蝶の仲間

2012年10月11日

121011121008-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


秋の柔らかな日差しを浴びながら冬に備えてでしょうか
蜜をたっぷりと吸っている虫達。



121011121008-1
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


この時期になると、咲いている花も限られてきますから
虫たちも競争が大変でしょうね。



と、ここまで書きながらふと昨日のエゾビタキで書いた事と
矛盾した考えに気付いてしまった(^_^;
何か薄っぺらいなw

エゾビタキには虫をたくさん食べて体力を付けて欲しい反面
今日紹介した虫たちにも、たくさん蜜を吸って冬を乗り切って欲しい。
もし、冬には死滅してしまう種なら、それはそれで後に繋ぐ糧に
なって頂ければとは思うんですけどね(^_^;



(00:00)

2010年12月18日

101218101120
SONY α55 SAL70300G

昨日の「この冬一番の冷え込みに秋を思ふ」ではキットレンズのSAL55200-2に
クローズアップレンズでなんちゃってマクロにしていましたが、今回の写真は
SAL70300G単体でのなんちゃってマクロです。

300mmのテレ端でも最短距離1.2mで撮影出来るので、そこそこ
大きく映す事ができます。しかしテレ端、開放、手持ち、日陰とくれば
やっぱりピントはシビアになりますね。手はプルプル震えますしw

さて、このリュウキュウアサギマダラという蝶ですが、幼虫期にはガガイモ科の植物を
餌にしていて、成虫になってもその頃のガガイモ等に含有するアルカロイドを
体内に蓄えている為、鳥など外的に襲われないそうです。
ちなみに、リュウキュウアサギマダラは移動性は無く生息北限は奄美諸島までで、
それより北に居た場合はただの迷蝶だそうですw




(01:00)