ギンポの仲間

2012年06月10日

120610120525
Canon PowerShot G11

いつも色んな表情を見せてくれるイシガキカエルウオですが
やっぱり梅雨入りした空模様が気になるようですねw

イシガキ君「明日は晴れるかなぁ~」


とうとうと言うか、やっとと言うか、関西も梅雨入りしました。
ジメジメは嫌だけど、雨が降らないとそれはそれで
色んな方面で困るんでしょうけどね。


我が家の防湿庫がボロいので、まさかの故障や停電に備え
念の為に除湿剤と防カビ剤を庫内に入れています。
湿度は45%±5%なので乾燥し過ぎにはならないようですね。

ウチは古い戸建てなので湿気が多くてイヤになります(^_^;

この時期、カメラやレンズのカビには気を付けましょう。


(00:00)

2011年12月19日

111219091221
Canon PowerShot A630

1年ほど前に「ブサイクでゴメン!」のエントリでブサイクな
写真を紹介したままでした(^_^;
今回は、にっこりスマイルの可愛いイシガキ君の紹介です。

しかし、どうして魚が笑ってるように見えるのでしょうか?

口の辺りに口角が上がったような線の模様があるので
スマイルのように見えるんですね。


111219101120
Canon PowerShot G11

写真は、違う日、違う場所、もちろん違う個体ですが、
ピントが怪しいけど、丁度わかりやすい写真があったので。

この写真でわかるように、線の上に本当の口があるんですねぇ。

胸ビレを足のように使って、身体を支えてますね。
少しでも高い位置から周囲を見る為でしょうか。

いつも色んなポーズで被写体になってくれる、とても好きな魚です。

(00:00)

2011年01月19日

110119101121
Canon G11

バッタのようなこの魚は、ヒトスジギンポ。

イシガキカエルウオと少し似ていますが、バッタっぽい要因である
触角のような皮弁がイシガキ君よりも目立ちますね。

体の模様は上下で白黒のように別れ、名前の由来と思われる
縦(頭から尻尾方向)に筋が入ります。


110119101121b

全身が写ってなくてわかりにくいですが、こんな感じ。

イシガキ君もかわいいですが、このヒトスジギンポもかわいいですねぇ。
やっぱりボクのストック画像にはギンポ系が多いですw




(01:00)

2011年01月15日

1101115091221
Canon A630

タマネギのような形をした貝殻でしょうか?
岩に埋まった洞状のシェルターから真っ黒な顔を覗かせた
おそらくイシガキカエルウオ…だと思います。

ギンポ劇場」でも紹介したように、イシガキカエルウオは
体色を変化させ、特に警戒した時などは黒くなる事がよくあります。

この時も驚かせてしまったのでしょうね(^_^;
黒いだけでなく、とてもブサイクに撮ってしまいました。
イシガキ君、申し訳ないw

今度は、かわいいスマイルのイシガキ君を紹介しますね♪





(01:00)

2010年12月22日

101222100725
Canon G11

愛想よく笑顔で迎えてくれているように見えませんか?w

ヤエヤマギンポの超どアップですが、これノートリミングなんです。
ここまで大きく撮れたのはクローズアップレンズのNo.10の使用だからです。

No.10のクローズアップレンズを使うと、カメラレンズではなくクローズアップレンズからの
ワーキングディスタンスがテレ端でも5cm程度でしょうか。
この距離だと被写体が生き物だと逃げられやすいですし、ストロボの光もまわり難くなり
しかも被写界深度がかなり浅いので、ピントが結構シビアになります。

ですので、魚相手に使う機会はあまり無いのですが、このように穴から顔を出した
ギンポやカエルウオは、強気なのでしょうか割と平気で超接近を許してくれる
固体に出会う事があります。

それにしても、ヤエヤマギンポのアイメークってケバケバしいと言うか
ピエロというか、何とも凄いですねw
まつ毛もエクステ付けてるかのようにピンピンに上向いてるしw

このキャノピーのような飛び出した眼球の表面は、こんな穴に出入りするのに
傷が付かないのでしょうかね?
昔、魚を飼っていた頃の心配事がよみがえりますw





(01:00)

2010年12月15日

101215100725
Canon G11

前回の「ギンポ劇場」の続きでもないのですが、右のヤエヤマギンポと一緒に
さりげなく登場したのが、今回の主役インドカエルウオです。
キイロサンゴハゼに少し似ていて、海中では勘違いする事もあります(^_^;

幼魚のうちはこのように黄色く可愛らしい姿をしています。
この固体は3cm程度でしょうか。

このインドカエルウオの顔は、キイロサンゴハゼの素直な可愛らしさと比べ、
ドラえもんのスネ男タイプとでもいいましょうか、少しひねくれた顔に見えますw


101215100724_1

主に、このような浅いサンゴの枝間に生息しています。
これも、キイロサンゴハゼと似た住環境ですね。


しかし、決定的に違うのが次の画像。



101215101119


成長した姿がコレですw

成体になるとこんな黒い姿になってしまいます。
この固体で7cm程度でしょうか。

まさに、可愛かった子役の、「あの人は今」状態ですね。
いやまぁ、これはこれで愛嬌はあるんですがねぇw





(01:00)

2010年12月14日

101214101120_1
Canon G11

ん?
何だ?


101214101120_2

何か視線を感じる…
侵入者か?
警戒センサーが反応して身体の色が変わっちゃうな。


101214101120_3

何だ 月か。

月が~出た出た 
月がぁ~出たぁ♪
あ、ヨイヨイ♪

って、違う!!

厳戒態勢!
厳戒態勢!


101214101120_4

わぉ!

巨大なお仲間でしたか!!



という寸劇が繰り広げられたとかいないとかw


小さい方がイシガキカエルウオで、巨大なのがヤエヤマギンポ。
サイズは3cmと15cm程度でしょうか。
イシガキカエルウオは体色がよく変化する魚で、警戒態勢には
身体が黒っぽく(この固体は茶色っぽく)なるようです。

ボクは、このてのカエルウオやギンポの類が大好きで、
見つけるとついつい何枚も同じような写真を撮ってしまいます。






(01:01)