カメの仲間

2013年09月28日

130928130918
Canon PowerShot G11


白い砂地の海底にかろうじて生えている海藻を
ダイナミックに砂ごと食べているのは、アオウミガメ。

今まで、なかなかウミガメを撮るチャンスに恵まれず
やっと今回はタンクを背負ったダイビング中に会えました。

それでも、近寄りきれずに色がぁゃしぃんですが(^_^;

素潜りだと、縦の動きと、動き自体が大きく早いからか
警戒させてしまい、近寄ると一目散に逃げられるんですよね。


しかし、ほとんど海藻が無いですが、どこか鱈腹食べられるほど
海藻が豊かなポイントがあるのか心配になりますね(^_^;


(00:00)

2013年06月24日

130624080928-1
Canon PowerShot A630


先日のスッポンのエントリで「陸ガメの方がかわいいなぁ」みたいな
発言をしましたが、日本では野生のリクガメを見る事が出来ない。
が、リクガメに近いのがこのヤエヤマセマルハコガメでしょう。
石垣島と西表島にのみ生息し、もちろん国の天然記念物です。

セマルハコガメはイシガメ科でありリクガメ上科である。

何だそれ?

イシガメ科はヌマガメ科に属していたが、ヌマガメ科よりもリクガメ科に
近縁として独立科とする説が有力。
だそうだ。

何だそれ??

分類は置いておいて、このドーム状にもっこりとした甲羅のフォルム。
やっぱりスッポンよりも可愛らしいですよね(^ω^)

上の写真は、石垣島の道路を横断中のセマルハコガメを発見し
思わず車を停めてパシャリ! 

130624080928-2
Canon PowerShot A630


通行量は少ないけど、やっぱりこんな所を歩いていては危険です。

いくら、その名前の通り、危険が迫ると頭と手足を甲羅に引っ込めて
更に、腹甲にある蝶番により、ハコの様に甲羅をほぼ完全に
閉じることが可能でも、車が相手ではとても防御しきれませんよね(^_^;

上の写真から、頭と前脚の下の甲羅がピッタリと上の甲羅に合って
二枚貝のように閉じる仕組みになっているのがわかるでしょうか。


130624080928-3
Canon PowerShot A630


という事で、さっさと道路を横断して貰い、無事に道路脇の草むらに
移動したのを確認してから、ボクらも出発。

カメは思っているよりも意外と移動速度は速く、夕方の自然光では
被写体ブレの量産で、仕方なくストロボ使用しないと写せませんでした。
ちょっとビックリさせてしまっているように見えますね(^_^;

この頃はまだコンデジしか持ってませんでしたしね。
でも、コンデジでもこれくらい写る距離で観察できたのはラッキーでした。



(00:00)

2013年06月19日

130619130610-1
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


ヤマセミ狙いでよく行くポイントに、なんとスッポンが!

ヤマセミ待ちしていると、岩の上で甲羅干ししているのを発見。
一目でミシシッピやクサガメ、イシガメとは違うとわかりますね。

長い首、独特な甲羅、発達した水掻き。
好きな人には申し訳ないけど、陸ガメの可愛さとは随分違うなぁ(^_^;


130619130610-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


部分の名称はわかりませんが、尻より後ろの部分の甲羅が
岩に沿って曲がっていて、甲羅の柔らかさがよくわかります。

スッポンは、あまり上陸して甲羅干しをしないそうなんですが
運がよかったんでしょうかね。


130619130610-3

SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ

なんと1時間後、同じポイントで別の個体も甲羅干ししていました。
こちらは、尻より後ろの甲羅の柔らかい部分が発達していなく
おそらく幼体で、身体もまだまだかなり小さいです。


野生のスッポンはこの時初めて見ました。
お鍋では食べた事はあるんですが、また食べたいとはあまり思いませんね(^_^;
味云々より、やっぱりイメージが(;´Д`)

(00:00)