クローズアップレンズNo.4

2013年11月06日

131106130919
Canon PowerShot G11


枝サンゴの中でチョコマカと移動して、なかなかちゃんと
撮らせてくれないヨゴレダルマハゼ。

頭部や顔にヒゲのようなトゲトゲがたくさん有るのが特徴です。
写真では大きく感じますが、体長は2㎝程度。


前に紹介したキイロサンゴハゼもそうですが、枝状の中の魚に
AFで合焦させるのは、周辺の枝や奥にピンが持って行かれて
なかなか苦労させられます。
何度やっても被写体にピンが行かず、じゃMFで、と言っても
これまた何度やってもコンデジでMFは無理があるので
結局、諦める事も多いです(^_^;


しかし酷い名前を付けられたもんですねぇ。
「ヨゴレ」の付かない「ダルマハゼ」という魚も居るんです。

実はこの写真、ヨゴレと紹介していますが、ダルマハゼと
ハッキリと区別がつかずにいます(^_^;
調べても本や図鑑によって区別の仕方が違ってたり。

ヨゴレが付くか付かないか、どっちなんでしょう?


(00:00)

2013年10月30日

131030130918
Canon PowerShot G11


このエントリのタイトル、何の事かわからない方も
いらっしゃるかと思います。

お察しの通り、このカニのような生物がオルトマンワラエビ
というエビの仲間で、カニではないんですねぇ。

以前は、ムギワラエビと呼ばれていたらしいのですが
ムギワラエビは他の種が居たそうで(^_^;


身体の部分は小指の爪の半分程度だったでしょうか。
小さい身体に長い脚がたくさん。

以前紹介した、ザトウムシの海中版みたいですねw




(00:00)

2013年10月09日

131009130919a
Canon PowerShot G11



若さによく似た真昼の蜃気楼…


ジュディオングのようなドレスを身に纏った
まだまだ若いハナミノカサゴの幼体。




131009130919b
Canon PowerShot G11


体長はまだ5cm程度で、白く透き通るような
それでいて、すでに立派なドレスが素敵です。


Wind is blowing from Aegean

女は海

好きな男の腕の中でも
違う男の夢を見る




女は海。

では男は山?


気まぐれな海に翻弄される小船でしょうね(^_^;




(00:00)

2013年10月04日

131004130920
Canon PowerShot G11


夕暮れの海に 頬を染めた君が
誰よりも 何よりも 一番好きだった♪

ミスチルの夏の終わりの懐かしく甘酸っぱい歌。


そんなワンシーンを思わせてくれたのは
薄く色づいた頬を寄せ合うキイロサンゴハゼ達。


遊泳する魚ではないので、撮影は簡単かと思いきや
エダサンゴの上をチョコチョコと動きまくるので
AFが合焦したグリーンマークが出た時には、
既にそこには居ないってパターンの連続で
泣く泣く諦めると言うか、イラついて放棄する事も
結構多いのです(^_^;



(00:00)

2013年09月26日

130926130919
Canon PowerShot G11


空きビンの住処の入り口で逆さになっている
黄色のかわいいハゼはイレズミミジンベニハゼ。

後の地味で大きく背後霊のような魚は何でしょうか?(^_^;
同居している風なので悪いヤツでは無さそうですw


魚撮りには定番のミジンベニハゼと空き瓶。
空き瓶が有るからミジンが着くのか、ミジンを着かせたくて
空き瓶を置くのか(^_^;


今回は、ミジンはミジンでもイレズミミジンベニハゼ。
黄色いだけでなく、顔の周辺に刺青のような文様が入ってます。

この時は、瓶の奥の方に隠れてしまったり
入り口に来たと思えば、流れてきた餌につい反応して
超スピードなブーメランのような動きで食餌したりで
なかなか上手く撮るのに苦労しました。

刺青がわかる写真が撮れてめでたしめでたし(^ω^)



追記

地味な背後霊のような同居魚ですが、他の方のブログで
同じようなシチュエーションでミジンとクロイシモチが同居している
写真が紹介されているのを見つけました。

恐らく、この背後霊もクロイシモチかと思われます!

(00:00)

2013年03月26日

130326120522
Canon PowerShot G11


まるで船が帆を立てているように大きな第一背ビレを
持っている、その名もホタテツノハゼ。
角のように見えるのは、前鼻孔。鼻が良く効くのかな?

このホタテツノハゼも、他の共生ハゼと同じく
テッポウエビ等と共生しているんですが、エビとの
ツーショットは撮れませんでした(^_^;


(00:00)

2013年03月09日

130309120522-1
Canon PowerShot G11


凸凹な身体がまるでアルプス山脈のような事から
その名前もユキヤマウミウシ、、、かと思いきや
こちらは、パイナップルウミウシのようです。

このパイナップルウミウシの透明感や綺麗な黄色を
引き立てる為に、ハイキーでホンワリとソフトに撮りました。

…と、言いたい所ですが、実はこの時、少し深い場所で
別の被写体をしこたま粘って撮っていて、既にdecoが
出ている上に、エア残圧もガイドさんとの取り決めより
消費してる状態で、浅場に移動中に見つけたので
出会い頭的に数枚しか撮る余裕が無かったんですよね(^_^;


もっとスクーバに慣れていたら、エア消費と残圧と
減圧のペースなんかがわかってきて、焦らなくてもいいのか
もう少し余裕をもって撮ってもよかったのかがわかるかな?


このパイナップルウミウシ、以前のピカチュウウミウシ
エントリ最後の追記で書いたウミウシのように
パイナップルの匂いでもするんでしょうかね?(^^

(00:00)

2012年12月20日

121220120524-1
Canon PowerShot G11


イボハタゴイソギンチャクの下に潜り込もうとしているのは
アカホシカニダマシ。

カニダマシ?
変な名前ですよねw
姿はカニそっくりなんですが、分類上はヤドカリの仲間なんです。
と言うことはタラバガニとも仲間になるんですかね。
タラバはカニの後に「ダマシ」とか「モドキ」は付かないんですねぇ。
ズルい。が、美味いから許すw

このアカホシカニダマシ、その名前の通り赤い斑点がキレイなんですが
この個体は、体表に薄っすらとコケをまとっていて、
イマイチ美しくないですね(^_^;


121220120524-2
Canon PowerShot G11

分類上、カニでは無い事がわかるのがこの写真。
8本脚のカニより一対少ない事がわかります。
更にこの個体は右のハサミが欠損してますね(^_^;

捕食行動をしていなかったので、写真には写せなかったんですが
餌を獲る方法がなかなか面白いんです。
顔の前に畳んでいる小さい腕のような部分にウチワの骨というか
ジュディーオングのヒラヒラというか、スター錦野のビロビロというか(^_^;
そんな網を持っていて、それで流れてきたプランクトンを
捕獲して食べるようです。



いつもお世話になっているringoさんも最近のエントリ
カニでは無いカニ似のエビを紹介されていました。

生存作戦上、他の生物に似せた者もいれば、
本人達は別にそのつもりは無いのに、人間が勝手に
似てるからって、「~ダマシ」「~モドキ」とネーミングされた
かわいそうな動物たちもいるんですよね(^_^;

このアカホシカニダマシは後者でしょうかね。


この写真、ちゃっかりイソギンチャクモエビも写りこんでますねw



(00:00)

2012年12月09日

121209120520-1
Canon PowerShot G11


長~くてヒョロ~っとたなびくムチカラマツに
よく張り付いて生息しているガラスハゼ。
真ん中に居るのがわかるでしょうか?

以前に紹介した、イロワケガラスハゼスケロクウミタケハゼ
同じように、透き通った身体を持ったハゼの仲間です。


このガラスハゼが付くムチカラマツは、何メートルもの長さで
たなびいていて、撮影時にどこにも身体を安定させる事が
出来ないので、ピント合わせはなかなかに難しいんです。

この時は、水面を向いた仰向けになりながらのショット。
左側に写った水面に登っていく気泡が、良いアクセントに
なったように思います。


こういうシチュエーションでは中性浮力をリアルタイムに
調整出来ない素潜りでは、ちょっと撮る自信はありませんね(^_^;

(00:00)

2012年11月27日

121127121111
Canon PowerShot G11


名前からお察しの通り、身体の特徴であるギザギザトゲトゲが
ほとんどわからなくなるほどカイメンを身に纏ったノコギリガニ。
だと思います(いつも曖昧で申し訳ない(^_^;)

色々な物をくっつけてカムフラージュするカニは他にも居ますが
これは、くっつけると言うよりカイメンが甲羅で育っていると
言ってもいいように思えますね。

よく見るとカイメンのスポンジ状の多孔質な感じがわかり
半透明の出水孔のような煙突状の孔も多数あります。
死んだカイメンではなく、寄生して生活しているようですね。


このノコギリガニ、よく見るとエクステか?ってほどの
立派なまつ毛があるんですねw



(00:00)

2012年11月13日

121113121111
Canon PowerShot G11


昨日のエントリで紹介したカサゴと同じように
テーブルサンゴの張り出しや、岩や根のオーバーハングの
下を覗いて見ると、よくエビの仲間も見つける事が出来ます。


この時に見つけたのは、頭部から背中にかけてのモヒカンと
脚はモサモサに毛深く、派手なモザイク柄の身体をもつ
フシウデサンゴモエビ。だと思います。

オーバーハングを覗き込んでいるので、下からの
アングルしか取れず、身体全体が見えないのが残念。



こういう場所を好む生物も多いのですが、どうしても
陰になっているので、ライトが無いと探すのも困難なうえ
見つけても、暗くてAFが効かない事が多いんですよね。

カメラのターゲットライト兼用の小型のライトを導入して
こういう場所を狙いやすくなりました。



(00:00)

2012年11月12日

121112121111-1
Canon PowerShot G11


まるでオパールのような瞳のこの魚、カサゴでしょうか?


他の魚でも、その時の光が射す角度などによって
瞳が虹色に輝く事もあるのですが、このカサゴは
違う角度からの撮影でもオパールのような瞳になっていました。




121112121111-2
Canon PowerShot G11



真横からでもやっぱりオパールな瞳ですね。


岩のオーバーハングの中で光が回ってしまって
ちょっと飛んでしまってしまってますね(^_^;

しかし、こんなに目の前すぐにウニの針山があるのって
全然怖くはないんですかねぇ。



(00:00)

2012年10月15日

121015120524
Canon PowerShot G11


このかわいらしいお花畑のような写真
実は海の中のサンゴなんです。
ウミトサカの仲間でしょうか。

こうして寄って撮ると、なかなか綺麗ですね。



(00:00)

2012年06月10日

120610120525
Canon PowerShot G11

いつも色んな表情を見せてくれるイシガキカエルウオですが
やっぱり梅雨入りした空模様が気になるようですねw

イシガキ君「明日は晴れるかなぁ~」


とうとうと言うか、やっとと言うか、関西も梅雨入りしました。
ジメジメは嫌だけど、雨が降らないとそれはそれで
色んな方面で困るんでしょうけどね。


我が家の防湿庫がボロいので、まさかの故障や停電に備え
念の為に除湿剤と防カビ剤を庫内に入れています。
湿度は45%±5%なので乾燥し過ぎにはならないようですね。

ウチは古い戸建てなので湿気が多くてイヤになります(^_^;

この時期、カメラやレンズのカビには気を付けましょう。


(00:00)

2012年06月03日

120603120524
Canon PowerShot G11

よくトサカ類に生息する、少し透き通ったハゼの仲間。
スケロクウミタケハゼです。

しかし何で助六なんでしょうかね?

生息環境的には無理があるけど、スケロクウミタケハゼと
オイランハゼの2ショットなんて撮れたら洒落が効いてて面白いかもねw


この写真のトサカは本当はこんな緑では無いんですが
何の具合かこんな色合いに写ってしまってます(^_^;
でもちょっと雰囲気がいいのでこのまま採用。

白っぽいトサカと底砂の反射で、ストロボの調光が難しくて
すぐに飛んでしまったり、上手く光が当たらずポリプの影になったり
透明っぽい身体ゆえコントラストが低くてピントが合わなかったり
なかなかに難しいのですが、じっとしててくれるので何度も撮り直し
させてくれるいい被写体でした。



(00:00)

2011年12月19日

111219091221
Canon PowerShot A630

1年ほど前に「ブサイクでゴメン!」のエントリでブサイクな
写真を紹介したままでした(^_^;
今回は、にっこりスマイルの可愛いイシガキ君の紹介です。

しかし、どうして魚が笑ってるように見えるのでしょうか?

口の辺りに口角が上がったような線の模様があるので
スマイルのように見えるんですね。


111219101120
Canon PowerShot G11

写真は、違う日、違う場所、もちろん違う個体ですが、
ピントが怪しいけど、丁度わかりやすい写真があったので。

この写真でわかるように、線の上に本当の口があるんですねぇ。

胸ビレを足のように使って、身体を支えてますね。
少しでも高い位置から周囲を見る為でしょうか。

いつも色んなポーズで被写体になってくれる、とても好きな魚です。

(00:00)

2011年07月14日

110714100726a
CANON G11 クローズアップレンズNo.10

この、大きな口を開けて威嚇をしても怖くない
カラフルな生物はなんでしょうか?

これでも、ハナヒゲウツボという立派な魚なんです。
このサビウツボと同じウツボの仲間です。

体長は1.2m、奄美以南のサンゴ礁域に生息しています。
想像しにくいですが幼体~若魚の間は真っ黒なんです。
成長してくると写真のように鮮やかな青色に変わり、
さらにこの後、黄色にも変色するそうですが、ボクはまだ
見た事はありません。

しかし、もっと驚きなのが、魚にはよくある事ではありますが
性転換をおこしながら成長し、体色を変化させているのです。
写真のように雄相の青色を経て、雌相の黄色へと変化するようです。

こんな体色なので、口の中はどんな色をしているのかな?と
思ったんですが、普通に中は白っぽい色なんですねw




110714100726b
CANON G11 クローズアップレンズNo.4

横から見たら、こんな感じ。

岩やサンゴの隙間や穴からニョロニョロ、ニュルニュルと
出入りを繰り返しています。

が、めったに全身を出す事はありません。
危険を感じるとすぐに引っ込めるようにしているようです。


このハナヒゲウツボはキレイな見た目からか、ふつうのウツボのように
クローズアップレンズで近づいて撮影しても、恐怖心を感じませんw
本当は噛み付いてくるのかな?(^_^;


黒い体色の時期の若魚も、いずれ紹介したいと思います。






(01:00)

2011年01月28日

110128091221
Canon A630

このオッサン面はどうしたことでしょう?w
お腹もメタボというか体形がかわってしまっています。
老人斑もたくさん出ていますねぇw

このオッサンのような魚は、コクテンフグです。
名前の通り黒い点があるのですが、体色のバリエーションは凄く多いです。
この写真の色が多いのですが、白い部分がオレンジ色に入れ替わった
固体も数多く見かけます。

また、口の周りが黒い事から、ヨゴレフグと呼ばれる事もあるそうです。
この口からのぞく白い歯で、サンゴや海草、貝などガリガリと
齧って食べるようです。




(01:00)

2011年01月25日

110125101123
Canon G11

近未来SFの回路?
それとも迷路?

このサンゴは面白い模様をしていますね。
名前がちょっとわからないんですけど(^_^;

クローズアップレンズNo.4での撮影です。
本当はNo.10でもっと寄って撮りたかったんですが、周囲の岩や
サンゴに阻まれて、No.10で合焦する距離まで寄れず、泣く泣く
No.4で撮影しトリミングしています。




(01:00)

2011年01月19日

110119101121
Canon G11

バッタのようなこの魚は、ヒトスジギンポ。

イシガキカエルウオと少し似ていますが、バッタっぽい要因である
触角のような皮弁がイシガキ君よりも目立ちますね。

体の模様は上下で白黒のように別れ、名前の由来と思われる
縦(頭から尻尾方向)に筋が入ります。


110119101121b

全身が写ってなくてわかりにくいですが、こんな感じ。

イシガキ君もかわいいですが、このヒトスジギンポもかわいいですねぇ。
やっぱりボクのストック画像にはギンポ系が多いですw




(01:00)