野鳥

2014年07月28日

1407281407110
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ


今年のブッポウソウも、巣箱の中の雛のために
餌の昆虫を捕まえてはせっせと運んでいます。

この写真は、SONYのAマウントのサンヨンと
1.4倍テレコンを、マウントアダプタを使って装着し
35mm版換算で840mm相当の画角で5コマ/秒連射で撮影。


MFと、絞り値も目分量でしか設定出来ないけど
このようなカメラ固定の待ち伏せ系なら
GX7とサンヨン+x1.4テレコンでも
何とかなる感じですね。

ただ、こんな場面ではもう少し連射コマ数が
欲しくなります。




1407281407111
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ


そこで。

カシオのコンデジかよ!
ってツッコミも聞こえて来そうですが
40コマ/秒の超高速連射モードを試してみました。

この超高速連射モードでは、撮影サイズが
S(2272x1520)に固定されてしまい
電子シャッターのみでの撮影になるので
このような動体では像が歪んで写ってしまう
コンニャク現象が起こりがちですが
歪んだ写真は諦めると割り切れば
なかなか面白い機能です。

1枚目のフォーカルプレーン(普通のシャッター)
では、広げた翼の形がイマイチ決まらない
写真しか撮れていなかったけど、8倍の密度で
撮れるこのモードであれば、歪んだ写真は排除しても
形が決まったポーズの瞬間が撮れている確率、
歩留まりも上がる可能性があります。

この写真では、残念ながら構図が失敗してますが(^_^;)




1407281407113
Panasonic GX7 AF300mmF4G


また違ったポイント。
かなり遠い、林立する中の端の樹のてっぺんで
周囲を警備するブッポウソウ。

これは肉眼ではクチバシのオレンジがかすかに見えるだけで
望遠レンズ付けたカメラで確認して初めてブッポウソウが
居ることがわかるくらい遠いです。

GX7+サンヨン(換算600mm)でもこんなに豆粒。



1407281407114
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ


GX7+サンヨン+x1.4テレコン(換算840mm)でも
まだこんなに小さい。

光線状態がコロコロ変わっているので
WBは気にしないでください(^_^;)



1407281407115
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ
+デジタルズーム2倍


そこで、どれくらい実用になるのか試してみたかった
デジタルズームの2倍(換算1680mm)

感じ方には個人差があるでしょうが、ボクにとっては
これはナシの方向で(^_^;)

これなら、普通に撮った後でトリミングで対応しますね。



1407281407116
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ
+デジタルズーム4倍


ははは!
これは笑うしかない(換算3360mm)

懐かしのSANYO Xacti C6の酷い時並みですね(^_^;)
ブッポウソウの写真と言われれば、そんな風に見えるかも
…みたいな(^_^;)



1407281407112
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


結局出なかったヤマセミ待ちの暇つぶしに
ひょっこり出てきてくれた小さなカマキリ。

橋の下を流れる川を背景にポーズを
決めてくれました。
が、やはりこんな時はもう少し寄って撮りたいね。



(00:00)

2014年07月25日

1407251407111
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


ブッポウソウを観察するポイントに向かう途中で
いつも寄り道する道の駅。

スタッフやお客さんが頻繁に行き来し
簡単に手が届くような所にも営巣しています。

これが、飼育や餌付けされた野鳥ではなく
渡り鳥なんですから、ツバメと人間の関係性が
よくわかりますね。



1407251407112
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


 親鳥が虫を捕って来るのを待ちわびてます。

これらは、20㎜のレンズで撮影。
35㎜換算で40㎜です。
望遠レンズでなく標準域でも普通に撮れてしまう。

それくらい、人間に対して警戒心が薄いんですね。



1407251407113
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


これも売り物。
鉢植えのブルーベリーでしょうか。

ほぼ最短撮影距離で狙っていますが
最大撮影倍率0.13倍なのでこの程度の
接写が限界です。


マイクロ4/3のGX7を導入して1か月程ですが
思ってたよりホント凄くよく写りますw(゚o゚)w 

こうなってくると、レンズキットでセットになっていた
20mmF1.7しかレンズが無いっていうのが
物足りなくなってきますね(^_^;)




1407251407114
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


ビッシリと並べられた立派なスイカ。

こんな立派なスイカを丸々買っても
冷蔵庫には入りませんね(^_^;)
冷たい湧水や井戸水で丸ごと冷やして
食べてみたいですね。





(00:00)

2014年05月25日

1405251405221
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


岡山県吉備中央、いつものエリアに行ってみたら
今年も渡って来ていたブッポウソウ


この時期は、パートナーを探して営巣の準備です。
この2羽は、まだペアとなれるか見極め中の様子。

付いたり離れたり、呼んでみたり。





1405251405222
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


時にはこんなに寄り添う事も。

求愛給餌やラブゲロの様子は観察できなかったので
もう一息なのかな?

この2羽がうまくペアリング出来るといいですね。





1405251405223
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


こちらのペアは、この巣箱を見極め中でしょうか。

時々中に入っては出を繰り返し
周辺の様子を伺って、モデルルームを物色中。


これから約3か月の間、この地域で子育てし
十分に体力をつけて、ボルネオなど東南アジアへの
長旅に飛び立ちます。


 

(00:00)

2013年08月21日

130821100725
Canon EOS kiss X3 EF-S55-250mm F4-5.6 IS


本土で見るアカショウビンより紫色が強い亜種、リュウキュウアカショウビン。

そもそもコンデジだけで頑張っていたボクが、一眼レフカメラを借りて行って
一眼カメラを買うキッカケとなった奄美撮影の時の写真です。

それまでは、陸上ではSanyoのXacti C6というムービー特化型のコンデジを使っていましたが
やっぱり写る画像は、生物名を言われれば何とかそういう風に見えますね程度でした(^_^;
Xactiの名誉の為に言うと、マクロ域近距離では問題ありませんでしたよ♪


そりゃあ、一眼でも楽では無い夜の山での野生生物の撮影。
コンデジでは当然無理がありますよね。


こう見るとキヤノンのエントリーモデルのキットズームレンズも悪くないですね。
250mmのテレ端で、トリミング無でこれだけの大きさで撮れるほどの
近距離だったので、条件的にはラッキーだったのですが、ハンドライトと
内蔵ストロボでこれなら、納得ですかね。


今の僕の一眼カメラα55もエントリーモデルですが、サンヨンと外部ストロボがあるので
もう一度撮影したいのですが、あれ以来アカショウビンを発見できず。



130821120523
SONY α55 Tokina AT-X304

そしてやっと、しかも昼間(と言うか早朝の)アカショウビンを撮る
チャンスが来たのですが(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)

何ですか、これは…

これではXacti時代に逆戻りでした。
逆光、遠い、枝被り、と悪条件ではありましたがコレは酷い(;´Д`)

どこに居るかわかりますかね?
わからなければそれはそれでいいです。
その程度にしか写ってませんからw


今度こそ太陽光の元でアカショウビンを撮ってみたいものですが
昼間は海に潜っているのでなかなか難しいジレンマです。

(00:00)

2013年07月04日

130704110626
SONY α55 Tokina AT-X304


以前にも紹介しましたが、鳥は水浴びが好きなようです。
スズメは、水に限らずよく砂浴びもしますね。

路面に残った水溜りを見つけて、豪快にあげた水飛沫が煌めき
水面に映ったあじさいが、いい感じに彩りを添えてくれました。



(00:00)

2013年05月31日

130531120520
SONY α55 Tokina AT-X304


トラツグミの亜種オオトラツグミは奄美大島と加計呂麻島にのみ生息する
固有種で、絶滅危惧種でありもちろん国の天然記念物である。


「特集 奄美大島が熱い!」というサブタイトルに惹かれ
1996年7月号のBIRDER誌(バードウォッチング専門誌)を
ヤフオクで入手しました。

この号の記事によると、島内は100羽ほどの生存数だという事で
奄美固有種なので、大袈裟にいうと地球上に100羽しか居ない状態でした。

現在では回復傾向にあり、300羽以上のさえずりが確認されたそうです。


奄美野鳥の会によると奄美にもトラツグミが冬鳥として渡って来て越冬するので、
留鳥のオオトラツグミと区別が難しくなりますが、5月の下旬であれば冬鳥である
トラツグミは抜けているので、この写真はオオトラツグミ、のはずである(^_^;

見分け方は、やや大型である、嘴が少し太い、脚が少し黄色い
上尾筒の黒班がイカリ型など、トラツグミと並べてみないと
わかりにくいし、上尾筒は下からのアングルでは確認不可。
 
一方、さえずりはトラツグミとは全く違うので、各地に配置された
調査員が同一時間帯に鳴き声をカウントし、個体数の確認にも
利用されるようです。



(00:00)

2013年04月29日

130429110421-2
SONY α55 Tokina AT-X304


嘴いっぱいに苔を咥えたシジュウカラ。
苔なんか美味しいのでしょうか?


川辺にある大きな岩の面に、ビッシリと着いた苔を
嘴でむしって集めては飛んで行き、また戻って来ては
むしり取って行く。

長期間かけて育ったであろう岩肌の苔は、大部分を
剥がされてしまい、その様子は何とも無慈悲。


このシジュウカラは何をしているのかと言うと…


130429110421-1
SONY α55 Tokina AT-X304


この川の石垣の隙間に運んで来ていました。
こんな所に巣作りをしていたんですね。
苔をベッドにしているようです。

エナガが盛んにクモの巣を集めている事がありますが
あれもおそらく巣作りに使っているんでしょうね。


しかし、この隙間はかなり水面に近いですが、梅雨時に
増水して水位が上がったらマズくないの?

ヘビが居たら簡単に侵入されそうだし。

大きなお世話でしょうけど、ちょっと心配ですね(^_^;



(00:00)

2013年04月01日

130401110127-1
SONY α55 SAL70300G


エイプリールフールという名前の鳥。

と言うのは真っ赤な嘘で本当の名前はアカウソ。

以前もこんなネタをやりましたが、以前紹介したのは
ウソで、今回は亜種であるアカウソです。
胸から腹にかけてキレイな赤色をしてますね。

他には亜種ベニバラウソも居るそうなんですが
残念ながら、まだ見た事はありません。
もっと紅色なのかな?


130401110127-2
SONY α55 SAL70300G


普通のウソは国内で繁殖もするのですが
こちらのアカウソは冬鳥として渡来します。
北海道では繁殖例もあるそうです。

そろそろ冬鳥が旅立ち、夏鳥の先発隊が入って来たりで
ちょうど渡りの端境期、渡り鳥の交差点になるんでしょうね。


(00:00)

2013年03月24日

130324121212-1
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


それ以上我が領域を侵犯し撮影を続けるなら
正義の柿による無慈悲でせん滅的な打撃で
断固として懲罰するニガァ~!


130324121212-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


第2、第3の、予想もつかない柿の稲妻で
容赦ない粉砕をするニガァ~!


130324121212-3
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


…脅しじゃないニガァ(;´Д`)

食糧が欲しい訳じゃないニガァ(;´Д`)


(00:00)

2013年03月12日

130312130224
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


この時期、どこででも見られるツグミは亜種ツグミで
この写真のツグミは亜種ハチジョウツグミ。

じゃ、本流の?ツグミってどんなの?と思って調べても
イマイチよくわかりません(^_^;

ま、とにかく普段よく見るツグミは亜種ツグミだそうで
それなら余りにも普通に居るので、それほど気に留める
事はないんですよね。普段は。

しかし、この時はどうも色が違う。
地面をついばみながら移動し、羽の先を落とした
立ち居振る舞いはツグミそのものなんだけど
何か違和感が。

と思って撮って調べてみたら、ハチジョウツグミという、
背は茶褐色で腹の班などが赤みのあるレンガ色をした
ツグミの亜種である事がわかりました。
と言っても、このハチジョウツグミも凄く珍しい訳では無い様子。


ハチジョウツグミはもっと赤班が多く赤みの強い
個体も多いようですが、体色には個体差が大きい。

更には亜種ツグミとの交雑もあり、赤みが少ない個体は
半分だけハチジョウで、揶揄して四畳半と呼ばれる事も
あるそうですね(^_^;
四畳半島といえばスネオの別荘地ですねw

名前の由来は八丈島で捕獲された事からだそうですが
別に八丈島原産と言う訳でなく、シベリアから中国、日本へ
渡って越冬する冬鳥です。

昔はよく食べられていたそうですね。
とても美味しかったそうですが、今では野鳥の捕獲自体が
禁止されています。

(00:00)

2013年03月08日

2013030820130228
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


先日のまん丸なルリビタキでも川辺の岩場でしたが
今回の写真は、より水際で、まるでセキレイのようですね。

水の中には入りませんでしたが、ルリビタキってこんなに
水際まで来るんですね。


(00:00)

2013年03月04日

2013030420130228-1
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


先日紹介したレンジャクですが、ナンテンの実を食べている
場面を紹介したように、普段は色々な木の実などを
主に食べる、草食系な傾向がありますが、繁殖期には
昆虫も食べるようです。

昆虫食の時は主に空中捕食だそうです。
この写真のヒレンジャクの上空に、3匹の蚊の様な
羽虫が飛んでいるのがわかるでしょうか?
視線からすると左の虫にロックオンしてますね。


2013030420130228-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

この写真では羽虫は1匹だけですが、大きく嘴を開けた先に
ロックオンされた羽虫が居るのがわかるでしょうか?

1枚目の写真の様に狙いを付け、ヒョイと飛び上がって
パクっと食べてしまいました。

2013030420130228-3
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

タイトルでは「狩り」と大袈裟に書きましたが、
実は結構お手軽な感じですね(^_^;



(00:00)

2013年02月27日

2013022720130225-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


今期初、久しぶりにキレイな瑠璃色に成長した
成鳥のルリビタキのオスを見る事が出来ました。


ジョウビタキと近い種だと思うんですが、スタイルというか
シルエットが、ルリビタキのほうが丸いような気がします。


2013022720130225-1
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

どうでしょうか?
丸いでしょ?

わかりにくいですかね(^_^;


2013022720110324
SONY α55 Tokina AT-X304

日時も場所も全く別の写真ですが、
これならどうでしょうか。

まん丸でしょ?(笑)

真正面から見るとおもちゃみたいですよねw


(00:00)

2013年02月25日

2013022520130225-1
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


頭頂部に黄色い菊の花弁のような冠羽がある事から
その名前が付いたという、キクイタダキ。

日本で最小の鳥だそうで、ホントに小さいです。
メジロをもっと身軽にしたような感じでしょうか。

小さいし、とにかくジっとしている事がなく、常にちょこまか動きまくり。
メジロやエナガの群れも、かなりせわしなく動き回りますが、
キクイタダキは「更に倍!」ってくらい一時も止まってくれません(^_^;


2013022520130225-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


ピンが来てませんが、正面顔はマンガの絵のようでユニークですねw


北海道など寒冷地では繁殖するようですが、本州の平野部では冬鳥。
ボクが見たのは、今回が初めてです。もう少しちゃんと撮りたかった(^_^;

とにかく遠くて、初めはメジロかな?と思いましたが、
飛び方や行動がメジロとは違いました。
ホバリングに近いような飛び方で、おそらく空中で
虫をキャッチしているんだろうと思います。


頭の黄色い模様、こんな柄のヘルメットって無かったっけ?w


(00:00)

2013年02月24日

2013022420130224-1
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G 


←の指示通りに左向きに連なったレンジャク。

尾の先が赤いヒレンジャクが多いですが、黄色いキレンジャクも
少数ながら混ざっています。


2013022420130130-Rz10
PENTAX OptioRZ10(親父がコンデジで撮影)


この写真は、親父撮影のものを拝借。

1月末頃には何百という群れが来て、その当時は
車や門扉などへの糞害が凄かったそうです(^_^;

今日では群れは分裂したのか数十羽というところでしょうか。
1枚目の写真の3~4倍ほどの数の群れが残っているだけのようです。

ちなみに、1枚目の←矢印のアンテナは、2枚目の写真の
左下に写ったお宅のアンテナの上段部分です。


2013022420130224-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


中央手前の固体が、尾羽の先が赤いヒレンジャク
奥の固体は尾羽を広げているのでキレンジャクだとわかりやすいですね。


2013022420130224-3
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

ナンテンの実を見つけて斥候役が降りてきたところ。

レンジャクは、それほど珍しい渡り鳥でもないのですが
家から撮影出来るほどの場所に来たのには、ちょっとテンションあがりますね(・∀・)

少し前にはキジが出たり、モズやジョウビタキは今日も庭で狩りをしていました。
岡山の実家はなかなか楽しめる場所です(・∀・)


(00:00)

2013年02月22日

2013022220110320-1
SONY α55 MINOLTA Reflex500 F8


頭部にピンと立った冠を持ったタゲリ。

ケリであれば、刈取り後の田んぼや畑で割とよく見かけますが
このタゲリはなかなか会えた事がありません。

特徴のある換羽を持ち、背中と翼上面は金属のような光沢があり
光線によって虹色に輝き、一見してこの種だとわかります。


2013022220110320-2
SONY α55 MINOLTA Reflex500 F8


ユーラシア大陸に広く分布し、日本には越冬の為に渡って来て
このような水田や干潟を好み、ミミズや昆虫を食べているようです。


この500Refレンズは、このようにバックがゴチャゴチャとした
場面では、後ボケがザワついてちょっと苦手ですね。

(00:00)

2013年01月28日

130128121212
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G 


凛としたブルーの世界を、音も無く滑るように
連れ添って進む鴨のペア。

まるで、夜明け前の世界ようですが実は14時頃。
ちょうど日陰になっていたのがプラスに出て
いい雰囲気になりました。

このセキレイ時と同じ、いつもの公園ですが
ここの池は時として、とても魅力的な色世界に
写ってくれます。

(00:00)

2012年12月18日

121218110128
SONY α55 SAL70300G


都市部に生息するカラスは、山間部のそれと比較すると
脳も発達していて、頭が良いそうです。

寺や神社の賽銭箱から硬貨を選択して取り出し、公園に咥えて来て
鳩用の餌の自販機に硬貨を投入してレバーを引き、餌を出して
食べるという、京都大学霊長類研究所のチンパンジーかと思うほどの
知能を獲得している個体群も居るとか。


写真は、そんな事を思い出させたスズメ。
いつもの都市公園に暮らすスズメは、漢字を読める知能を
手に入れたんでしょうかねw

(00:00)

2012年12月12日

121212121123-1
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G + 1.4xTeleconverter APOⅡ


なかなかに派手派手なこの大きな鳥はキジのオスです。

しかし驚くのは、この写真、実家の2階のベランダからの撮影なんですw
岡山の新興住宅地で、家の隣接にまだ更地のままの区画が残っていて
草が茂っているので、やってきたんでしょうね。

起床してカーテンを開けて、ふと目に入って来たのがこのキジでした。
慌ててカメラを用意して取りあえずは、ベランダからパチリ。



121212121123-2
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

その後は、もう少し近くで撮りたくて、庭に移動して撮影。
右にはぶら下がったタマネギ、奥には近隣の家のブロック塀が
見えているでしょ?
普通に住宅地にヒョッコリ出てきたんです(^ω^)


大阪でも河川敷にキジは居るんですけど、なかなか
運が悪いのか撮影出来なかったんですが、まさかの
実家のベランダからとは(^_^;


(00:00)

2012年11月29日

121129110110
SONY α55 MINOLTA Reflex500 F8

都市公園に暮らすカワセミのいいところは、人への警戒心が低く
結構近寄らせてくれる事でしょうか。
鳥撮りの都合だけでの話ですが(^_^;
つい最近もNHKの番組で取り上げられてましたね。


この写真の使用レンズであるReflex500F8というミラーレンズも、
サンヨンを導入してから出番が減ってしまった感じですが、
その理由としては、やはりF8という暗さ、良くも悪くもリングボケの
癖の強さでしょうかね。


良い面ももちろんあって、500mmなのに圧倒的に軽量かつ
コンパクトであり、しかもαではミラーレンズ唯一のAFが効くところ
また、理論的には色収差が出ないところでしょうか。
更にはα55以降のモデルではモーターが強化されたようで
そのAF速度の向上で再び脚光をあびたレンズのようです。

手持ちで500mm、フィルター径82mmの大口径のリングが
AF時には強力なモーターでギュンギュン回るので、
ブレとの戦いでもありますね。
このレンズには三脚座が無く、やはり手持ちがメインかと。
もちろん、カメラボディの三脚穴で使用する事は出来ますよ。

F8固定の暗さでも昼の順光など、潤沢な光に恵まれれば
なかなかどうして、かなり満足させてくれる写りだと思います。

時に邪魔になるリングボケも、写真のような場面では
全く出現せず、問題無く使えますね。
他の写真では出る時には盛大に出てキモいんですけどね(^_^;


全くの余談ですが、α55ボディのファインダーから内蔵ストロボ
(普通の一眼レフのペンタ部)を横から見ると、カワセミの
横顔に似ていると思いませんか?w

(00:00)