串本

2012年11月27日

121127121111
Canon PowerShot G11


名前からお察しの通り、身体の特徴であるギザギザトゲトゲが
ほとんどわからなくなるほどカイメンを身に纏ったノコギリガニ。
だと思います(いつも曖昧で申し訳ない(^_^;)

色々な物をくっつけてカムフラージュするカニは他にも居ますが
これは、くっつけると言うよりカイメンが甲羅で育っていると
言ってもいいように思えますね。

よく見るとカイメンのスポンジ状の多孔質な感じがわかり
半透明の出水孔のような煙突状の孔も多数あります。
死んだカイメンではなく、寄生して生活しているようですね。


このノコギリガニ、よく見るとエクステか?ってほどの
立派なまつ毛があるんですねw



(00:00)

2012年11月13日

121113121111
Canon PowerShot G11


昨日のエントリで紹介したカサゴと同じように
テーブルサンゴの張り出しや、岩や根のオーバーハングの
下を覗いて見ると、よくエビの仲間も見つける事が出来ます。


この時に見つけたのは、頭部から背中にかけてのモヒカンと
脚はモサモサに毛深く、派手なモザイク柄の身体をもつ
フシウデサンゴモエビ。だと思います。

オーバーハングを覗き込んでいるので、下からの
アングルしか取れず、身体全体が見えないのが残念。



こういう場所を好む生物も多いのですが、どうしても
陰になっているので、ライトが無いと探すのも困難なうえ
見つけても、暗くてAFが効かない事が多いんですよね。

カメラのターゲットライト兼用の小型のライトを導入して
こういう場所を狙いやすくなりました。



(00:00)

2012年11月12日

121112121111-1
Canon PowerShot G11


まるでオパールのような瞳のこの魚、カサゴでしょうか?


他の魚でも、その時の光が射す角度などによって
瞳が虹色に輝く事もあるのですが、このカサゴは
違う角度からの撮影でもオパールのような瞳になっていました。




121112121111-2
Canon PowerShot G11



真横からでもやっぱりオパールな瞳ですね。


岩のオーバーハングの中で光が回ってしまって
ちょっと飛んでしまってしまってますね(^_^;

しかし、こんなに目の前すぐにウニの針山があるのって
全然怖くはないんですかねぇ。



(00:00)

2012年06月18日

120618120330
Canon PowerShot G11

黄色いボディに黒いポイントのある姿から、あの人気キャラクター、
ポケモンのピカチュウに似ている事から「ピカチュウ ウミウシ」の
通称で親しまれているウデフリツノザヤウミウシです。

このウミウシの色彩だけでもピカチュウに似ているんですが
褐色の海藻の先端まで来て行き先を失って丸まっている姿が、
ピカチュウがサトシの肩に乗っかっている所を横から見た姿に
それこそソックリだと思いませんか!!

と言っても、ポケモンは最初期の頃しか見た事が無いので
最近のはわかりませんが、今でもサトシって居るのかな?(^_^;
ピカチュウは流石に居るでしょうねw



*ポケモン及びピカチュウは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です


 

追記

なんと!
タイムリーな事に、コメント欄で話題に出た、グレープフルーツの臭いがする
ヤマトメリベというウミウシが昨日17日に大阪湾で捕獲されたそうです!
その大きさが何と40cmもあるそうで、重ねてビックリですw
ソースは
こちら



(00:00)

2010年03月13日

100313081013_1
A75

これは何だ??

まるで、空を飛んでいるようなこの写真。
これは、アオリイカの幼体です。

一般的には、イカというとスルメイカのように、ロケットのような細長い胴体に、
「耳」とも表現される三角形のヒレを思い浮かべがちかもしれませんね。
しかし、このアオリイカは丸っぽい胴体に、その縁に沿ってグルりと
大きなヒレがあります。

鳥飼いの人には「イカの甲」「船」「カトルボーン」でおなじみの
コウイカと形は似ていますが、アオリイカには堅い甲は無く
柔らかい軟甲になっています。

この写真は底から水面を見上げるように撮影しています。
お腹側が見えているわけですが、透明感のある白い色をしていて
見え難いですよね。恐らく、捕食者に発見されにくいような
迷彩効果があるのでしょうね。


では横から見たらどうなっているのでしょう?



100313081013_2
A75


横から見ると背中側にかけて茶色っぽい色をしているのがわかります。

この写真の撮影は10月半ばの和歌山県の串本の浅場。
この固体は足の先までで10cm程度でしょうか。

冬になる迄は、このように浅場で枯葉等に擬装してヒラヒラと漂っています。
ちなみに他生物間で形状や色彩が酷似する事を「擬態」と言います。

この時は100匹近い程の大群で、ボク達人間を怖がるでもなく、
逆に水面に浮いているとボクのお腹の下で隊列を組むように
集まってきて、長時間撮影させてくれました。

上から見たところも、いずれ紹介できればと思います。







(01:01)