないですが(^_^;)



1407291407114
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


上と同じ個体。

咥えたまま飛んで、違う木に移動。


こうして見ると、古くなってもまだまだ
α55もいい感じですねぇ。

GX7で撮ってる時は、これだけ写って
こんなにコンパクトならもうこれでいいんじゃね?
なんて思ったりもしますが、こっちはこっちで
やっぱりいいw

α55も十分に小型軽量機種ですしね。
やっぱり更新ではなく併用ですね。


 

(00:00)

2014年06月13日

1406131406111
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


 1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 
西梅田ナイトに行って来ました。
詳細は上のリンクから公式サイトで。

の続き。


昨日のエントリで、玉ボケと絞り値の話を書きました。
この写真はF2ですが、角はほとんど気になりません。
元々円形絞りのレンズではないけど、F2とF2.8で
ここまで違ってくるんですね。




1406131406112
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


このエリアは、有名なCandleJUNEさんの演出。

と言いつつ、ロウソクをデフォーカスにしたので
どんな作品なのかわからないですね(^_^;)




1406131406113
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


キャンドルグッズを販売しているブースも。



1406131406114
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


ゆらゆらとした炎の灯りは、独特な良さがありますね。




1406131406115
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


小雨が降ったりやんだりでしたが
湿った路面に照り返る光が
作品の雰囲気を引き立てます。




1406131406116
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


紙で出来た行燈調の囲いの窓に、様々な切り絵の装飾。




1406131406117
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


昨日の1枚目の写真の瓶もそうですが
これも、一般のお客が好きなメッセージを
書いて展示している物で、こちらは
瓶自体が色ガラスなので凄くカラフル。






 

(00:00)

2014年06月12日

1406121406111
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 
西梅田ナイトに行って来ました。

詳細は上のリンクから公式サイトで。


基本は、瓶の中にロウソクを灯して装飾する
様々な趣向を凝らした展示群です。



1406121406112
 SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


カラフルな色に装飾した瓶を使って
並べた瓶の全体像で何かをデザイン。

が、立った視線からでは何かわからない事も。
建物の上階からならわかったかも(^_^;)




1406121406113
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


こちらは竹を模した展示。
展示の雰囲気から、WBを変更してみる。

クールな感じがマッチした。感じ。




1406121406114
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


もう紫陽花も咲いていました。

このバックの光はロウソクでは無く
街路樹のイルミと絡めて。


この紫陽花と、1つ上の竹の写真では
アウトフォーカス部の玉ボケが、もはや
「玉」ボケでは無く「角」ボケになっていますw

このレンズでF2.8まで絞ると、このように
モロに絞りの形が出てしまいます。


EVFや背面モニタでフレーミング時には、
設定絞り値に関わらず、絞り開放状態なので
シャッターを切るまでは、キレイな玉ボケに
見えているんですよね(^_^;)

事前に実際に撮る設定絞り値のボケ味を
絞りプレビューボタンで確認すればいいんですが
ついつい忘れるんですよね。



1406121406115
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


ただ灯ったロウソクを浮かべた透明な空き瓶を
並べているだけなのに、梅雨の小雨にしっとりと
湿ったインターロッキングに映えていい感じ。



1406121406116
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


ロウソクと木材に、スチール製のキャラクタの
オブジェを組み合わせた展示。

凄くいい感じなんだけど、ロウソクと絡めて
撮影できる配置がほとんど無くて、なかなか
写真では良さが表現できない(^_^;)
 

(00:00)

2014年06月08日

1406081404121
SONY α55 SAL70300G


昔から人気のパンダ。

人気の動物にも時代によってブームがありますが
パンダの人気はしっかり定着していますよね。

その人気の訳の1つはこの豊かな表情なのだな
と、改めて今回の撮影でわかった気がします。





1406081404122
 SONY α55 SAL70300G


こちらはパンダ舎の室内。
笹を振り回しながらむしゃむしゃと。


 本来、パンダとはレッサーパンダの事を指していて
その後発見された、こちらの大きなパンダを
ジャイアントパンダ(大きなパンダ)、従来のパンダを
レッサーパンダ(小さなパンダ)と呼ばれるようになったそう。




1406081404123
 SONY α55 SAL70300G

 
貰った笹を独り占めしてご満悦。
満足げなこの顔であるw 



 種の系統としては、ジャイアントはクマの仲間、
レッサーはアライグマやイタチの仲間に近いので
同じパンダとは言っても、近い仲間と言う訳では
ないようですね。

 

(00:00)

2014年05月27日

140527140411
SONY α55 SAL70300G


 ベニ「オイ、坊主!キスした事あるのか?」

とでも言うかのような、猛烈なキスを見せつけて
ドヤ顔をキメているのはベニコンゴウインコ 。

受け入れている方も、嫌がっている訳ではなく
咥えている方が口を放して方向を変えても
ねだるように擦り寄っていくので
この2羽の間のコミュニケーションなのでしょうね。
 
この2羽が雄雌なのか、ペアなのかどうなのかも
わかりませんが、かなり親密なのでした。 

(00:00)

2014年05月25日

1405251405221
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


岡山県吉備中央、いつものエリアに行ってみたら
今年も渡って来ていたブッポウソウ


この時期は、パートナーを探して営巣の準備です。
この2羽は、まだペアとなれるか見極め中の様子。

付いたり離れたり、呼んでみたり。





1405251405222
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


時にはこんなに寄り添う事も。

求愛給餌やラブゲロの様子は観察できなかったので
もう一息なのかな?

この2羽がうまくペアリング出来るといいですね。





1405251405223
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


こちらのペアは、この巣箱を見極め中でしょうか。

時々中に入っては出を繰り返し
周辺の様子を伺って、モデルルームを物色中。


これから約3か月の間、この地域で子育てし
十分に体力をつけて、ボルネオなど東南アジアへの
長旅に飛び立ちます。


 

(00:00)

2014年05月15日

1405151405081
SONY α55 SAL1855


撮影時はバラ園開催の数日前だったけど
品種によってはもうたくさん開花していました。


この写真、補正で彩度を上げた訳ではありません。
どうしてこんな色になったのかというと
C-PLの効果最大はまぁいいとして、カメラの
クリエイティブスタイルをVividにしていたのが
原因かと思います。

左上のバラの下端辺と空の境界なんて
なんだか下手な合成写真かと思えるほど(^_^;)


PLフィルターとカメラの色彩設定の
組み合わせには注意が必要ですね。


1405151405083
SONY α55 SAL70300G


こちらも、設定やPLフィルターは同じ。

本来なら、前ボケでふわっとさせたい所が
クッキリハッキリさせてしまって、なんだか
うるさいですね(^_^;)



1405151405082
SONY α55 SAL1855


同設定。

PLフィルターの使いこなしって
なかなか難しいですね。


せっかくキレイに咲いたバラよ
スマンかった(^_^;)





(00:00)

2014年05月14日

1405141405081
SONY α55 SAL1855


白い月を見上げる太陽の塔。

大阪在住ながら、遠目には見る事はあっても
こんなに間近で見上げたのは初めてかも。


万博当時、太陽の塔の中に展示物があり
地下から内部を昇り、手の中を通って
大屋根の大回廊に繋がっていた事を
少し前のNHKの番組で観て、恥ずかしながら
この歳になって初めて知った。

現在もある程度の展示物やエスカレーターは
残っており、もしかしたら将来、また
一般展示される可能性が無くは無いそうだ。 

もちろん大回廊は無いので、手の通路は
現在は出口部分で埋められている。 






1405141405082
SONY α55 SAL1855


これも知らなかった事だが、太陽の塔の
正面の赤い模様や、背面の緑の模様と
黒い顔は、ペイントではなくタイルで
形成されている。

特に、黒い顔は信楽焼きのタイルであり
岡本太郎と信楽焼きには深い関係があるそうだ。






1405141405083
SONY α55 SAL1855


これは太陽の塔のお腹の部分の横顔。


正面から見ると、ずいぶんとヘンテコな顔だけど
真横からのシルエットは、ツンと上がった鼻と
少し開いた唇が、外人の女の子のような
少し儚げな表情にも見えたり。






1405141405084
SONY α55 SAL1855


そして、おなじみの正面から。


万博当時は、頂部の黄金の顔の眼は
灯台と同じ直進性のきついキセノンライトで
サーチライトの様に眼光ビームを発していましたが
数キロも届くその光の先には、伊丹空港を使う
航空機の空路があり、危険なので万博後は
消灯されていたそうです。

しかし近年、LEDライトに変更し眩しくない
眼光として復活したとの事。







1405141405085
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


ちなみに、現在の塔の黄金の顔は2代目。

初代の顔は、当時の鉄鋼館(パビリオン)が
近年、万博資料館として展示が始まり
その中に展示公開されています。






CAM00738
LGL22



公園内の売店で、初代の黄金の顔に
実際に使われていた銅版を再利用した
有難いお守りが売られています。

素材を丸くくり抜き、目と鼻をプリント。
経年劣化もそのままなので各々が一点物。

60mの頂部で、'70万博から'92年まで
大阪を、日本を、高度経済成長を見守ってきた
黄金の顔なのだから、とてつもないパワーを
秘めている事でしょう。


初めは、初代の黄金の顔は展示されているし
2代目は現在も太陽の塔の頂部にある。

じゃぁ、これは何だ??

と思ったのですが、展示されているのは
初代の顔の正面部分のみ。

黄金の顔は立体物なので、正面側に169枚
背面側には171枚の銅版が使われており
きっと背面側がこのお守りとして使われたのでしょうね。

限られた素材なので、このお守りは
もちろん有限であり限定です。

気になる人はお早めに♪






(00:00)

2014年05月13日

1405131405081
SONY α55 SAL100M28


咲き誇るハルジオンの蜜をすいに来た
アオスジアゲハ。

ISO変更してる間にチャンスを逃さないように
とっさにシャッタースピードを落として
ハイキーでふわっとした感じに。



1405131405082
SONY α55 SAL100M28


こちらはカモミール畑に少し混ざった
ポピーの蜜をすいに来たハチかアブ。


今の季節は、まだ蚊が出ていないので
助かりますが、森のように樹木が茂った場所では
機雷のようにアチコチに毛虫がぶら下がっていて
何かの罠のようでしたw
 

(00:00)

2014年05月12日

1405121405081
SONY α55 SAL100M28


風薫る新緑の若葉が
あなた様のようにお美しく輝き
日中は少し汗ばむほどの
季節となりましたが
五月晴れの空のように
皆様のお気持ちが
晴れやかでありますよう
お祈り申し上げます。


五月の挨拶をてんこ盛りにしてみましたが
皆さんいかがお過ごしでしょうか。




1405121405082
SONY α55 SAL100M28


そんな時候の挨拶に登場する
新緑、若葉などと表現されるのは
きっとこんな緑の様子でしょう。


あをによしと言いたいところですが
撮影場所が大阪なのでダメですね(^_^;)

 


(00:00)

2014年05月11日

1405111405081
SONY α55 SAL1855


こどもの日は過ぎたけど、まだ泳いでいた鯉のぼり。


目的地に向かう途中、橋を渡る傍目に
河川敷を泳ぐ大量の鯉のぼりを見つけて 
ついつい脇道にそれて撮影。


防水では無いα55なので、ボディの下に小指を伸ばして
水没センサーとして、水面ギリギリから狙います。

流れの具合で水面が上がり、小指が濡れたら
瞬時にカメラを水面から引き上げないといけません。

こういう構図はバリアングルやチルトモニタと
万一濡らしても泣かない勇気が必要w



1405111405082
SONY α55 SAL70300G


こちらは、橋の上からの風景。
こんなのが見えたら、寄り道してでも
撮りたくなりますよね! 


空にも、川面にも元気に泳ぐカラフルな鯉。

こんな大きな鯉のぼりを個人宅で揚げるのは
難しい住環境になってきていますよね。
そんな人達からの寄贈なのでしょうか。

捨てるより、多くの人に楽しんで貰えますし
ちょっとした町おこしになるといいですね。




 

(00:00)

2014年05月06日

1405061404111
SONY α55 SAL70300G


宝石のようにキラキラとうるんだ瞳。

以前にはカエルを紹介しましたが
今回は、 フラッシュの反射ではなく
自然光でのきらめきです。


このうるうるな瞳の持ち主、おわかりでしょうか?



1405061404112
SONY α55 SAL70300G


横から見るとこう。

餌をもらってるカバでした。


しかし、カバの眼がこんなにキレイなのは
今回はじめて気が付きました。
 

(00:00)

2014年05月02日

1405021404111
SONY α55 SAL70300G



「お前も母さんに似てきたな」

そんな父親のセリフが聞こえてきそうな
シマウマの2ショット。


実際に、この2頭が母娘なのかどうかすら
わからないのですが(^_^;)


縞模様は指紋のように個体で違うようですね。



1405021404112
 SONY α55 SAL70300G


横から見るとこんなほのぼのシーン。

仕草は似ていますよね。


やっぱりお前、母さんに似てきたぞw 

(00:00)

2014年04月29日

1404291404261
SONY α55 SAL1855


青空にカラフルなゴンドラの観覧車。
とてもポップに撮れそうなシチュエーション。

が、敢えて、どアンダーで逆光で撮ってみる。
暗く抑えたゴンドラとゴンドラの隙間から
ギラっと太陽が覗く瞬間を狙います。

ちょっとインパクトのある写真になりました。



1404291404262
 SONY α55 SAL70300G


展望良好な場所で、初めは広角でワイドに撮影。
しかし、天気は快晴なのにスモッグがかかって
どうにもスカっと視界が抜けず写真はモヤモヤ。

で、敢えて望遠レンズで盛りを迎えたツツジを
前ボケに使い、明石大橋を引き寄せて
前景の隙間に船が来るのを待って構図を作る。
 
が、ツツジとはわからず、何もかもが微妙(;´Д`)
これはイケマセン。



1404291404263
SONY α55 SAL70300G


藤棚にはもう藤の花が咲き始めています。
蜜を求めて集まる、蜂やアブを狙います。

背景には、本来なら主役で狙いそうな
風力発電の風車。

しかし、敢えて、ここでは虫と花を主題に
藤の季節感を狙います。


藤と蜂と快晴の空と白い風車。
露出が難易度高過ぎます(^_^;)



1404291404264
SONY α55 SAL70300G


珍しくもない鳥ですが
敢えて、スズメでも狙ってみます。

スズメには珍しく、ホバリングのような行動で
何やら地面を狙っています。

ミミズのような底棲の虫を捕食していた様子。


草の中に降りたり、突然飛び出したり
ホバったりとチョコマカ飛び交うので
まるでモグラ叩き。
AFで捉えるのも至難でした(^_^;)

 

(00:00)

2014年04月24日

1404241403201
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


街歩きのスナップ撮影には小さく軽いシステムが
気軽でいいですよね。

本当はミラーレスにパンケーキレンズの
組み合わせや、大きなセンサー搭載の
高性能なコンデジ等がいいんでしょうけど
あいにく持ってません(^_^;)


1404241403202
 SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


なので、いつもの組み合わせ。
α55+50mm単焦点は、一眼カメラの中では
コンパクトな方だと言い聞かせてw

APS-Cに50mmレンズだと、35mm換算で
75㎜なので中望遠域になり、一般的には
ポートレートにはいいけどスナップには
使いにくいという意見もありますが
個人的には、凄く使いやすい画角なんですよね。


1404241403203
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


風で揺れる組合員証の旗。

日本の商店会だとステッカーとかプレート
なんかだと思いますが、こんな旗だと
なかなか味がありますね。 


1404241403204
 SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


一見、何がどうなってる写真かわかりませんねw




1404241403205
 SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


 路地にあった金魚池。

カメラ泣かせ、モニタ泣かせの色合いですね(^_^;)



 

(00:00)

2014年04月22日

1404221403201
SONY α55 SAL100M28



風船のようなかわいいつぼみは
フクシアの仲間でしょうか。


以前に背景でも紹介したんですが
花の写真って、背景が難しいですよね。

この写真は、背景に同じ系統の色を淡く使いたくて
斜め下から煽って、かなり苦しい体勢で撮影しました(^_^;)



1404221403203
SONY α55 SAL100M28


こちらは、ほぼ真横から。
この日の初めの方に撮影したもので
背景の処理はかなりシンプル。


つぼみの様子はよくわかるんですが
華やかさがなんか物足りない感じ。



1404221403202
SONY α55 SAL70300G


つぼみが開花するとこんな花が。


この背景はイケマセン(;´Д`)

背景の色味が主役より濃い赤い花と
緑の葉と白い玉ボケがザワザワしていて
主題の花が引き立ちませんよね。

花は鳥や魚、動物のように逃げないんだから
もう少し考えて撮らないといけませんね(^_^;)


 

(00:00)

2014年04月20日

1404201404111
SONY α55 SAL70300G



いつもゴロゴロ寝ている印象のあるライオン。

基本的に夜行性であり、ハンティングの歩留まりも悪いので
省エネの観点からも20時間はゴロゴロ寝ているようです。


そんなライオンも、たまには動きを見せてくれます。



1404201404113
SONY α55 SAL70300G



本気で小競り合いが始まる前に、
スタッフが車で突っ込んで驚かせて
喧嘩を防いでいるようでした。


完全飼育下のライオンでも、本気で争いが勃発すると
制御出来ないでしょうしね。



1404201404112
SONY α55 SAL70300G


落ち着くとまた集まって、軽く挨拶を交わし
何事も無かったかのようにゴロゴロ寝始めます。







 

(00:00)