ヤマセミ

2012年11月26日

121126121121-1
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


ある程度の確度でヤマセミを見る事が出来るポイントを
見つけたのですが、案の定、被写体まで遠いです。

テレコンつけて420mm(35mm換算で630mm)で頑張っても
まだまだ遠いです。

ならば割り切ってキンキラキンに色づいた銀杏が水面に
映った部分と絡めようとすると、300㎜でも長すぎるし
自分が引こうにも、足場が無くて下がれない(;´Д`)

こんな時こそSAL70300Gを持って来てればなぁ。
先日書いたところなのに(^_^;


121126121121-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


しょうがないから大きくトリミングしてみたり。


そして悲しくうたふもの。


何やら恨み節のような事を書きましたが、それでも
以前はポイントを知らず、ヤマセミを見つける事すら
難しかったので贅沢は言えないですね(^_^;




(00:00)

2011年12月22日

111222110626
SONY α55 Tokina AT-X304


この2羽はペアでしょうか、それとも若鳥と親でしょうか。
この枝の真下に小さな川が流れているので、狩りの
実地訓練でもしているのかもしれませんね。


ヤマセミは警戒心が強く、なかなか近寄らせてはくれません。
カワセミが都市公園の池や、街の川でも居るのに比べて
ヤマセミはやっぱり山間部の渓流などで無いと居ない感じ。

このヤマセミ、ブッポウソウ目カワセミ科なんです。
日本では最大のカワセミ類にあたります。

カワセミの仲間という事は何となくわかりますが、
大まかにはブッポウソウの仲間でもある事はちょっと意外。
ヤマセミは魚類を主に食べるので、昆虫食のブッポウソウとは
食性も全然違いますしね。


ヤマセミを漢字で書くと「山翡翠」。
ちなみにカワセミは「翡翠」で
アカショウビンは「赤翡翠」




(00:00)