カワセミ

2012年11月29日

121129110110
SONY α55 MINOLTA Reflex500 F8

都市公園に暮らすカワセミのいいところは、人への警戒心が低く
結構近寄らせてくれる事でしょうか。
鳥撮りの都合だけでの話ですが(^_^;
つい最近もNHKの番組で取り上げられてましたね。


この写真の使用レンズであるReflex500F8というミラーレンズも、
サンヨンを導入してから出番が減ってしまった感じですが、
その理由としては、やはりF8という暗さ、良くも悪くもリングボケの
癖の強さでしょうかね。


良い面ももちろんあって、500mmなのに圧倒的に軽量かつ
コンパクトであり、しかもαではミラーレンズ唯一のAFが効くところ
また、理論的には色収差が出ないところでしょうか。
更にはα55以降のモデルではモーターが強化されたようで
そのAF速度の向上で再び脚光をあびたレンズのようです。

手持ちで500mm、フィルター径82mmの大口径のリングが
AF時には強力なモーターでギュンギュン回るので、
ブレとの戦いでもありますね。
このレンズには三脚座が無く、やはり手持ちがメインかと。
もちろん、カメラボディの三脚穴で使用する事は出来ますよ。

F8固定の暗さでも昼の順光など、潤沢な光に恵まれれば
なかなかどうして、かなり満足させてくれる写りだと思います。

時に邪魔になるリングボケも、写真のような場面では
全く出現せず、問題無く使えますね。
他の写真では出る時には盛大に出てキモいんですけどね(^_^;


全くの余談ですが、α55ボディのファインダーから内蔵ストロボ
(普通の一眼レフのペンタ部)を横から見ると、カワセミの
横顔に似ていると思いませんか?w

(00:00)

2011年12月20日

111220110811-1

111220110811-2
SONY α55 Tokina AT-X304


山のせせらぎを挟んだ対岸の草がガサゴソと動いたかと思うと、
野ウサギがヒョコヒョコと出て来て、草をモグモグと食べはじめた。

すると

カワセミ「ちょっと通りますよ」
ウサギ 「…もぐもぐ。うめぇ」

SSが1/320しか出ていないから、カワセミはブレブレですが
カワセミメインでは無いので、それはそれで味が出ていいかもw


昔は、ウサギを「羽」と数える事が多かったように思いますが
現在は通常は「匹」を使いますね。ペットでは「頭」と数える事も。

なぜ動物なのに「羽」を使ったかのか。
諸説有るようですが、昔、獣の肉を食べる事を禁じられていた時代に
耳の形状が鳥の羽に似ている事から、ウサギは獣ではなく鳥の仲間だと
無理矢理こじつけて、ウサギの肉を食べていたと言うのが有名ですね。
僧侶がそうやって獣の肉を食べていたからとも聞いた事があるような。

ウサギは、諺や昔話や逸話、童謡などでも頻繁に出て来たり
鷹などを使った兎狩りや、神話にも出て来てくるなど
かなりポピュラーな動物だと思うのですが、野生のウサギって
なかなか見かけないように思います。





(00:00)

2011年01月23日

110123110123
SONY α55 MINOLTA Reflex500 F8

カワセミなど獲物を丸呑みしてしまう肉食の鳥は、消化出来なかった
骨や甲羅、ウロコ等を塊にして後でまとめて吐き出します。
この塊を、ペリットと言います。

普通に使うペレットという言葉と発音の違いだけで意味は同じでしょうかね。

この動作、犬や猫を飼っている人には想像がつきやすいかと思います。
お腹に溜まった毛玉を吐き出すアレとよく似ています。

ペリット吐き戻しは2回見ただけですが、カワセミも吐く前は嘴を何度も開け
えづくような動作を繰り返すので、ペリット来ました!ってすぐにわかります。
えづきがピークに達すると、まるでピッコロ大魔王が卵を産む時のように
一気にオエッっと白い楕円球のような塊を吐き出します。

この写真は、またもや日が傾いた時間のうえ日陰なので、SSを稼ぐために
ISOを3200まで上げているので写りは良くないですねぇ。
ボヤキばっかりじゃなく、改心の1枚を紹介できるよう精進ですなぁw





(01:00)

2011年01月22日

110122110120
SONY α55 SAL70300G

英名でKingfisher 
キング オブ 漁師

すなわち、魚獲りの王様な訳ですね。

そのカワセミの漁法の連続写真です。

10コマ/秒の連写ですが、飛び込みと、飛び出しから着地までの
飛翔スピードの違いがわかって面白いですね。

この場所はギルの幼魚が群れていて、カワセミの絶好の漁場に
なっているようで、ダイブを撮影出来るのいいいのですが、
ご覧のように人工物に囲まれていて絵になりにくい環境なんですよね(^_^;

おまけに、初ダイブ撮影で色々な失敗もあり、まともに撮れた写真も無し…

て事で、α55の特徴でもある秒間10連写でダイブの一連の連続写真の
16枚分を使ってシークエンス写真に合成処理してみました。
ピントやSS速度にかなり課題が残る写真ですが、こうするとちょっとは
面白く見られる写真にごまかせたような、ごまかせてないようなw




(01:00)

2011年01月17日

110117110110-1
SONY α55 MINOLTA Reflex500 F8

やっぱりカワセミはかわいいですねぇ。

そろそろ動きのあるところを撮影したいのですが
なかなかホバリングやダイブの場面に出会えません。
やっぱり、じっと待つしかないんでしょうかね。

これもお気に入りのReflex500レンズでの撮影ですが
これだけ寄れる時は70-300Gに付け替えて撮れば
もっと解像も表現力も良かったのかも?(^_^;

これで十分とも言えるし、もっと質感が欲しいとも言える。
キリが無いですねw




(01:00)

2011年01月10日

110110110110
SONY α55 MINOLTA Reflex500 F8

カワセミのペアです。

こんな風にペアで一緒に居るところを撮影出来たのはもちろん、見たのも初めてです。
これが珍しい事なのか、よくある事なのかもわかりませんが、かなり嬉しかったりします。

右が雌、左が雄です。
見分け方は簡単で、嘴が上下とも黒いのが雄で、下の嘴が赤いのが雌です。
ポージングも、仕草も、伸びもシンクロしていて面白いペアでした。

この写真(この写真自体ピンが甘いのですが(;´Д`))では雄にピントを
合わせているので雌がボケてますが、何故か雌にピントを合わせようとしても
雌では全然合ってくれなかったんですよね。何でだ???




(01:00)

2010年12月13日

kawasemi_fish
SONY α55 SAL70300G

かなり久しぶりの更新ですが、何事も無かったかのように再開しますw
つい最近、初の一眼レフカメラを購入して、それまでの相棒Sanyo Xacti C6より
綺麗に撮れる事に喜んで、被写体を探してみたり。
(α55が一眼レフかどうかの議論は無用であるw)


写真ビギナーなボクにとっては、野鳥のアイドルと言えば、
まずカワセミが思い浮かびます。これってやっぱりミーハーかな?

おぼろげに、カワセミは綺麗な清流とか、山深い渓谷などの環境に生息している
と勝手にイメージしていたのですが、意外に近所の公園に居たりしてw

ホバリングやダイブシーンは撮れていませんが、魚を咥えて戻ってきた時には
シャッターを切れました。


kawasemi1


この時期の日没の速さは尋常ではなく、昼過ぎからの撮影開始では
始動が遅過ぎる事を痛感w 既に夕日を浴びています。


kawasemi2
 

この写真は同じ池のほとりの別の木で。
時間が更に進んでいる事と、とまった場所が陰なので、特徴のカワセミブルーが
くすんでしまいましたが、なかなかカワユイしぐさでお気に入りの写真です。


鳥を撮りだすと、長くて明るいレンズが欲しくなりますが、その先には
恐怖の沼が手招きして待ち受けているので要注意ですねw




(01:00)