ペア

2014年05月25日

1405251405221
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


岡山県吉備中央、いつものエリアに行ってみたら
今年も渡って来ていたブッポウソウ


この時期は、パートナーを探して営巣の準備です。
この2羽は、まだペアとなれるか見極め中の様子。

付いたり離れたり、呼んでみたり。





1405251405222
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


時にはこんなに寄り添う事も。

求愛給餌やラブゲロの様子は観察できなかったので
もう一息なのかな?

この2羽がうまくペアリング出来るといいですね。





1405251405223
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


こちらのペアは、この巣箱を見極め中でしょうか。

時々中に入っては出を繰り返し
周辺の様子を伺って、モデルルームを物色中。


これから約3か月の間、この地域で子育てし
十分に体力をつけて、ボルネオなど東南アジアへの
長旅に飛び立ちます。


 

(00:00)

2011年01月10日

110110110110
SONY α55 MINOLTA Reflex500 F8

カワセミのペアです。

こんな風にペアで一緒に居るところを撮影出来たのはもちろん、見たのも初めてです。
これが珍しい事なのか、よくある事なのかもわかりませんが、かなり嬉しかったりします。

右が雌、左が雄です。
見分け方は簡単で、嘴が上下とも黒いのが雄で、下の嘴が赤いのが雌です。
ポージングも、仕草も、伸びもシンクロしていて面白いペアでした。

この写真(この写真自体ピンが甘いのですが(;´Д`))では雄にピントを
合わせているので雌がボケてますが、何故か雌にピントを合わせようとしても
雌では全然合ってくれなかったんですよね。何でだ???




(01:00)

2010年12月16日

101216101121
Canon G11

ハタ子「嫌ぁねぇ。さっきからジロジロ、パシャパシャと気味が悪いわ。」

ハタ夫「『カメラを持って筒を咥えた黒ずくめの中年男がしつこく撮影する事案が発生』
    と、安まちメールが来ていたぞ。用心しないとな。」



なんて、会話が聞こえてきそうなハタタテハゼのカップル(と思う)。
-8m前後の比較的浅い、砂地にサンゴの残骸が点在する海底に居ました。
ハタタテハゼはだいたいペアでテリトリーを持っているようで、
このペアもずっと同じ場所で2匹揃って逃げる事無くいつまでも撮影させてくれました。

しかし、この深度だとカメラにとっては暗いのでしょうか、合焦に時間がかかり
AF枠が待望の緑に変わった時には、既に移動している、身を翻している、
ペアの片方はどこかへ離れている等等、撮影には結構泣かされますw






(01:00)