カニの仲間

2013年10月30日

131030130918
Canon PowerShot G11


このエントリのタイトル、何の事かわからない方も
いらっしゃるかと思います。

お察しの通り、このカニのような生物がオルトマンワラエビ
というエビの仲間で、カニではないんですねぇ。

以前は、ムギワラエビと呼ばれていたらしいのですが
ムギワラエビは他の種が居たそうで(^_^;


身体の部分は小指の爪の半分程度だったでしょうか。
小さい身体に長い脚がたくさん。

以前紹介した、ザトウムシの海中版みたいですねw




(00:00)

2012年12月20日

121220120524-1
Canon PowerShot G11


イボハタゴイソギンチャクの下に潜り込もうとしているのは
アカホシカニダマシ。

カニダマシ?
変な名前ですよねw
姿はカニそっくりなんですが、分類上はヤドカリの仲間なんです。
と言うことはタラバガニとも仲間になるんですかね。
タラバはカニの後に「ダマシ」とか「モドキ」は付かないんですねぇ。
ズルい。が、美味いから許すw

このアカホシカニダマシ、その名前の通り赤い斑点がキレイなんですが
この個体は、体表に薄っすらとコケをまとっていて、
イマイチ美しくないですね(^_^;


121220120524-2
Canon PowerShot G11

分類上、カニでは無い事がわかるのがこの写真。
8本脚のカニより一対少ない事がわかります。
更にこの個体は右のハサミが欠損してますね(^_^;

捕食行動をしていなかったので、写真には写せなかったんですが
餌を獲る方法がなかなか面白いんです。
顔の前に畳んでいる小さい腕のような部分にウチワの骨というか
ジュディーオングのヒラヒラというか、スター錦野のビロビロというか(^_^;
そんな網を持っていて、それで流れてきたプランクトンを
捕獲して食べるようです。



いつもお世話になっているringoさんも最近のエントリ
カニでは無いカニ似のエビを紹介されていました。

生存作戦上、他の生物に似せた者もいれば、
本人達は別にそのつもりは無いのに、人間が勝手に
似てるからって、「~ダマシ」「~モドキ」とネーミングされた
かわいそうな動物たちもいるんですよね(^_^;

このアカホシカニダマシは後者でしょうかね。


この写真、ちゃっかりイソギンチャクモエビも写りこんでますねw



(00:00)

2012年11月27日

121127121111
Canon PowerShot G11


名前からお察しの通り、身体の特徴であるギザギザトゲトゲが
ほとんどわからなくなるほどカイメンを身に纏ったノコギリガニ。
だと思います(いつも曖昧で申し訳ない(^_^;)

色々な物をくっつけてカムフラージュするカニは他にも居ますが
これは、くっつけると言うよりカイメンが甲羅で育っていると
言ってもいいように思えますね。

よく見るとカイメンのスポンジ状の多孔質な感じがわかり
半透明の出水孔のような煙突状の孔も多数あります。
死んだカイメンではなく、寄生して生活しているようですね。


このノコギリガニ、よく見るとエクステか?ってほどの
立派なまつ毛があるんですねw



(00:00)

2011年01月26日

110126080929b
Canon A630

石垣島のヒルギ群落のあるマングローブ干潟。
潮が引くと現れる広大な干潟に、パチンコ玉より
少し小さめの砂の球が無数に現れます。

以前、ミナミトビハゼのエントリで紹介した干潟です。

写真左下の辺りにコメツキガニが居ます。
なかなか見事な保護色ですねぇ。
後ろ向きですが、眼と眼の間から砂の球を持っているのが
見えています。わかるでしょうか?


110126080929a

横から見ると、こんな感じ。

このように、上の方に持ち上げてクルクルと球を作り
ハサミで切り取るようにポイと廃棄します。

この砂の球、お察しの通り食事跡です。
砂の中の珪藻類や微生物、有機物を濾し摂って食べた後の砂を
このように球状にまとめて廃棄しているのです。

言ってみれば干潟自体の濾過装置の一部とも考えられますね。
コメツキガニの無数の巣穴は、砂の中への空気の補給にも役立ち
砂の撹拌も促されます。

また潮が満ちてくると砂球は崩れ、砂には微生物や有機物が補給されます。
育ったコメツキガニは、鳥等の上位生物に捕食され、系は連鎖していきます。



何かを察知して巣穴にスッと戻るのですが、ジっとしていると
またすぐに出てきて団子作りをはじめます。
この砂団子を次々と作っていく様子は、見ていて飽きませんね。

しかし、しゃがみこんでボ~っと砂面を眺めていると
はたから見たら、さぞかし不審者なんでしょうねw




(01:00)