加計呂麻

2013年09月22日

130922130920a
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


加計呂麻と奄美大島を隔てる大島海峡でボートダイビングの移動中に
なにやら船尾に意味あり気な設備のある船が停泊しているのを発見。

その時はダイビングなので、一眼カメラはボートに積んでおらず
スマホと海中用のカメラで撮っておくも、豆粒ほどにしか写せず
「明日もまだ停泊していますように」と祈るばかり(^_^;

ラッキーな事に、翌日もまだ停泊していました。
加計呂麻を離れるフェリー上から、その特徴的なバックショットを
撮影するチャンスがありました。


130922130920b
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

こちらは奄美大島に渡ってからの撮影。
意外にも、停泊場所は岸から300mmレンズでギリギリ画角に
収まる距離でした。


この調査船はJAMSTECの深海調査研究船「かいれい」。
最大潜降深度7000mの潜水調査船「かいこう7000Ⅱ」の
支援母船だそうです。

詳しくは「JAMSTEC 深海調査研究船「かいれい」」で。

ローカルニュースでは、奄美でより高精細な海底地形図の測定を
しているような旨のニュースを見かけたので、恐らくその一環でしょうね。
ググってみてもソースが見つからない(^_^;


以前は護衛艦隊が停泊していましたが、海況が悪い時に海峡に
避難して来る大型船も多いそうです。
そんな時は被写体的にはラッキーなんですが、反面、海に潜るには…(;´Д`)



(00:00)

2013年06月03日

130603120522
Canon PowerShot G11


どこに何が居るかわかりますか?

画面の左下に赤い眼と大きな口がありますね。

顔だけ出して、体は砂地に潜め獲物が近くに来るのを
待ち伏せているのは、アカエソの仲間です。

わりと大きなサンゴや岩の上にちょこんと乗っかっている事も
多いのですが、このように砂地に潜って小魚が来るのを
待っている事もあるんですね。

オパールのような瞳オットンガエルで紹介しましたが
このアカエソはルビーの瞳とでもいいましょうか。
こんな目立つ瞳はアンブッシュの妨げにはならないんでしょうかねw

(00:00)

2013年03月26日

130326120522
Canon PowerShot G11


まるで船が帆を立てているように大きな第一背ビレを
持っている、その名もホタテツノハゼ。
角のように見えるのは、前鼻孔。鼻が良く効くのかな?

このホタテツノハゼも、他の共生ハゼと同じく
テッポウエビ等と共生しているんですが、エビとの
ツーショットは撮れませんでした(^_^;


(00:00)

2013年03月09日

130309120522-1
Canon PowerShot G11


凸凹な身体がまるでアルプス山脈のような事から
その名前もユキヤマウミウシ、、、かと思いきや
こちらは、パイナップルウミウシのようです。

このパイナップルウミウシの透明感や綺麗な黄色を
引き立てる為に、ハイキーでホンワリとソフトに撮りました。

…と、言いたい所ですが、実はこの時、少し深い場所で
別の被写体をしこたま粘って撮っていて、既にdecoが
出ている上に、エア残圧もガイドさんとの取り決めより
消費してる状態で、浅場に移動中に見つけたので
出会い頭的に数枚しか撮る余裕が無かったんですよね(^_^;


もっとスクーバに慣れていたら、エア消費と残圧と
減圧のペースなんかがわかってきて、焦らなくてもいいのか
もう少し余裕をもって撮ってもよかったのかがわかるかな?


このパイナップルウミウシ、以前のピカチュウウミウシ
エントリ最後の追記で書いたウミウシのように
パイナップルの匂いでもするんでしょうかね?(^^

(00:00)

2012年12月20日

121220120524-1
Canon PowerShot G11


イボハタゴイソギンチャクの下に潜り込もうとしているのは
アカホシカニダマシ。

カニダマシ?
変な名前ですよねw
姿はカニそっくりなんですが、分類上はヤドカリの仲間なんです。
と言うことはタラバガニとも仲間になるんですかね。
タラバはカニの後に「ダマシ」とか「モドキ」は付かないんですねぇ。
ズルい。が、美味いから許すw

このアカホシカニダマシ、その名前の通り赤い斑点がキレイなんですが
この個体は、体表に薄っすらとコケをまとっていて、
イマイチ美しくないですね(^_^;


121220120524-2
Canon PowerShot G11

分類上、カニでは無い事がわかるのがこの写真。
8本脚のカニより一対少ない事がわかります。
更にこの個体は右のハサミが欠損してますね(^_^;

捕食行動をしていなかったので、写真には写せなかったんですが
餌を獲る方法がなかなか面白いんです。
顔の前に畳んでいる小さい腕のような部分にウチワの骨というか
ジュディーオングのヒラヒラというか、スター錦野のビロビロというか(^_^;
そんな網を持っていて、それで流れてきたプランクトンを
捕獲して食べるようです。



いつもお世話になっているringoさんも最近のエントリ
カニでは無いカニ似のエビを紹介されていました。

生存作戦上、他の生物に似せた者もいれば、
本人達は別にそのつもりは無いのに、人間が勝手に
似てるからって、「~ダマシ」「~モドキ」とネーミングされた
かわいそうな動物たちもいるんですよね(^_^;

このアカホシカニダマシは後者でしょうかね。


この写真、ちゃっかりイソギンチャクモエビも写りこんでますねw



(00:00)

2012年11月17日

121117101120
SONY α55 SAL70300G

先日は大きなカエルで、今回はハエ。
この手の動物が苦手な方、ごめんなさい(^_^;


潜るポイントに着いて海の状況を見てから着替える前
あるいは海から上がって休憩の時などに、ちょっとした
被写体が居ると、ついつい撮ってみたり。

このハエ、メタリックなグリーンで何かキレイ。
で、ついつい…ってパターンです。


単焦点のサンヨンを導入して以来、最近はずいぶんと
出番が減ったSAL70300Gではありますが、以前の
撮影分を見返してみると、なかなか柔らかな、いい味で
写っているように思います。

被写体まで距離のある鳥撮りの場合、ズームレンズだと
暗さと解像感が辛いのですが、比較的近距離であれば
魅力のあるレンズですね。



旅行やお出かけのお供にカメラを持って行く場合と
撮影の為の旅行やお出かけの場合。
この辺が稼働かどうかの分かれ目でしょうか。

しかし、撮影目的じゃない時のお出かけには、
もうコンデジすら持ち出さなくなってたりしませんか?
携帯端末のカメラで済ませちゃいますもんね(^_^;

でも、やっぱり一眼に明るい単焦点レンズを付けて
気軽にスナップ撮影も、旅行には捨てがたいですよね。
面倒がらずに、そういう機会があれば、なるべくカメラも
持ち出してやろう思います(^_^;


(00:00)

2012年10月27日

121027120524
SONY α55 Tokina AT-X304


黒バックに鮮やかな緑のツートンカラーの世界で
ポーズを決めているのはナナフシの仲間の幼虫でしょうか。
アマミナナフシかな?

ナナフシの7は多数の意であって、特に7つの節がある訳では
無いようです。

以前紹介したのは緑の濃淡だけのモノトーンの世界
どちらかというとフワッとした柔らかい感じの世界でしたが
バックに黒が入るとグっと絵がしまりますね。



(00:00)

2012年10月24日

121024120525
Canon PowerShot G11

前にも紹介したオトヒメウミウシですが、このネオンサインのような
鮮やかな色彩がブルーバックに映えますね。


しかしまぁどうしてこんなに派手派手なんでしょうね。

一般論としては、その模様が生存に有利であったから
進化の過程でその模様の生物が生き残ってきた。
とかでしょうか。

しかし、目立ち過ぎて、とても何かに擬装できそうな気がしませんよね。

 

この模様が出来るメカニズムが、数式で現されるとしたら
ちょっとビックリしますよね。

しかも、今から半世紀以上も前に、数学者アラン・チューリングによって
模様を決める数式=反応拡散方程式が導き出されていたそうです。
当時は科学的に証明されていなかったようですが、現代では
シミュレーションによって、バク、パンダ、ホルスタイン、シマウマ等
白と黒の模様を形成するパラメータもわかっているそうです。
現代の学者によってこの数式の有用性が証明された訳ですね。

もちろん、すべての動物の模様にはあてはまらないのでしょうけど
そのうち、全ての模様の法則が数式として解読されていくのでしょうかね。

そう考えると、最近、NASAの科学者が、
「私達は未来のプログラマーによって作り出された仮想現実に生きていると証明する」
と、意気込んでいるそうですが、こんなありがちなSF空想話も
あながち、おとぎ話の中の話だけでは無いのかもしれませんねw


全くオトヒメウミウシとはかけ離れてしまいましたね(^_^;





(00:00)

2012年10月15日

121015120524
Canon PowerShot G11


このかわいらしいお花畑のような写真
実は海の中のサンゴなんです。
ウミトサカの仲間でしょうか。

こうして寄って撮ると、なかなか綺麗ですね。



(00:00)

2012年10月06日

121006120525
Canon PowerShot G11


岩の上でシダの葉のように揺らめいているウミシダ。
その姿から海藻など植物のように思えますが、筋肉や
発達した神経系を有する、れっきとした動物なんです。

中央から多数の腕が展開し、その腕にはまたまた多数の羽枝が生えていて
この腕を使って、餌を獲って食べたり、泳いだり、移動もします。
が、それほど積極的に移動する訳でも無いようで、普段は岩などに
がっしりと掴まって、流れてくるプランクトン等を捕食しているようです。

ボクは泳いでいる場面しか見た事はないんですけどね。
しかし、初めはウミシダが動物だとは思ってもみなかったです(^_^;


121006120522
Canon PowerShot G11


上の写真で、岩の上下の個体で色が違うように、色違いだけなのか
種類が違うのかわかりませんが、カラーバリエーションはじつに豊富です。

また、腕の中にはこの写真の様にリュウキュウウミシダエビ等の
エビの仲間や、ウバウオ等の魚が着いていたりします。
共生なのか、寄生なのか関係性はどうなんでしょうね。



(00:00)

2012年06月22日

120622110916
Canon PowerShot G11

ドロドロの泥底な湾奥で地味~な色だけど、立派な背びれを
広げて見せびらかしているのはイッポンテグリでしょうか?

幼魚の時は体色がもっと白っぽくてカワイらしいようですが
残念ながらまだ見た事はありません。

この時もこのポイントの例に漏れずニゴニゴに濁っていて
水面からでは数m下の海底の様子もわからずな状態。

潜って泳ぎながら被写体を探していて、コイツを見つけて
とりあえず1枚撮って浮上、海面からはすでに濁りでコイツを
目視できず、息を整えているうちに完全に見失いました(^_^;

結局、何度潜って探しても見つける事は出来ずじまいなのでした。

(00:00)

2012年06月12日

120612120525
Canon PowerShot G11

マリリンモンロー定番のカットのように、スカートがフワっと
めくれ上がって、口の部分が丸見えになっているのは
オトヒメウミウシでしょうか。

このウミウシは、このように外套膜のスカートが何度もフワっと
めくれながらもズンズンと進み、何度かシャッターチャンスをくれた
いい被写体でした。

ウミウシにも眼があるという事をどこかで読んだんですが
どこにあるんでしょうかねぇ(^_^;
全部模様のようにも思えるし、それとももっと違う場所にあるのかな?



(00:00)

2012年06月10日

120610120525
Canon PowerShot G11

いつも色んな表情を見せてくれるイシガキカエルウオですが
やっぱり梅雨入りした空模様が気になるようですねw

イシガキ君「明日は晴れるかなぁ~」


とうとうと言うか、やっとと言うか、関西も梅雨入りしました。
ジメジメは嫌だけど、雨が降らないとそれはそれで
色んな方面で困るんでしょうけどね。


我が家の防湿庫がボロいので、まさかの故障や停電に備え
念の為に除湿剤と防カビ剤を庫内に入れています。
湿度は45%±5%なので乾燥し過ぎにはならないようですね。

ウチは古い戸建てなので湿気が多くてイヤになります(^_^;

この時期、カメラやレンズのカビには気を付けましょう。


(00:00)

2012年06月09日

120609101120-2
SONY α55 SAL70300G

加計呂麻に行くといつもお世話になる宿のすぐ近所のコテツ。

この日、海に出かける時、道にアカハライモリでしょうか?
奄美固有種のシリケンイモリでしょうか? が歩いていたので
車から降りて撮影していると、トコトコっと走って来たのが
この小さな犬、コテツでした。

この時はこの子がコテツだとは知らず、宿に帰ってから
夕飯の時に、宿のお母さんから「コテツ」だと聞きました。
てっきりロングコートのチワワだと思っていましたが
どうもポメラニアンだったようです。
(もしもこの写真の子がコテツじゃなかったらゴメンナサイ…)

120609101120-1


コテツは、イモリに興味津々で、ちょっと腰が引けながらも
イモリに鼻先を近づけ、好奇心に負けてペロっとひと舐めした
次の瞬間、コテツからよだれが溢れ出ました!
イモリの体表の毒だったのでしょうかね(^_^; 
その後もケロっとしてイモリに夢中だったので、
毒は大したことはなかったようです。



タイトルの事。

先月、加計呂麻でお世話になったダイビングサービスのブログの
「お星さまになった小鉄」のエントリで、小鉄が交通事故で
亡くなってしまっていた事を知りました。
(オマージュとして、このタイトルを付けさせて貰いました)

あんなにのどかで、信号機が島に一つだけ。
しかも青黄赤の3灯じゃなく黄点滅のみ、交差側は赤点滅のみ
という、1灯の信号機しかないような交通量の島で。


ボクも以前は犬を飼っていましたし、時々脱走してしまい
追いかけても逃げ回り、2時間ほど放浪して気が済んだら
自分で帰って来ていましたが、やはり事故が心配でした。


防ぐ事が出来る事故と、不可抗力の事故。
ペットの人生?って100%飼い主に委ねられるのですから
飼い主としては出来うる限りの配慮をしてあげないといけませんね。


コテツの安らかな眠りをお祈ります。




(00:00)

2012年06月06日

120606120522
SONY α55 Tokina AT-X304

加計呂麻東端にある安脚場戦跡から海峡を挟んで奄美大島を
望んだ景色です。

大正では陸軍、昭和には海軍が奄美大島要塞の砲台として使用し
大東亜戦争では、防潜網や管制機雷を遠隔操作する金子手崎防備衛所が
建設されたようです。

とてもキレイな景色と、当時に充てられた役割のギャップに
何とも言えない気持ちにさせられます。



前回の色のミルフィーユの場所は島の最西端でしたから
色も場所もちょうど対称になりますね。

この時は少し霞がかっていて、夕焼けをいい感じに演出してくれました。




(00:00)

2012年06月03日

120603120524
Canon PowerShot G11

よくトサカ類に生息する、少し透き通ったハゼの仲間。
スケロクウミタケハゼです。

しかし何で助六なんでしょうかね?

生息環境的には無理があるけど、スケロクウミタケハゼと
オイランハゼの2ショットなんて撮れたら洒落が効いてて面白いかもねw


この写真のトサカは本当はこんな緑では無いんですが
何の具合かこんな色合いに写ってしまってます(^_^;
でもちょっと雰囲気がいいのでこのまま採用。

白っぽいトサカと底砂の反射で、ストロボの調光が難しくて
すぐに飛んでしまったり、上手く光が当たらずポリプの影になったり
透明っぽい身体ゆえコントラストが低くてピントが合わなかったり
なかなかに難しいのですが、じっとしててくれるので何度も撮り直し
させてくれるいい被写体でした。



(00:00)

2012年05月30日

120530120523
Canon PowerShot G11

サラサウミウシでしょうかね。
普通種で珍しい訳ではないようですが、この個体は触角の色がちょっと違う?
それとも割と個体差があるのかな?

ウミウシはナメクジのような感じで、素早く逃げられる事がないから
魚よりは撮影はし易いんですが、やっぱりそれなりに動いて移動するので
動きを先読みして撮影することになります。

退屈な写真にならないように撮るのはなかなか難しいですけど
キレイな体色に助けられる部分も多いですね(^_^;


(00:00)

2012年05月28日

ご無沙汰しております。

今回からは、タンクを背負ったスクーバダイビングで撮影した写真も
チョコチョコっと登場します!



120528120522-1

Canon PowerShot G11

念願のピグミーシーホース!
ピグミーと名が付くだけに、体長は1㎝も無いくらいに小さい
タツノオトシゴの仲間です。

なんとなんと、3匹のピグミーが集合しています。わかるかな?
尻尾を巻き付けてしっかりとサンゴを握っているのがかわいいですね!



120528120522-2

このサンゴの反対側からのショット。

タツノオトシゴの仲間は、オスの腹部に育児嚢があって、
そこに産み付けられた卵は孵化し、まるでオスが稚魚を
産むように見えるようです。




このような、素潜り(スキンダイビング)ではどうしても見られない、
撮影もできない深度に生息する生き物達に会う為に、たまには
タンクを背負ったスクーバダイビングも取り入れる事にしました。


その甲斐あって、念願のピグミーシーホースを見る事が出来ました!
嬉しぃ~♪



(00:00)

2012年02月13日

120213110917
SONY α55 Tokina AT-X304

外洋に面した、比較的水深の浅い砂地と、根と、
サンゴが点在する湾。
青々と茂った樹木の緑と、砂浜の白と、太陽の光を受けて
色々な種類の青色に光る海。

「これは色のミルフィーユや!」
と言ったとか言わなかったとかw

この時はずっと、台風が来るぞぉ明日は荒れるぞぉと
毎日毎日天気予報に脅されっぱなしでしたが
結局、期間中は逃げ切ったのでしたw


(00:00)

2012年01月26日

120126081203-1
Canon PowerShot A630

流れにたなびくシライトイソギンチャクの隙間から
カワイイのかカワイくないのかよくわからない顔を
出してチラっとこちらを見ているのはハナビラクマノミ。

この写真は正面顔でわかりにくいですが、身体はピンクで
もうちょっとカワイイんですよ。

このハナビラクマノミは奄美以南に生息し、写真の
シライトイソギンチャクか、センジュイソギンチャクと共生し
シライトに住むと体色が淡く、センジュでは濃くなる傾向があるようです。

熱帯魚店で展示されているシライトイソギンチャクは
名前のように、もっと真っ白で見た目にはキレイなんですが
おそらく褐虫藻が抜けてしまっているんでしょうね。
光合成能力が無くなって、健康体とは言えないように思います。
海の中では通常はこの写真のような色をしていて、
あんなに真っ白な個体は見た事がないですねぇ(^_^;


(00:00)