アドベンチャーワールド

2014年06月08日

1406081404121
SONY α55 SAL70300G


昔から人気のパンダ。

人気の動物にも時代によってブームがありますが
パンダの人気はしっかり定着していますよね。

その人気の訳の1つはこの豊かな表情なのだな
と、改めて今回の撮影でわかった気がします。





1406081404122
 SONY α55 SAL70300G


こちらはパンダ舎の室内。
笹を振り回しながらむしゃむしゃと。


 本来、パンダとはレッサーパンダの事を指していて
その後発見された、こちらの大きなパンダを
ジャイアントパンダ(大きなパンダ)、従来のパンダを
レッサーパンダ(小さなパンダ)と呼ばれるようになったそう。




1406081404123
 SONY α55 SAL70300G

 
貰った笹を独り占めしてご満悦。
満足げなこの顔であるw 



 種の系統としては、ジャイアントはクマの仲間、
レッサーはアライグマやイタチの仲間に近いので
同じパンダとは言っても、近い仲間と言う訳では
ないようですね。

 

(00:00)

2014年05月27日

140527140411
SONY α55 SAL70300G


 ベニ「オイ、坊主!キスした事あるのか?」

とでも言うかのような、猛烈なキスを見せつけて
ドヤ顔をキメているのはベニコンゴウインコ 。

受け入れている方も、嫌がっている訳ではなく
咥えている方が口を放して方向を変えても
ねだるように擦り寄っていくので
この2羽の間のコミュニケーションなのでしょうね。
 
この2羽が雄雌なのか、ペアなのかどうなのかも
わかりませんが、かなり親密なのでした。 

(00:00)

2014年05月06日

1405061404111
SONY α55 SAL70300G


宝石のようにキラキラとうるんだ瞳。

以前にはカエルを紹介しましたが
今回は、 フラッシュの反射ではなく
自然光でのきらめきです。


このうるうるな瞳の持ち主、おわかりでしょうか?



1405061404112
SONY α55 SAL70300G


横から見るとこう。

餌をもらってるカバでした。


しかし、カバの眼がこんなにキレイなのは
今回はじめて気が付きました。
 

(00:00)

2014年05月02日

1405021404111
SONY α55 SAL70300G



「お前も母さんに似てきたな」

そんな父親のセリフが聞こえてきそうな
シマウマの2ショット。


実際に、この2頭が母娘なのかどうかすら
わからないのですが(^_^;)


縞模様は指紋のように個体で違うようですね。



1405021404112
 SONY α55 SAL70300G


横から見るとこんなほのぼのシーン。

仕草は似ていますよね。


やっぱりお前、母さんに似てきたぞw 

(00:00)

2014年04月20日

1404201404111
SONY α55 SAL70300G



いつもゴロゴロ寝ている印象のあるライオン。

基本的に夜行性であり、ハンティングの歩留まりも悪いので
省エネの観点からも20時間はゴロゴロ寝ているようです。


そんなライオンも、たまには動きを見せてくれます。



1404201404113
SONY α55 SAL70300G



本気で小競り合いが始まる前に、
スタッフが車で突っ込んで驚かせて
喧嘩を防いでいるようでした。


完全飼育下のライオンでも、本気で争いが勃発すると
制御出来ないでしょうしね。



1404201404112
SONY α55 SAL70300G


落ち着くとまた集まって、軽く挨拶を交わし
何事も無かったかのようにゴロゴロ寝始めます。







 

(00:00)

2014年04月16日

1404161404111
SONY α55 SAL70300G


 Shine on you ♪
 Shine on me ♪

アドベンチャーワールドのイルカショー
と言えばこんな曲。
しばらく脳内でヘビーローテーションしてしまいますw


 

1404161404112
SONY α55 SAL70300G


席の位置取りがちょっとマズかったかな?
空いているので端の方に陣取ったら
プールを挟んだ対面のシートが背景に…。



カメラのAFはカラフルで高コントラストな
シートが
好みのようで、いつどこの水面から
飛び出すか
わからないイルカより
背景のシートについついピントを
持って行かれてしまいます(;´Д`) 




1404161404113
SONY α55 SAL70300G


望遠レンズをずっと覗いていると
ショーの全体や構成を全然楽しめないので
2回見る方がいいかもしれませんね


 


(00:00)