スクーバ

2013年11月11日

131111110913
Canon PowerShot G11


本日、11月11日はチンアナゴの日と、記念日協会から認定されたそうです。
他にもポッキーの日や電池の日など、紹介するのが面倒な程ありますね。


水族館のチンアナゴ水槽のライブカメラが人気だそうで
可愛い顔して小競り合いするのを観察できるのがウケているようです。

写真の様に自然界でも、広い海底の中でこの場所にこれだけの密度で
集まるんですから、水槽の様に密集させても重大なテリトリー問題は
さほど無いのかもしれませんね。


ちなみに、何でチンアナゴの日なのか?
見たまんま、1111 こんな風にチンアナゴが集団で
海底の巣穴から身体を出している様子からです(^ω^)


もっとまともなチンアナゴの写真があればいいんですが
この1枚しか無いんです(^_^;

Cカード(俗称:ダイビングのライセンス)取得の時のものですが
この写真を撮って、もう少し近づこうとしたら一斉に砂の中に
引っ込んでしまって、即次のポイントに移動したので、
残念ながらこの1枚のみとなってしまいました(^_^;




(00:00)

2013年11月06日

131106130919
Canon PowerShot G11


枝サンゴの中でチョコマカと移動して、なかなかちゃんと
撮らせてくれないヨゴレダルマハゼ。

頭部や顔にヒゲのようなトゲトゲがたくさん有るのが特徴です。
写真では大きく感じますが、体長は2㎝程度。


前に紹介したキイロサンゴハゼもそうですが、枝状の中の魚に
AFで合焦させるのは、周辺の枝や奥にピンが持って行かれて
なかなか苦労させられます。
何度やっても被写体にピンが行かず、じゃMFで、と言っても
これまた何度やってもコンデジでMFは無理があるので
結局、諦める事も多いです(^_^;


しかし酷い名前を付けられたもんですねぇ。
「ヨゴレ」の付かない「ダルマハゼ」という魚も居るんです。

実はこの写真、ヨゴレと紹介していますが、ダルマハゼと
ハッキリと区別がつかずにいます(^_^;
調べても本や図鑑によって区別の仕方が違ってたり。

ヨゴレが付くか付かないか、どっちなんでしょう?


(00:00)

2013年11月04日


131104130918a

Canon PowerShot G11


ハタンポやキンメモドキ、スカシテンジクダイも居るのかな?
根に群れてつく様々な小魚に混ざって、堂々と悠々と泳ぐのは
クロハタでしょうか。

シルエットのせいか、黒い身体のせいか、さほど大きくないのに
見栄えはまるで、この根の主のような佇まいですね。


こうな場面では、やっぱりもっと広角が欲しくなりますね。
実際に目で見ているダイナミックな感じが上手く写せません(^_^;



131104130918b
Canon PowerShot G11


こちらも実は同じ根に居たユカタハタ。
ピンが怪しいですが、身体の色彩が浴衣の様にキレイなので(^_^;




(00:00)

2013年10月30日

131030130918
Canon PowerShot G11


このエントリのタイトル、何の事かわからない方も
いらっしゃるかと思います。

お察しの通り、このカニのような生物がオルトマンワラエビ
というエビの仲間で、カニではないんですねぇ。

以前は、ムギワラエビと呼ばれていたらしいのですが
ムギワラエビは他の種が居たそうで(^_^;


身体の部分は小指の爪の半分程度だったでしょうか。
小さい身体に長い脚がたくさん。

以前紹介した、ザトウムシの海中版みたいですねw




(00:00)

2013年10月09日

131009130919a
Canon PowerShot G11



若さによく似た真昼の蜃気楼…


ジュディオングのようなドレスを身に纏った
まだまだ若いハナミノカサゴの幼体。




131009130919b
Canon PowerShot G11


体長はまだ5cm程度で、白く透き通るような
それでいて、すでに立派なドレスが素敵です。


Wind is blowing from Aegean

女は海

好きな男の腕の中でも
違う男の夢を見る




女は海。

では男は山?


気まぐれな海に翻弄される小船でしょうね(^_^;




(00:00)

2013年10月02日

131002130918a
Canon PowerShot G11


巣穴から大きな目とずんぐりとした愛嬌のある顔を
のぞかせているのは、ジョーフィッシュ。

ファニーな顔の割に、細かく鋭い歯が並んでいるのがわかりますね。

繁殖のシーズンだと、口の中いっぱいに卵を咥えて
保護しているので有名ですが、残念ながら今回はシーズンオフ(^_^;

通常、マウスブルーダーは口内保育中はハッチアウトするまで
絶食で頑張る種類も多いのですが、このジョーフィッシュは
巣穴の下に卵を置いたり咥えたりを繰り返すそうです。

そして、この写真でもわかるように、サービス精神たっぷり。
こんなに近寄らせてくれました。








どれくらいかと言うと…











131002130918b
Canon PowerShot G11



触れます(;゚Д゚)(;゚Д゚)(;゚Д゚)



これ、どういう行動なんでしょうね?
上手く触ると、気持ちよさそうに身体を巣穴から出してきます。
クリーニングみたいな気分なのかな?


これらの写真は、もちろん自然の海底で、水族館の触れ合い広場でも
水槽の飼育魚でも無いですよ(^_^;

しかし、このジョーフィッシュ、ボクがいつも参考にしている
山渓の日本の海水魚という2420種もの魚類を収録した図鑑に
収録されていないんですよね。
こんな有名な魚なのに何でだ!?
ボクが見落としてるのだけかな(^_^;

(00:00)

2013年09月28日

130928130918
Canon PowerShot G11


白い砂地の海底にかろうじて生えている海藻を
ダイナミックに砂ごと食べているのは、アオウミガメ。

今まで、なかなかウミガメを撮るチャンスに恵まれず
やっと今回はタンクを背負ったダイビング中に会えました。

それでも、近寄りきれずに色がぁゃしぃんですが(^_^;

素潜りだと、縦の動きと、動き自体が大きく早いからか
警戒させてしまい、近寄ると一目散に逃げられるんですよね。


しかし、ほとんど海藻が無いですが、どこか鱈腹食べられるほど
海藻が豊かなポイントがあるのか心配になりますね(^_^;


(00:00)

2013年09月26日

130926130919
Canon PowerShot G11


空きビンの住処の入り口で逆さになっている
黄色のかわいいハゼはイレズミミジンベニハゼ。

後の地味で大きく背後霊のような魚は何でしょうか?(^_^;
同居している風なので悪いヤツでは無さそうですw


魚撮りには定番のミジンベニハゼと空き瓶。
空き瓶が有るからミジンが着くのか、ミジンを着かせたくて
空き瓶を置くのか(^_^;


今回は、ミジンはミジンでもイレズミミジンベニハゼ。
黄色いだけでなく、顔の周辺に刺青のような文様が入ってます。

この時は、瓶の奥の方に隠れてしまったり
入り口に来たと思えば、流れてきた餌につい反応して
超スピードなブーメランのような動きで食餌したりで
なかなか上手く撮るのに苦労しました。

刺青がわかる写真が撮れてめでたしめでたし(^ω^)



追記

地味な背後霊のような同居魚ですが、他の方のブログで
同じようなシチュエーションでミジンとクロイシモチが同居している
写真が紹介されているのを見つけました。

恐らく、この背後霊もクロイシモチかと思われます!

(00:00)

2013年09月23日

130923130918
Canon PowerShot G11


群れで中層にゆったりと浮遊するツバメウオ。

本来はもっと大きな群れになる事が多いこの種ですが
この時は5匹程度でした。写真では1匹離脱(^_^;


通常狙う被写体はマクロ系とも呼ばれるほど、数cm程度の
小さな生物たちですが、ツバメウオはボクの顔よりデカい30cm超級。
すごく大きいんですね、これが。


これで、スカっと海が抜けててくれるとよかったんですが
やはり夏は台風シーズン。ポイント的にも海峡の湾なので
外洋に面するポイントのような抜けを期待してはいけないのかな(^_^;

それでも、近寄っても全く動じない威風堂々としたツバメウオ、
しっかり堪能できました!


130923130919
Canon PowerShot G11


やっぱりツバメ 100ミリ寄っても 大丈夫ヽ(゚∀゚)/


(00:00)

2013年09月21日

130921130918a
Canon PowerShot G11


写真のヤシャハゼやネジリンボウなど共生ハゼの相棒、
赤と白のツートンカラーがかわいいランドールピストルシュリンプ。


ネジリンの時のようにホバったヤシャハゼとエビのセットで撮る事が
なかなか思うようにいかなかったんですよね(^_^;

ヤシャハゼをキレイに撮りたいから近づきたいんだけど
下手するとヤシャハゼはホバリングを辞めて着底してしまったり
エビは簡単に穴に引っ込んで当分出て来なくなってしまう。

その辺の駆け引きと、フレンドリーな個体に当たる運が重要かも。

(00:00)

2013年06月03日

130603120522
Canon PowerShot G11


どこに何が居るかわかりますか?

画面の左下に赤い眼と大きな口がありますね。

顔だけ出して、体は砂地に潜め獲物が近くに来るのを
待ち伏せているのは、アカエソの仲間です。

わりと大きなサンゴや岩の上にちょこんと乗っかっている事も
多いのですが、このように砂地に潜って小魚が来るのを
待っている事もあるんですね。

オパールのような瞳オットンガエルで紹介しましたが
このアカエソはルビーの瞳とでもいいましょうか。
こんな目立つ瞳はアンブッシュの妨げにはならないんでしょうかねw

(00:00)

2013年03月26日

130326120522
Canon PowerShot G11


まるで船が帆を立てているように大きな第一背ビレを
持っている、その名もホタテツノハゼ。
角のように見えるのは、前鼻孔。鼻が良く効くのかな?

このホタテツノハゼも、他の共生ハゼと同じく
テッポウエビ等と共生しているんですが、エビとの
ツーショットは撮れませんでした(^_^;


(00:00)

2013年03月09日

130309120522-1
Canon PowerShot G11


凸凹な身体がまるでアルプス山脈のような事から
その名前もユキヤマウミウシ、、、かと思いきや
こちらは、パイナップルウミウシのようです。

このパイナップルウミウシの透明感や綺麗な黄色を
引き立てる為に、ハイキーでホンワリとソフトに撮りました。

…と、言いたい所ですが、実はこの時、少し深い場所で
別の被写体をしこたま粘って撮っていて、既にdecoが
出ている上に、エア残圧もガイドさんとの取り決めより
消費してる状態で、浅場に移動中に見つけたので
出会い頭的に数枚しか撮る余裕が無かったんですよね(^_^;


もっとスクーバに慣れていたら、エア消費と残圧と
減圧のペースなんかがわかってきて、焦らなくてもいいのか
もう少し余裕をもって撮ってもよかったのかがわかるかな?


このパイナップルウミウシ、以前のピカチュウウミウシ
エントリ最後の追記で書いたウミウシのように
パイナップルの匂いでもするんでしょうかね?(^^

(00:00)

2012年12月09日

121209120520-1
Canon PowerShot G11


長~くてヒョロ~っとたなびくムチカラマツに
よく張り付いて生息しているガラスハゼ。
真ん中に居るのがわかるでしょうか?

以前に紹介した、イロワケガラスハゼスケロクウミタケハゼ
同じように、透き通った身体を持ったハゼの仲間です。


このガラスハゼが付くムチカラマツは、何メートルもの長さで
たなびいていて、撮影時にどこにも身体を安定させる事が
出来ないので、ピント合わせはなかなかに難しいんです。

この時は、水面を向いた仰向けになりながらのショット。
左側に写った水面に登っていく気泡が、良いアクセントに
なったように思います。


こういうシチュエーションでは中性浮力をリアルタイムに
調整出来ない素潜りでは、ちょっと撮る自信はありませんね(^_^;

(00:00)

2012年06月18日

120618120330
Canon PowerShot G11

黄色いボディに黒いポイントのある姿から、あの人気キャラクター、
ポケモンのピカチュウに似ている事から「ピカチュウ ウミウシ」の
通称で親しまれているウデフリツノザヤウミウシです。

このウミウシの色彩だけでもピカチュウに似ているんですが
褐色の海藻の先端まで来て行き先を失って丸まっている姿が、
ピカチュウがサトシの肩に乗っかっている所を横から見た姿に
それこそソックリだと思いませんか!!

と言っても、ポケモンは最初期の頃しか見た事が無いので
最近のはわかりませんが、今でもサトシって居るのかな?(^_^;
ピカチュウは流石に居るでしょうねw



*ポケモン及びピカチュウは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です


 

追記

なんと!
タイムリーな事に、コメント欄で話題に出た、グレープフルーツの臭いがする
ヤマトメリベというウミウシが昨日17日に大阪湾で捕獲されたそうです!
その大きさが何と40cmもあるそうで、重ねてビックリですw
ソースは
こちら



(00:00)

2012年06月17日

120617110912
Canon PowerShot G11

会いに行くにはスキンダイビングの限界を感じ、撮影の為に
Cカード取得のキッカケの1つとなったヒレナガネジリンボウ。

名前の通り、背ビレが長く、ネジり飴様の模様が入った
共生ハゼの仲間です。
ヒレの長くない「ネジリンボウ」という種類も居ます。
共生するエビは、テッポウエビの中ではカラフルでかわいい
ランドールズピストルシュリンプが多いようです。

2匹がかりで高度、方向を手分けして見張っていますが
この写真を撮らせてくれると言う事は、ボクの事は
危険要因では無いと認めてくれたんでしょうかねw

この組み合わせは、昔にアクアリウムで飼育していた事もあり
余計に思い入れもあったんですが、生息深度が-15m程度より
深い事から、素潜りでは断念していたのです。

実際に海底で、水槽内で見ていた様子と同じ事が観察できたのは
Cカードを取得した甲斐があったというものです(^ω^)/

(00:00)

2012年06月07日

120607120519
Canon PowerShot G11

通常は黒っぽい色と、半透明な部分に色が分かれた
イロワケガラスハゼですが、この時期は婚姻色なのでしょうか?
赤く色付いていて、卵を保護している個体を見る事が出来ました。

わかるでしょうか?
サンゴの上の方のポリプが無くなって、白っぽくなっています。
ガラスハゼの尻尾からサンゴの先の白い部分の、サンゴと
バックの水中との境界辺りに、白っぽい半透明なプツプツが
見えると思いますが、それが保護中の卵なんです。

この卵、肉眼では確認出来ないほど小さいんです。
撮影して拡大してやっとわかるくらい。
このガラスハゼが2㎝程度ですから(^_^;

さて、卵が付いているサンゴの白い部分。
この部分のポリプは、ガラスハゼがついばんで無くしてしまい
サンゴの骨格をむき出しにして卵を産み付けるそうです。

しかし、卵が孵化してしまうと、あっという間にポリプは
復活して元に戻るそうです。

高水温や水質悪化等による白化現象とは違って、その程度の
部分的なダメージには負けない、凄い回復力を持っているんですね。

(00:00)

2012年06月02日

120602120519-1
Canon PowerShot G11

細かい物がウジャウジャしている物苦手派な方、ごめんなさいw

このたくさんの芽吹いた目のような物は、ハナビラクマノミの発眼卵で、
卵の中の稚魚が、今にもハッチアウトしそうな状態です。

親クマノミが盛んに水を送り、そろそろ今夜にでもハッチアウトするぞ!
っていうタイミングでナイトダイビングに挑んだんですが、この日は
とうとう、ハッチアウトはしなかった模様…。
翌朝もこのままの状態だったようです。


120602120519-2

親クマノミが世話をしている(ように見える)ところ。

いかんせん、ライトの光で親の邪魔をしないように、との事で
ほとんどライトを照らせない状態なので、AFが効かない(;´Д`)

撮影は非常に辛い状態で、成魚が写っているのは
こんなショットしかありませんでした(^_^;

しかも、横着してカメラのバッテリーを交換しなかったので
このポイントに着いた頃には既にバッテリー残量警告が出てるしw
やはり、いくら前ダイブでのショット数が少なくても、横着せずに
バッテリーは交換しないといけませんね。

ボケボケ写真ですが雰囲気だけでも感じてくださいw




(00:00)

2012年05月28日

ご無沙汰しております。

今回からは、タンクを背負ったスクーバダイビングで撮影した写真も
チョコチョコっと登場します!



120528120522-1

Canon PowerShot G11

念願のピグミーシーホース!
ピグミーと名が付くだけに、体長は1㎝も無いくらいに小さい
タツノオトシゴの仲間です。

なんとなんと、3匹のピグミーが集合しています。わかるかな?
尻尾を巻き付けてしっかりとサンゴを握っているのがかわいいですね!



120528120522-2

このサンゴの反対側からのショット。

タツノオトシゴの仲間は、オスの腹部に育児嚢があって、
そこに産み付けられた卵は孵化し、まるでオスが稚魚を
産むように見えるようです。




このような、素潜り(スキンダイビング)ではどうしても見られない、
撮影もできない深度に生息する生き物達に会う為に、たまには
タンクを背負ったスクーバダイビングも取り入れる事にしました。


その甲斐あって、念願のピグミーシーホースを見る事が出来ました!
嬉しぃ~♪



(00:00)