公園

2014年05月15日

1405151405081
SONY α55 SAL1855


撮影時はバラ園開催の数日前だったけど
品種によってはもうたくさん開花していました。


この写真、補正で彩度を上げた訳ではありません。
どうしてこんな色になったのかというと
C-PLの効果最大はまぁいいとして、カメラの
クリエイティブスタイルをVividにしていたのが
原因かと思います。

左上のバラの下端辺と空の境界なんて
なんだか下手な合成写真かと思えるほど(^_^;)


PLフィルターとカメラの色彩設定の
組み合わせには注意が必要ですね。


1405151405083
SONY α55 SAL70300G


こちらも、設定やPLフィルターは同じ。

本来なら、前ボケでふわっとさせたい所が
クッキリハッキリさせてしまって、なんだか
うるさいですね(^_^;)



1405151405082
SONY α55 SAL1855


同設定。

PLフィルターの使いこなしって
なかなか難しいですね。


せっかくキレイに咲いたバラよ
スマンかった(^_^;)





(00:00)

2014年05月14日

1405141405081
SONY α55 SAL1855


白い月を見上げる太陽の塔。

大阪在住ながら、遠目には見る事はあっても
こんなに間近で見上げたのは初めてかも。


万博当時、太陽の塔の中に展示物があり
地下から内部を昇り、手の中を通って
大屋根の大回廊に繋がっていた事を
少し前のNHKの番組で観て、恥ずかしながら
この歳になって初めて知った。

現在もある程度の展示物やエスカレーターは
残っており、もしかしたら将来、また
一般展示される可能性が無くは無いそうだ。 

もちろん大回廊は無いので、手の通路は
現在は出口部分で埋められている。 






1405141405082
SONY α55 SAL1855


これも知らなかった事だが、太陽の塔の
正面の赤い模様や、背面の緑の模様と
黒い顔は、ペイントではなくタイルで
形成されている。

特に、黒い顔は信楽焼きのタイルであり
岡本太郎と信楽焼きには深い関係があるそうだ。






1405141405083
SONY α55 SAL1855


これは太陽の塔のお腹の部分の横顔。


正面から見ると、ずいぶんとヘンテコな顔だけど
真横からのシルエットは、ツンと上がった鼻と
少し開いた唇が、外人の女の子のような
少し儚げな表情にも見えたり。






1405141405084
SONY α55 SAL1855


そして、おなじみの正面から。


万博当時は、頂部の黄金の顔の眼は
灯台と同じ直進性のきついキセノンライトで
サーチライトの様に眼光ビームを発していましたが
数キロも届くその光の先には、伊丹空港を使う
航空機の空路があり、危険なので万博後は
消灯されていたそうです。

しかし近年、LEDライトに変更し眩しくない
眼光として復活したとの事。







1405141405085
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


ちなみに、現在の塔の黄金の顔は2代目。

初代の顔は、当時の鉄鋼館(パビリオン)が
近年、万博資料館として展示が始まり
その中に展示公開されています。






CAM00738
LGL22



公園内の売店で、初代の黄金の顔に
実際に使われていた銅版を再利用した
有難いお守りが売られています。

素材を丸くくり抜き、目と鼻をプリント。
経年劣化もそのままなので各々が一点物。

60mの頂部で、'70万博から'92年まで
大阪を、日本を、高度経済成長を見守ってきた
黄金の顔なのだから、とてつもないパワーを
秘めている事でしょう。


初めは、初代の黄金の顔は展示されているし
2代目は現在も太陽の塔の頂部にある。

じゃぁ、これは何だ??

と思ったのですが、展示されているのは
初代の顔の正面部分のみ。

黄金の顔は立体物なので、正面側に169枚
背面側には171枚の銅版が使われており
きっと背面側がこのお守りとして使われたのでしょうね。

限られた素材なので、このお守りは
もちろん有限であり限定です。

気になる人はお早めに♪






(00:00)

2014年05月13日

1405131405081
SONY α55 SAL100M28


咲き誇るハルジオンの蜜をすいに来た
アオスジアゲハ。

ISO変更してる間にチャンスを逃さないように
とっさにシャッタースピードを落として
ハイキーでふわっとした感じに。



1405131405082
SONY α55 SAL100M28


こちらはカモミール畑に少し混ざった
ポピーの蜜をすいに来たハチかアブ。


今の季節は、まだ蚊が出ていないので
助かりますが、森のように樹木が茂った場所では
機雷のようにアチコチに毛虫がぶら下がっていて
何かの罠のようでしたw
 

(00:00)

2014年05月12日

1405121405081
SONY α55 SAL100M28


風薫る新緑の若葉が
あなた様のようにお美しく輝き
日中は少し汗ばむほどの
季節となりましたが
五月晴れの空のように
皆様のお気持ちが
晴れやかでありますよう
お祈り申し上げます。


五月の挨拶をてんこ盛りにしてみましたが
皆さんいかがお過ごしでしょうか。




1405121405082
SONY α55 SAL100M28


そんな時候の挨拶に登場する
新緑、若葉などと表現されるのは
きっとこんな緑の様子でしょう。


あをによしと言いたいところですが
撮影場所が大阪なのでダメですね(^_^;)

 


(00:00)

2014年03月16日

1403161403161
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


植込みの中でくつろぐネコ。




1403161403162
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


300㎜の望遠レンズで植込みを前ボケに使って
ふんわりほわんわかと。




1403161403163
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


「いつまで調子にのって撮ってるニャ?」

しつこく撮ってると怒られます(ウソ)



撮影に出かけるのは、ほぼ野鳥狙いです。

が、相手が野鳥だけに、いつも撮りよい所に
居てくれる訳ではありません。


そんな時に相手をしてくれるのが
公園に居ついたノラ猫です。

鳥とは逆に人間に懐きすぎで、WD内に入ってきて
下がらないとピンが合わなくなる事もしばしばですねw

 




(00:00)

2013年04月29日

130429110421-2
SONY α55 Tokina AT-X304


嘴いっぱいに苔を咥えたシジュウカラ。
苔なんか美味しいのでしょうか?


川辺にある大きな岩の面に、ビッシリと着いた苔を
嘴でむしって集めては飛んで行き、また戻って来ては
むしり取って行く。

長期間かけて育ったであろう岩肌の苔は、大部分を
剥がされてしまい、その様子は何とも無慈悲。


このシジュウカラは何をしているのかと言うと…


130429110421-1
SONY α55 Tokina AT-X304


この川の石垣の隙間に運んで来ていました。
こんな所に巣作りをしていたんですね。
苔をベッドにしているようです。

エナガが盛んにクモの巣を集めている事がありますが
あれもおそらく巣作りに使っているんでしょうね。


しかし、この隙間はかなり水面に近いですが、梅雨時に
増水して水位が上がったらマズくないの?

ヘビが居たら簡単に侵入されそうだし。

大きなお世話でしょうけど、ちょっと心配ですね(^_^;



(00:00)

2013年04月25日

130425110402
SONY α55 Tokina AT-X304


早朝に見つけた虹。

クモの巣って、だいたいは忌み嫌われるものですが
たまにはこんなキレイな姿を見せてくれます。

これに朝露が付いてるとまた格別だったんでしょうけど
この時は残念ながら付いてませんでした。

ところで、この巣の主はどこにいったんでしょうね(^_^;


(00:00)

2013年03月24日

130324121212-1
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


それ以上我が領域を侵犯し撮影を続けるなら
正義の柿による無慈悲でせん滅的な打撃で
断固として懲罰するニガァ~!


130324121212-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


第2、第3の、予想もつかない柿の稲妻で
容赦ない粉砕をするニガァ~!


130324121212-3
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


…脅しじゃないニガァ(;´Д`)

食糧が欲しい訳じゃないニガァ(;´Д`)


(00:00)

2013年03月14日

130314121212
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


お詫び


この記事をアップした時には、グミと紹介していましたが
グミの実では無いのでは?とのご指摘を頂きました。
公園管理事務所に問い合わせたところ、この実は
サンシュユ(山茱萸)という事がわかりました。
お詫びして訂正させていただきます。


このサンシュユですが、中国、朝鮮半島原産で
江戸時代に生薬として栽培されるようになったそうですが
実(正確には偽果)は渋くて生食には向かないようです。
鳥も食べない程マズいのかな?w

生薬として山茱萸(ヤマグミ)の名前で日本薬局方に収録され
効能としては、強精、不妊、止血、解熱などの作用があるとの事。
漢方としても珍重され、ユンケルにも配合されているようですね。

和名のヤマグミは、漢字がグミの「茱萸」と同じく「山茱萸」なので
そのままの読みですね。
しかし、同じ「茱萸」と付きますが、グミ科とミズキ科なので
近縁では無いんでしょうね?

別名では、春に木一面に黄色い花が咲く事から「ハルコガネバナ」
秋の赤い実を珊瑚に例えて「アキサンゴ」とも呼ばれるとか。



撮影場所はいつもの公園ではありますが、結構広大な公園で
東京ディズニーランドの1.4倍、東京ドーム15個分の広さがあります。
よく聞く例えですが、ボクはどっちにも行った事ないのでピンときませんが(^_^;

とにかく、かなり広い公園なので、この中でたくさん撮影した写真の中の
1本の樹の場所を覚えているかどうかなんて、その日や翌日ならまだしも
何か月も経った後では、思い出すのも大変です。
しかも公園管理事務所に問い合わせるにしても、莫大な種類の樹木がある中
どの辺りに植えられている樹なのかを説明する事も不可能ですよね(^_^;

そこで、今回役だったのがカメラのGPS機能でした。
ボクが使っているα55にはGPS機能が付いているので
撮影地の座標を、その写真に情報として残せる機能があります。
公園内での撮影場所も、地図上にピンポイントで表示できるので
管理の方にも簡単に説明する事が出来ました。
バッテリー消費や、位置情報の漏洩などの懸念も無くは無いのですが
そこは使い方次第ですね。



今回に限らず、色々な動植物を紹介する時には
種の同定を誤らないように、これまで以上に注意して
いきたいと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。



以下は当初の記事。


赤く可愛らしいグミという樹の実。

未熟で若いうちは渋みがあるそうですが、
ここまで赤く熟せば甘みが出て美味しいらしい。

でも、鳥の多い公園で、ここまで熟しても
まだ残っているという事は、渋いままなのかな?
いや、渋柿でも鳥は食べるはずだしなぁ。


撮影時は、熟すと甘く美味しくなるどころか
食べられるとか名前すら知らなかったので
1粒味見をしてみる発想もありませんでした(^_^;

ちなみに、グミとは「茱萸」と漢字もある大和言葉であり
ドイツ語でゴムを指すお菓子のグミとは関係無いそうです。



(00:00)

2013年02月27日

2013022720130225-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


今期初、久しぶりにキレイな瑠璃色に成長した
成鳥のルリビタキのオスを見る事が出来ました。


ジョウビタキと近い種だと思うんですが、スタイルというか
シルエットが、ルリビタキのほうが丸いような気がします。


2013022720130225-1
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

どうでしょうか?
丸いでしょ?

わかりにくいですかね(^_^;


2013022720110324
SONY α55 Tokina AT-X304

日時も場所も全く別の写真ですが、
これならどうでしょうか。

まん丸でしょ?(笑)

真正面から見るとおもちゃみたいですよねw


(00:00)

2013年01月28日

130128121212
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G 


凛としたブルーの世界を、音も無く滑るように
連れ添って進む鴨のペア。

まるで、夜明け前の世界ようですが実は14時頃。
ちょうど日陰になっていたのがプラスに出て
いい雰囲気になりました。

このセキレイ時と同じ、いつもの公園ですが
ここの池は時として、とても魅力的な色世界に
写ってくれます。

(00:00)

2012年12月30日

121230121212
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G 


1年があっという間に過ぎて行きました。
本年も大変お世話になりました。

来年もよろしくお願い致します。


(00:00)

2012年12月18日

121218110128
SONY α55 SAL70300G


都市部に生息するカラスは、山間部のそれと比較すると
脳も発達していて、頭が良いそうです。

寺や神社の賽銭箱から硬貨を選択して取り出し、公園に咥えて来て
鳩用の餌の自販機に硬貨を投入してレバーを引き、餌を出して
食べるという、京都大学霊長類研究所のチンパンジーかと思うほどの
知能を獲得している個体群も居るとか。


写真は、そんな事を思い出させたスズメ。
いつもの都市公園に暮らすスズメは、漢字を読める知能を
手に入れたんでしょうかねw

(00:00)

2012年12月05日

121205111202-1
SONY α55 Tokina AT-X304


よく行く公園には、ネコもたくさん住み着いています。
案の定、一部の人が餌をあげていますが
「餌やり禁止」の看板はお構いなしのようですね(^_^;

鳥を探しながら歩いていて、ネコが居たりすると
ついつい撮ってしまいます。
これもスナップ写真になるんでしょうかね。

ボクは風景写真などが特に苦手で、綺麗に紅葉していても
どう撮ればいいのかわからないから、この時はネコに
助けてもらいました(^_^;

何となく、赤く色づいた季節なんだとわかりますよねw

(00:00)

2012年11月29日

121129110110
SONY α55 MINOLTA Reflex500 F8

都市公園に暮らすカワセミのいいところは、人への警戒心が低く
結構近寄らせてくれる事でしょうか。
鳥撮りの都合だけでの話ですが(^_^;
つい最近もNHKの番組で取り上げられてましたね。


この写真の使用レンズであるReflex500F8というミラーレンズも、
サンヨンを導入してから出番が減ってしまった感じですが、
その理由としては、やはりF8という暗さ、良くも悪くもリングボケの
癖の強さでしょうかね。


良い面ももちろんあって、500mmなのに圧倒的に軽量かつ
コンパクトであり、しかもαではミラーレンズ唯一のAFが効くところ
また、理論的には色収差が出ないところでしょうか。
更にはα55以降のモデルではモーターが強化されたようで
そのAF速度の向上で再び脚光をあびたレンズのようです。

手持ちで500mm、フィルター径82mmの大口径のリングが
AF時には強力なモーターでギュンギュン回るので、
ブレとの戦いでもありますね。
このレンズには三脚座が無く、やはり手持ちがメインかと。
もちろん、カメラボディの三脚穴で使用する事は出来ますよ。

F8固定の暗さでも昼の順光など、潤沢な光に恵まれれば
なかなかどうして、かなり満足させてくれる写りだと思います。

時に邪魔になるリングボケも、写真のような場面では
全く出現せず、問題無く使えますね。
他の写真では出る時には盛大に出てキモいんですけどね(^_^;


全くの余談ですが、α55ボディのファインダーから内蔵ストロボ
(普通の一眼レフのペンタ部)を横から見ると、カワセミの
横顔に似ていると思いませんか?w

(00:00)

2012年11月22日

121122120926
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


本日、11月22日は「いい夫婦」の日だそうです。

いい夫婦のようないい雰囲気のカラスをシルエットで。



121122120927
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


こちらも、いい夫婦のようないい雰囲気のメジロ。


(11:22)

2012年11月05日

121105121008
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

素潜り漁から浮上してきた鵜。
その口には身体の割には大きすぎるであろう
ヘラブナと思われる体高のある魚が!

手前のカイツブリも目を白黒させて
驚いているかのようですね。

鵜はしばらくこの獲物を丸飲みしようと
悪戦苦闘していましたが、やっぱり大き過ぎたようで
最後には諦めてリリースしてしまいました。
魚が無事だったのかは疑わしいですが(;´Д`)


鵜飼でもおなじみの鵜ですが、実は意外な弱点?が。
水鳥はその生活環境から、羽根は撥水性に優れる
ものですが、鵜は逆に撥水性が低く、潜水後はびっしょり。

撥水性が高いという事は、羽毛の隙間の空気層により
水を弾き、羽根や身体が濡れないのです。

鵜の場合、素潜り漁の為には空気層の浮力すら
邪魔になるからなのか、その撥水機能より
水中での機動性を優先したようですね。

鵜が羽根を広げて日光浴する姿をよく見かけますが
潜水後はちゃんと乾かして、マメにメンテナンスを
しているんでしょうね。



(00:00)

2012年10月11日

121011121008-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


秋の柔らかな日差しを浴びながら冬に備えてでしょうか
蜜をたっぷりと吸っている虫達。



121011121008-1
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


この時期になると、咲いている花も限られてきますから
虫たちも競争が大変でしょうね。



と、ここまで書きながらふと昨日のエゾビタキで書いた事と
矛盾した考えに気付いてしまった(^_^;
何か薄っぺらいなw

エゾビタキには虫をたくさん食べて体力を付けて欲しい反面
今日紹介した虫たちにも、たくさん蜜を吸って冬を乗り切って欲しい。
もし、冬には死滅してしまう種なら、それはそれで後に繋ぐ糧に
なって頂ければとは思うんですけどね(^_^;



(00:00)

2012年10月10日

121010120927
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


なんだか、子供が描いたお絵かきの世界のようですねw

先日紹介したエゾビタキとはまた違う公園ですが、今年は
エゾビタキの当たり年なんでしょうね。


こんなにのどかなお絵かきの中のエゾビタキですが
飛んでいる虫を空中で仕留める立派なハンターなんですよ。

このような開けた場所に突出した枝に陣取り、虎視眈々と狙いを付け
獲物を捕獲して元の枝に戻ってくる事が多いんです。


121010120927-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

と、上で言っておきながら、これは違う枝なんですが(^_^;

たくさん食べてしっかりと体力を付け、越冬地である東南アジアまでの
長い旅路を無事に乗り切って欲しいですね。

(00:00)

2012年10月09日

121009121005
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

その身体の割に大きなご馳走を咥えて飛んで来たヤマガラ。

カメラを構えて待ち伏せしているボクに気付いたら
さほど驚かない様子で樹の枝に移動して食べ始めました。

以前紹介した、地面の凍結した氷を食べるヤマガラの時もそうですが
都市公園に暮らすヤマガラは、人間慣れした個体であれば
こんなに近くで撮影させてくれるんですよね。

その事の是非は置いておいて、寄って撮らせてくれる鳥が居てくれると
警戒心が強く、300mm程度のレンズでは豆粒の様にしか写せない
鳥ばかりの後では、ちょっと嬉しくなったりします。


(00:00)