船舶

2014年04月18日

1404181310201
SONY α55 SAL1855


本日、日テレ系で、昨年放映の劇場版コナン
「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」
という映画が放送されました。

海上自衛隊の完全協力で作製された
舞鶴海上自衛隊のイージス艦を舞台にした物語。


コナンの道具など通常のトンデモ設定は別として
妙にリアルな部分と、ありえない部分が混在していて
子供向けのアニメとは言え、それでも楽しめましたよ(・∀・)

CICを一般人が見学!?!?ってツッコミは置いておいて
訓練から不審潜水物接近の件のやり取りを
子供や、護衛艦や用語などの予備知識の無い
ママさん達がどれくらい理解できたんでしょうね。
というか、何を言ってるか聞き取る事すら
困難だったでしょうね

でも、自衛隊協力なので、視聴者層と乖離のある
そんなシーンでも、リアルかつ長時間の尺を割いてたり。
監督は微妙な気分だった事でしょうw




1404181310202
SONY α55 SAL1855



コナンで登場したのはDDG170「ほたか」という架空の艦ですが
実際の舞鶴には、イージス艦ではDDG175「みょうこう」と
DDG177「あたご」が所属しています。


写真は、昨年秋に見学に行った時の物ですが
残念ながら、177あたごは改修工事でドック入りしていました。

 

1404181310203
 SONY α55 SAL70300G


海に落ちた蘭の捜索にも活躍した艦載ヘリSH-60K。
他に、60KのベースとなったSH-60Jもあります。

 
一度は展示訓練の体験航海に参加してみたいものです。
潜水艦も見てみたいですね。


この映画、ちょうどレンタルして観たくて、レンタルショップの
会員になるかなぁと思案してるところでした。
ラッキー♪

 

(00:00)

2014年03月15日

1403151310201
SONY α55 SAL70300G


滑り台にセットされたカプセルのような乗り物
何だかわかるでしょうか。


  
1403151310202
 SONY α55 SAL1855


こんな大きなタンカーのような船舶の脱出用のボートなんです。
従来は、ワイヤーでつり上げ下げをする物が多いようですが
これは、フリーフォール型という自由落下するタイプ。



1403151310203
 SONY α55 SAL1855


このように、海面に滑り落ちる形にセットされていて
このボートに乗り込む時は、海の方に背中を向けて、
つまり進行方向とは逆向きに乗り込み、ベルトで固定。

何重ものロックを解除して離脱操作をすると
フリーフォールの名前の通り、海面上20m前後でしょうか
そんな高さから海に向かって一気に滑り落ち
トラブルのあった母船から位置エネルギーのみで
すみやかに離脱できるんですね。

ワイヤー式だと、電源を失うとウィンチが駆動できないし
手動にしても相当な時間と労力が必要な事を考えると
少し乱暴に思えるこの装置にも納得がいきますね。


1403151310204
SONY α55 SAL1855


こちらもかなり大きな輸送船ですね。



1403151310205
SONY α55 SAL1855


やっぱり、フリーフォール型のライフボートを装備していました。

こんなタンカーのような大型船舶は、その大きさに比べて
圧倒的に乗組員が少ないから、このようなライフボートが
向いているんでしょうね。


出来れば、このライフボートのフリーフォールを
味わう事が無い方がいいのでしょうけど、
例えこの船舶にトラブルが無くとも、定期点検や
操練で味わう事になるんでしょうか。


それにしても
着水時の衝撃ってどんなものなんでしょうねぇ。

 

(00:00)

2013年09月22日

130922130920a
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


加計呂麻と奄美大島を隔てる大島海峡でボートダイビングの移動中に
なにやら船尾に意味あり気な設備のある船が停泊しているのを発見。

その時はダイビングなので、一眼カメラはボートに積んでおらず
スマホと海中用のカメラで撮っておくも、豆粒ほどにしか写せず
「明日もまだ停泊していますように」と祈るばかり(^_^;

ラッキーな事に、翌日もまだ停泊していました。
加計呂麻を離れるフェリー上から、その特徴的なバックショットを
撮影するチャンスがありました。


130922130920b
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

こちらは奄美大島に渡ってからの撮影。
意外にも、停泊場所は岸から300mmレンズでギリギリ画角に
収まる距離でした。


この調査船はJAMSTECの深海調査研究船「かいれい」。
最大潜降深度7000mの潜水調査船「かいこう7000Ⅱ」の
支援母船だそうです。

詳しくは「JAMSTEC 深海調査研究船「かいれい」」で。

ローカルニュースでは、奄美でより高精細な海底地形図の測定を
しているような旨のニュースを見かけたので、恐らくその一環でしょうね。
ググってみてもソースが見つからない(^_^;


以前は護衛艦隊が停泊していましたが、海況が悪い時に海峡に
避難して来る大型船も多いそうです。
そんな時は被写体的にはラッキーなんですが、反面、海に潜るには…(;´Д`)



(00:00)

2011年12月13日

111213110915-1
SONY α55 Tokina AT-X304

真珠湾攻撃により大東亜戦争へ突入してから70年。

あの戦争の何が良い悪いなどとても簡単には言えません。




この写真は軍艦ではなく海上自衛隊の護衛艦。
しかしこのシルエットと旭日旗は、ものものしさが拭えませんね。

111213110915-2
SONY α55 Tokina AT-X304

156せとぎり、後部にヘリコプターが格納されています。




「四方の海 皆同胞と思ふ代に など波風の立ち騒ぐらむ」

日露戦争時の明治天皇の御製。
開戦直前の御前会議で昭和天皇も詠んだ。


(00:00)

2010年02月22日


先週末に、ブラっと写真を撮りに行って来ました。

つい最近購入した、キヤノンのPowerShot G11という
コンパクトデジカメでとにかく何か撮ってみたかったんですw


さて、このモザイクの様な写真は何でしょう?

mosaic
Canon G11



上の写真の答えはコンテナ船から降ろされたのか、これから積み込まれるのか
アートのように山積みされた、世界を縦横無尽に巡るカラフルなコンテナ達。

ここは、神戸のポートアイランドにあるコンテナターミナルです。



全貌はこんな感じ。

mosaic2



星が写っているのがわかるでしょうか?
この写真、夜に撮ったんですよ。

凄く寒かったです。



そして、このコンテナ達は巨大なUFOキャッチャーの様な
ガントリークレーンで、コンテナ船へ積み下ろしされます。
gantry crane




今回使った三脚が小さくて、フェンス越しの撮影等で高さが足らず
かなり泣かされました。 ホムセンで売っている数千円の簡易な
三脚しか持っていなかったので、三脚も新調へ!?

この話はまた今度w



(01:01)