2015年11月10日

151110150925711
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


勝尾寺の境内の池にはたくさんの錦鯉がいて
餌やり場では有料で餌をあげることが出来ます。

餌を投げ込むと、このパニックです!




151110150925715
  Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


 観光客にいつも貰ってるだろうに
まるで飢餓状態のピラニアかのように
それはもう大騒ぎです。




151110150925714
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8



「食い物はどこだ~!」





151110150925713
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


「俺にもくれよぉ~」




モニタをチルトして水面ギリギリで撮っていたら
カメラを持つ指を咥えられそうになります。

水しぶきや水没に、カメラやレンズは要注意。 




151110150925712
  Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


餌が無くなって、もう貰えないのだと悟ると
喧噪もおさまり、強欲の塊は解けて分散し
熱は冷め、エントロピーは増大していきましたとさ(笑) 

(00:00)

2014年03月23日

1403231403201
SONY α55 SAL70300G



おしどり夫婦という言葉があるくらいですから
やっぱりペアが似合いますね。

ペアでになってるのがわかるでしょうか?




1403231403204
 SONY α55 SAL70300G



何やら、しっかりアピールしている感じですね。



鳥のオシドリ夫婦って、実は毎年パートナーは変わりますw
細かい事を言うと、人間の夫婦にこの言葉を使うのは
相応しくなかったりして



1403231403203
SONY α55 SAL70300G


鯉 「ちょっと通りますよ」



 水面の乱反射対策にPLフィルターを使っていますが
効かせ具合がなかなか難しいですね。
特に今回のように光量に恵まれない条件では
トレードオフになってしまいます。

さらに、こんなドジはボクだけかもしれませんが
効果を調整する為にあーでもないこーでもないと
クルクル回してると、フィルターが外れて池にポチャン、と

地面に落とすと割れてしまってたでしょうし、
こんな施設の池なので指先を入れるだけで回収でき
すぐに水道水と手の消毒用のアルコールまであったので
その後も使えたので凄く助かりました
いい勉強になりました。

(00:00)

2014年03月21日

1403211403201
SONY α55 SAL70300G



雨の中でたたずむオシドリ。


とても警戒心が強く、自然界でこれだけの画角で撮影するのは
機材や長期のアンブッシュなど、並大抵の事では無いでしょう。


しかしここは、神戸花鳥園のオシドリ池なので撮り放題!




1403211403202
SONY α55 SAL70300G



かといって、この雨の中の低光量下では
ボクの機材ではちょっとキビしいのは否めませんねぇ。
ISO3200まで使えたらなぁ、とか、F2.8ならなぁとか


でも、雨の日は全てのものがシットリとして
独特の雰囲気が好きだったりもします。





(00:00)