樹木

2014年05月12日

1405121405081
SONY α55 SAL100M28


風薫る新緑の若葉が
あなた様のようにお美しく輝き
日中は少し汗ばむほどの
季節となりましたが
五月晴れの空のように
皆様のお気持ちが
晴れやかでありますよう
お祈り申し上げます。


五月の挨拶をてんこ盛りにしてみましたが
皆さんいかがお過ごしでしょうか。




1405121405082
SONY α55 SAL100M28


そんな時候の挨拶に登場する
新緑、若葉などと表現されるのは
きっとこんな緑の様子でしょう。


あをによしと言いたいところですが
撮影場所が大阪なのでダメですね(^_^;)

 


(00:00)

2013年09月24日

130924130921a
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


樹の洞から顔を出して覗いているのは、
「日本一美しいカエル」と言われるアマミイシカワガエル。
絶滅危惧種であり、鹿児島県の天然記念物に指定されています。

さらに、沖縄本島と奄美大島にだけ生息するとされていた
イシカワガエルですが、つい2年前の2011年に論文が発表され
沖縄と奄美の個体では遺伝子的に異なる事が判明し
奄美の個体は新種と認定され、アマミイシカワガエルとして
独立したそうです。
ソースはこちら(朝日新聞DIGITAL)

本種は、沖縄種よりも金色の斑紋がさらにキレイだという事なので
まさに「日本一美しいカエル」と言えるでしょう(^ω^)


残念ながら、ボクの写真では前面しか写せず
その日本一美しい斑紋がほとんど紹介できませんが(^_^;

渓流などに生息するはずなんですが、この時はなぜか
森の中の樹の洞に居ました。すぐ下に川がある訳でも無いし
近くに小さな池はあるのですがキレイな水では無かったし。
なかなか謎なカエルですね(^ω^)



(00:00)

2013年03月14日

130314121212
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


お詫び


この記事をアップした時には、グミと紹介していましたが
グミの実では無いのでは?とのご指摘を頂きました。
公園管理事務所に問い合わせたところ、この実は
サンシュユ(山茱萸)という事がわかりました。
お詫びして訂正させていただきます。


このサンシュユですが、中国、朝鮮半島原産で
江戸時代に生薬として栽培されるようになったそうですが
実(正確には偽果)は渋くて生食には向かないようです。
鳥も食べない程マズいのかな?w

生薬として山茱萸(ヤマグミ)の名前で日本薬局方に収録され
効能としては、強精、不妊、止血、解熱などの作用があるとの事。
漢方としても珍重され、ユンケルにも配合されているようですね。

和名のヤマグミは、漢字がグミの「茱萸」と同じく「山茱萸」なので
そのままの読みですね。
しかし、同じ「茱萸」と付きますが、グミ科とミズキ科なので
近縁では無いんでしょうね?

別名では、春に木一面に黄色い花が咲く事から「ハルコガネバナ」
秋の赤い実を珊瑚に例えて「アキサンゴ」とも呼ばれるとか。



撮影場所はいつもの公園ではありますが、結構広大な公園で
東京ディズニーランドの1.4倍、東京ドーム15個分の広さがあります。
よく聞く例えですが、ボクはどっちにも行った事ないのでピンときませんが(^_^;

とにかく、かなり広い公園なので、この中でたくさん撮影した写真の中の
1本の樹の場所を覚えているかどうかなんて、その日や翌日ならまだしも
何か月も経った後では、思い出すのも大変です。
しかも公園管理事務所に問い合わせるにしても、莫大な種類の樹木がある中
どの辺りに植えられている樹なのかを説明する事も不可能ですよね(^_^;

そこで、今回役だったのがカメラのGPS機能でした。
ボクが使っているα55にはGPS機能が付いているので
撮影地の座標を、その写真に情報として残せる機能があります。
公園内での撮影場所も、地図上にピンポイントで表示できるので
管理の方にも簡単に説明する事が出来ました。
バッテリー消費や、位置情報の漏洩などの懸念も無くは無いのですが
そこは使い方次第ですね。



今回に限らず、色々な動植物を紹介する時には
種の同定を誤らないように、これまで以上に注意して
いきたいと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。



以下は当初の記事。


赤く可愛らしいグミという樹の実。

未熟で若いうちは渋みがあるそうですが、
ここまで赤く熟せば甘みが出て美味しいらしい。

でも、鳥の多い公園で、ここまで熟しても
まだ残っているという事は、渋いままなのかな?
いや、渋柿でも鳥は食べるはずだしなぁ。


撮影時は、熟すと甘く美味しくなるどころか
食べられるとか名前すら知らなかったので
1粒味見をしてみる発想もありませんでした(^_^;

ちなみに、グミとは「茱萸」と漢字もある大和言葉であり
ドイツ語でゴムを指すお菓子のグミとは関係無いそうです。



(00:00)

2012年10月08日

121008121008
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


休日のいつもの公園は、人大杉で鳥もどこかに
避難?しているようです。

そんな時は、鳥を探しつつも半ば諦めムードで
普段はあまり撮らないような被写体にも
目が行くようになりますね。



121008121008-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


日中は少し汗ばむ陽気ではありますが
確かに秋はもうそこまで来ているようですね。


(00:00)

2011年12月30日

111230111210
SONY α55 Tokina AT-X304

かわいいピンクの果実が熟して4つに割れ、中からは鮮やかな紅色の
種子が顔を出してるのは、真弓(マユミ)という樹です。

どこかで聞いた事がある名前ですねw

よくしなり強度もある事から弓の材料に使われていたのが名前の由来だそうです。
高級和紙の真弓紙(檀紙)の原料や、現在では櫛や印鑑の材料として使われているとの事。

また、新芽は天ぷらで美味しく頂けるそうですが、果実や種子には
キツい薬理作用があるようなので、絶対に食べないように。



(00:00)