フグの仲間

2011年01月28日

110128091221
Canon A630

このオッサン面はどうしたことでしょう?w
お腹もメタボというか体形がかわってしまっています。
老人斑もたくさん出ていますねぇw

このオッサンのような魚は、コクテンフグです。
名前の通り黒い点があるのですが、体色のバリエーションは凄く多いです。
この写真の色が多いのですが、白い部分がオレンジ色に入れ替わった
固体も数多く見かけます。

また、口の周りが黒い事から、ヨゴレフグと呼ばれる事もあるそうです。
この口からのぞく白い歯で、サンゴや海草、貝などガリガリと
齧って食べるようです。




(01:00)

2010年03月01日

100301-091031
A630

この愛嬌たっぷりのミナミハコフグの幼魚は、
やはりダイバーにも人気だそうです。

これだけいかにも撮って頂戴!って訴えかける
わかりやすい可愛らしさは、カクレクマノミに匹敵しますね。

この子は水中で見てピンポン球よりも小さい位。
実際には体長2cm程度でしょうか。

立方体の身体に小さなヒレで、いかにも
機動性は悪く、流れに翻弄されながらも
懸命に泳いでいました。そこがまたカワイイw

しかしこう見えてもやはりフグの仲間。
フグといえば毒をイメージしますが、
この子も例に漏れず、毒を持っています。

ミナミハコフグの毒は、体表から分泌する粘液中に含有する
パフトキシンという毒で、他の魚等を殺してしまうそうです。
アクアリウムでは混泳に注意が必要だとか。
ただし、人間に対しての中毒性は無いそうです。

(01:01)