A630

2013年06月24日

130624080928-1
Canon PowerShot A630


先日のスッポンのエントリで「陸ガメの方がかわいいなぁ」みたいな
発言をしましたが、日本では野生のリクガメを見る事が出来ない。
が、リクガメに近いのがこのヤエヤマセマルハコガメでしょう。
石垣島と西表島にのみ生息し、もちろん国の天然記念物です。

セマルハコガメはイシガメ科でありリクガメ上科である。

何だそれ?

イシガメ科はヌマガメ科に属していたが、ヌマガメ科よりもリクガメ科に
近縁として独立科とする説が有力。
だそうだ。

何だそれ??

分類は置いておいて、このドーム状にもっこりとした甲羅のフォルム。
やっぱりスッポンよりも可愛らしいですよね(^ω^)

上の写真は、石垣島の道路を横断中のセマルハコガメを発見し
思わず車を停めてパシャリ! 

130624080928-2
Canon PowerShot A630


通行量は少ないけど、やっぱりこんな所を歩いていては危険です。

いくら、その名前の通り、危険が迫ると頭と手足を甲羅に引っ込めて
更に、腹甲にある蝶番により、ハコの様に甲羅をほぼ完全に
閉じることが可能でも、車が相手ではとても防御しきれませんよね(^_^;

上の写真から、頭と前脚の下の甲羅がピッタリと上の甲羅に合って
二枚貝のように閉じる仕組みになっているのがわかるでしょうか。


130624080928-3
Canon PowerShot A630


という事で、さっさと道路を横断して貰い、無事に道路脇の草むらに
移動したのを確認してから、ボクらも出発。

カメは思っているよりも意外と移動速度は速く、夕方の自然光では
被写体ブレの量産で、仕方なくストロボ使用しないと写せませんでした。
ちょっとビックリさせてしまっているように見えますね(^_^;

この頃はまだコンデジしか持ってませんでしたしね。
でも、コンデジでもこれくらい写る距離で観察できたのはラッキーでした。



(00:00)

2012年01月26日

120126081203-1
Canon PowerShot A630

流れにたなびくシライトイソギンチャクの隙間から
カワイイのかカワイくないのかよくわからない顔を
出してチラっとこちらを見ているのはハナビラクマノミ。

この写真は正面顔でわかりにくいですが、身体はピンクで
もうちょっとカワイイんですよ。

このハナビラクマノミは奄美以南に生息し、写真の
シライトイソギンチャクか、センジュイソギンチャクと共生し
シライトに住むと体色が淡く、センジュでは濃くなる傾向があるようです。

熱帯魚店で展示されているシライトイソギンチャクは
名前のように、もっと真っ白で見た目にはキレイなんですが
おそらく褐虫藻が抜けてしまっているんでしょうね。
光合成能力が無くなって、健康体とは言えないように思います。
海の中では通常はこの写真のような色をしていて、
あんなに真っ白な個体は見た事がないですねぇ(^_^;


(00:00)

2011年12月25日

111225091222
Canon PowerShot A630

街中ではXmasのイルミネーションが輝いていますが
海の中でも、光を浴びて虹色に煌めくイルミネーションがありました。
これはカブトクラゲでしょうか。

海中のイルミネーション」でも紹介しましたが、海の中にも
イルミネーションのように見える生き物も割と居るんですね。

イルミと言っても、これらは自発光している訳では無くて
光を反射してそう見えます。
残念ながら、この写真ではわかりにくいですね(^_^;



111225091222-2
Canon PowerShot A630

イルミネーションをわかりやすくする為に、ちょっと画像補正が
きつ過ぎて気持ち悪いですが(^_^;

このクラゲの場合は、光を反射する8列の櫛板列を持ち
上部から順にドミノ倒しのように動かす事で推進力を得るので
そこに光が当たると、まるで虹色のイルミネーションが
流れるように見えるのです。

カブトクラゲは珍しい種類ではなく、大発生する事もあるようです。
この時も、まさにその時だったのでしょうね、大量に漂っていました。

人に影響があるような毒は持っていないようで助かりましたw

(00:00)

2011年12月19日

111219091221
Canon PowerShot A630

1年ほど前に「ブサイクでゴメン!」のエントリでブサイクな
写真を紹介したままでした(^_^;
今回は、にっこりスマイルの可愛いイシガキ君の紹介です。

しかし、どうして魚が笑ってるように見えるのでしょうか?

口の辺りに口角が上がったような線の模様があるので
スマイルのように見えるんですね。


111219101120
Canon PowerShot G11

写真は、違う日、違う場所、もちろん違う個体ですが、
ピントが怪しいけど、丁度わかりやすい写真があったので。

この写真でわかるように、線の上に本当の口があるんですねぇ。

胸ビレを足のように使って、身体を支えてますね。
少しでも高い位置から周囲を見る為でしょうか。

いつも色んなポーズで被写体になってくれる、とても好きな魚です。

(00:00)

2011年01月28日

110128091221
Canon A630

このオッサン面はどうしたことでしょう?w
お腹もメタボというか体形がかわってしまっています。
老人斑もたくさん出ていますねぇw

このオッサンのような魚は、コクテンフグです。
名前の通り黒い点があるのですが、体色のバリエーションは凄く多いです。
この写真の色が多いのですが、白い部分がオレンジ色に入れ替わった
固体も数多く見かけます。

また、口の周りが黒い事から、ヨゴレフグと呼ばれる事もあるそうです。
この口からのぞく白い歯で、サンゴや海草、貝などガリガリと
齧って食べるようです。




(01:00)

2011年01月26日

110126080929b
Canon A630

石垣島のヒルギ群落のあるマングローブ干潟。
潮が引くと現れる広大な干潟に、パチンコ玉より
少し小さめの砂の球が無数に現れます。

以前、ミナミトビハゼのエントリで紹介した干潟です。

写真左下の辺りにコメツキガニが居ます。
なかなか見事な保護色ですねぇ。
後ろ向きですが、眼と眼の間から砂の球を持っているのが
見えています。わかるでしょうか?


110126080929a

横から見ると、こんな感じ。

このように、上の方に持ち上げてクルクルと球を作り
ハサミで切り取るようにポイと廃棄します。

この砂の球、お察しの通り食事跡です。
砂の中の珪藻類や微生物、有機物を濾し摂って食べた後の砂を
このように球状にまとめて廃棄しているのです。

言ってみれば干潟自体の濾過装置の一部とも考えられますね。
コメツキガニの無数の巣穴は、砂の中への空気の補給にも役立ち
砂の撹拌も促されます。

また潮が満ちてくると砂球は崩れ、砂には微生物や有機物が補給されます。
育ったコメツキガニは、鳥等の上位生物に捕食され、系は連鎖していきます。



何かを察知して巣穴にスッと戻るのですが、ジっとしていると
またすぐに出てきて団子作りをはじめます。
この砂団子を次々と作っていく様子は、見ていて飽きませんね。

しかし、しゃがみこんでボ~っと砂面を眺めていると
はたから見たら、さぞかし不審者なんでしょうねw




(01:00)

2011年01月15日

1101115091221
Canon A630

タマネギのような形をした貝殻でしょうか?
岩に埋まった洞状のシェルターから真っ黒な顔を覗かせた
おそらくイシガキカエルウオ…だと思います。

ギンポ劇場」でも紹介したように、イシガキカエルウオは
体色を変化させ、特に警戒した時などは黒くなる事がよくあります。

この時も驚かせてしまったのでしょうね(^_^;
黒いだけでなく、とてもブサイクに撮ってしまいました。
イシガキ君、申し訳ないw

今度は、かわいいスマイルのイシガキ君を紹介しますね♪





(01:00)

2010年12月20日

101220091222
Canon A630

テングカワハギ。
名前の通り鼻が長い。…訳じゃなくて吻が筒状に突出している。

珊瑚の枝の間等に、その細長い天狗の鼻を突っ込んでポリプを食べながら
移動していきます。だいたいペアで居る事が多いのですが、この時はどうだったっけ?
一匹しか写っていませんねぇ(^_^; 

体側の模様がモールスになっていて、ペアでコミュニケーションを
取っている可能性が無いとは言い切れないかもしれなくもないかも。
…無いです。

なかなか派手な色彩でフォトジェニックに思えるんですが、のんびりしているように見えて
カメラを構えると、スーっと移動してしまってなかなか上手く撮れません。
って、遊泳性の魚はどれもそうなんですけどねw






(01:00)

2010年03月08日

100308091218_1
A630


イソギンチャクエビです。
イソギンチャクカクレエビと呼ばれる事も多いようですが
イソギンチャクエビが正式和名のようです。

このエビも身体の多くの部分が透明で、その部分は
身体を構成しているのが不思議なほどの透明度です。

お腹の辺りがオレンジなのがわかるでしょうか?
そう、この固体は雌で抱卵しているんです。
雌の方が身体がドッシリ、ズングリと大きくなります。
この固体で2cm強くらいでしょうか。

このイソギンチャクエビはサンゴへの依存度が非常に高く
それ故、テリトリー意識もキツいようで、1つのサンゴに
単独か、もしくは1ペアのみで着いているようです。


抱卵しているという事は…
100308091218_2
A630

はい!居ました!
こちらが、雄です。

雌よりスマートですね。
雌と比べると、抱卵しないので(当たり前w)腹節側面自体が
小さいので白い斑紋も小さく地味な印象を受けます。
その代わりに、爪が雌より大きく長いですね。
身体は雌より少し小さく、この固体で長い爪の先まででも
2cm程度でしょうか。

特に雄の方は常に左右に振り子のように
ゆらゆらゆらゆらゆらゆらゆらゆらゆらゆらゆらゆら
ゆらゆらゆらゆらゆらゆらゆらゆらゆらゆらゆらゆら
揺れていますが、たまに勢い余って引っくり返りそうになりますw

この現象は緯度が小さい地域で顕著に確認される事と
北半球と南半球ではこけ方が逆向きになる事から
コリオリの力が関係していると思われます。
(もちろん、この段落の件は冗談ですw 揺れてるのはホント)
 
雌は特に肝が据わっているようで、逃げる事無く
何ショットも撮影させてくれる、息堪えダイバーに優しい
いいエビでした!




(01:01)

2010年03月07日

100307091101
A630


前回と錆び繋がりって訳でもないのですがw

テリトリーにしているサンゴと砂地の小さな洞から覗くサビウツボ。
眼の虹彩が白く、歯も鋭くないので特に正面の顔がユーモラスですね。

他のウツボって、近づいて撮影するのはちょっと怖い気もしますが
このサビウツボは全然そんな感じがしません。
思わず顎を突き出してマネしてしまいそうな顔ですw


奄美では浅いサンゴ域でよく見ました。






(01:01)

2010年03月01日

100301-091031
A630

この愛嬌たっぷりのミナミハコフグの幼魚は、
やはりダイバーにも人気だそうです。

これだけいかにも撮って頂戴!って訴えかける
わかりやすい可愛らしさは、カクレクマノミに匹敵しますね。

この子は水中で見てピンポン球よりも小さい位。
実際には体長2cm程度でしょうか。

立方体の身体に小さなヒレで、いかにも
機動性は悪く、流れに翻弄されながらも
懸命に泳いでいました。そこがまたカワイイw

しかしこう見えてもやはりフグの仲間。
フグといえば毒をイメージしますが、
この子も例に漏れず、毒を持っています。

ミナミハコフグの毒は、体表から分泌する粘液中に含有する
パフトキシンという毒で、他の魚等を殺してしまうそうです。
アクアリウムでは混泳に注意が必要だとか。
ただし、人間に対しての中毒性は無いそうです。

(01:01)

2010年02月28日

いつもお世話になっているringoさんのringo! ノ スモグリワールド
同定の難しさ?」のエントリでUpされている魚の種の同定ですが
勝手ながら今日のネタに頂きましたw ringoさんゴメンネ!

ピンが怪しいですが同定用と割り切って下さいw


ringoさんが推測されているオビシノビハゼか
その仲間のシノビハゼだろうと目星をつけ
それぞれの違いに注意してみました。


まず、オビシノビハゼを見てみましょう。
オビシノビハゼ文字
A630

オビシノビハゼはシノビハゼ属で唯一背中に鞍状斑が有り
腹部には黄色い横縞(魚に対しては垂直方向の縞)があります。
この固体はまだサイズが小さいので黄色い縞も鮮明ではありません。


次にシノビハゼです。
シノビハゼ文字
A630

シノビハゼの方には背中に鞍状斑はありません。
また、体側の黒点の中に黄色が入ります。



では、ringoさんの画像ですが、正面からのどアップな上
被写界深度が浅く、目玉以後がキレイにボケているので
ハッキリとは確認できませんが、背中部分に鞍状斑が
あるようには見えません。斑があればボケながらも
黒く見えるはずです。

腹部の黄色縞は画像からは確認できないので、
確度は落ちますが、オビシノビハゼでは無いと思います。

またもう一種との違いは、胸鰭より前のエラの部分までに
黒線が1本ではなく、多数(5~6本)あるので
新種のシノビハゼ属の一種(和名なし)でも無さそうです。


よって、ringoさんの画像は


「シノビハゼ」


という事でどうでしょう?

(01:01)

2010年02月26日

buoy
                   Canon PowerShot A630


海底が砂で形成されるビーチのエリアでは
ロープが何かに絡まり、ブイが水面下に沈んでしまって
本来の役目を果たさなくなって放棄された廃棄物が
多様な生物や稚魚、幼魚達のシェルターとなり、
また系が形成され餌場としても、貴重な人工漁礁となって
新たな役割を果たしていました。

役目を終えた船や車、電車なども沈めて
漁礁にしていますもんね。

ブイとほぼ同じ大きさにまで成長したサンゴ。
もう何世代もの魚達を育ててきたのでしょう。



加計呂麻にて。





(01:01)