2015年12月08日

15120815101623
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


どんどん登っていくと、休憩処があり
お茶や菓子を食べながら一休み出来る。




15120815101621
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


なかなか趣のあるお座敷ですね。
 



15120815101622
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


近くに植えられていた、紫のグラデーションが
特徴的な面白い実のなった樹木。 
何の木でしょうかね?

→読者の方よりコメントを頂きました。
ありがとうございました。
この樹は「紫式部」のようですね。
その中でも葉の先端の方のみに
ギザギザがある「コムラサキ」の方かも。




15120815101624
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


境内入口、楼門の手前には大きな手水舎が
ありますが、登っていくと、所々に小さな
手水舎があります。 


苔むした龍がいい雰囲気出てますね。 





15120815101611
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


これはもう少し下の方だったと思いますが
小さな鳥居が大量に奉納された塚も。
ご神体は岩のような感じ。


ここは日当たりも良く、上の樹の陰になった
大きな鳥居と、日向の小さな鳥居の明暗差が
激しいので、HDRを試してみました。

α55のHDRもそうでしたが、やっぱり
画質に少し違和感が残りますねぇ。
この写真では、両側の石垣の質感が
絵のような感じというか何というか





15120815101610
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


こんなキツネの絵馬もあり、
各々キツネの顔にアレンジして奉納。
もはや祈り事ではなく、ネタ合戦の様相w




15120815101626
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


もちろん、神社やお寺につきものの
ネコもたくさん居ます。

外国人観光客からの人気も高いです。



伏見稲荷シリーズ、もう少しだけ続きます。

 

(00:00)

2014年03月16日

1403161403161
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


植込みの中でくつろぐネコ。




1403161403162
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


300㎜の望遠レンズで植込みを前ボケに使って
ふんわりほわんわかと。




1403161403163
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


「いつまで調子にのって撮ってるニャ?」

しつこく撮ってると怒られます(ウソ)



撮影に出かけるのは、ほぼ野鳥狙いです。

が、相手が野鳥だけに、いつも撮りよい所に
居てくれる訳ではありません。


そんな時に相手をしてくれるのが
公園に居ついたノラ猫です。

鳥とは逆に人間に懐きすぎで、WD内に入ってきて
下がらないとピンが合わなくなる事もしばしばですねw

 




(00:00)

2012年12月05日

121205111202-1
SONY α55 Tokina AT-X304


よく行く公園には、ネコもたくさん住み着いています。
案の定、一部の人が餌をあげていますが
「餌やり禁止」の看板はお構いなしのようですね(^_^;

鳥を探しながら歩いていて、ネコが居たりすると
ついつい撮ってしまいます。
これもスナップ写真になるんでしょうかね。

ボクは風景写真などが特に苦手で、綺麗に紅葉していても
どう撮ればいいのかわからないから、この時はネコに
助けてもらいました(^_^;

何となく、赤く色づいた季節なんだとわかりますよねw

(00:00)

2011年12月31日

111231101210
SONY α55 SAL70300G


本年は大変お世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。

よいお年を!

(20:00)

2011年12月29日

111229110310
SONY α55 MINOLTA Reflex500 F8

知能が高い事でも有名なカラスですが、なるほどと思う事がありました。

カラスが輪ゴムを咥えているのがわかると思います。
黒猫が歩いているのを追いかけながら、ネコの尻尾を狙ってこの輪ゴムを
引っ掛けようと何度も何度も輪投げのように遊んでいました。

ネコは「いい加減にしろ!!」という風に、あまりにもカラスが接近し過ぎた時には
写真のように振り返って威嚇しますが、本気で攻撃しているようでもありません。

カラスもその時はちょっと距離を取りますが、すぐに再開するのです。

カラスはテリトリー意識が強いのですが、輪ゴムを何度も咥えて尻尾に
引っ掛けようとする様子から、テリトリー防衛の攻撃をしている訳では
無いように思えます。

他の動物をからかって遊んでいるのなら、なかなかの知能ですよね。


写真はレフ500なので、いつもながら背景のリングボケが凄まじいですねw


(00:00)

2010年03月10日

100310091222
Xacti C6

猫である。
名前は…もうある。
シュヴァルツシルトだ。
                :
                :

午前中に潜った後、昼食を食べに寄った公園に居たネコ。
下品なベタ慣れでもなく、かと言って全く寄せ付けないでもない。
手が触れる距離でありながら、適度な距離感で遊んでくれた。

この日は、厚い雲に気まぐれに晴まが差すような空模様。
この時もどんよりとした雲が空を覆っていたのだが、
ネコが見つめる先の空は、雲の切れ間から青空が少し顔を出した。

その先に何を想い、何が見えたのか
ネコは意を決したように、歩き出した。



よし、行こう。

いつまでもここに留まっている訳にはいかない。
ボク達も次の目的地を探す為、車に乗り込んだ。
スルスルと静かに動き出した車の窓に
ポツポツと小さな雨粒があたり始めた。


あのネコは雲の切れ間の向う側に何を見たのだろう。
或いは見る事すら不可能な地平線だったのかもしれない。


何かの暗示かただの偶然か。
ボク達は答えを見つけられないまま
この地を後にした。

                 :
                 :

な~~んチてw 思わず物語ってしまいそうな
含みのあるキレイな眼を撮らせてくれたネコでした。
きっと野良ネコだけど、餌は近所のばっちゃんに
ご飯の残りでも貰っていそうな感じでした。




(01:01)