BCL-0980

2015年12月27日

15122715101638
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


伏見稲荷大社の楼門より内側にあるのに
境内では無いのかな?
摂社や末社では無く独立した神社である
東丸神社。
「あずままろ」神社と読むそうです。 

右に「としまいりの石」という
心願成就にご利益のある石があり
祈願者の歳の数だけ参拝する時に
利用するそうです。




15122715101639
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


千羽鶴が多数奉納されています。

祈願者は一羽一羽気持ちを込めて折るから
自己満足度は高いのでしょうか。

しかし神社としては、専用折り紙を販売し
それで折った鶴に限っているのでなければ
絵馬を買ってくれたほうがいいのかな?
なんて下世話な詮索をしてはイケマセン。




15122715101640
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


この東丸神社に奉納された絵馬は
キッチリと整理されておりとてもキレイ。

これだけ整列していると
正面から対峙するべき?と思い
この構図。

昼間だと退屈な構図かもしれないけど
照明と夕暮れのおかげで、いい具合に
光のグラデーションが出てくれました。




15122715101633
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


楼門を出ると、微かに赤く残った空に三日月が出て
飛行機が小焼けの様な短い跡を引いているのを
キツネが眺めている様です。




15122715101641
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


出店も既に店仕舞の作業中。
通りも昼間の喧騒とはうってかわって
静まり返っていました。 

 

(00:00)

2015年12月22日

15122115101629
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


いい時間になったので下山して来ると
本殿近くのキツネが夕日を浴びていい色に。



15122115101630a
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


一日の参拝者を迎え終わり
白い作務衣の方が外拝殿を掃除中。





15122115101631
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


外拝殿の釣り灯籠にも明かりが灯りました。





15122115101632
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8



外拝殿越しに本殿を。
本殿内部は撮影禁止なので離れた場所から。


昼間のシャキっとした朱色もいいですが
夕暮れのしっとりとした色合いも
趣があって情緒的ではないでしょうか。




15122115101635
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


一度は楼門を出たものの
ライトアップを撮らない手はないなと
引き返して、暗い中あえてF8固定の
暗いボディキャップレンズで。



15122115101636
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


この時間からでも、帰るだけではなく
新たな参拝者が入ってきます。

ライトアップされた境内の美しさを
知っているんでしょうね。

でも、稲荷山まではさすがに登らないのかな?




15122115101637
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


本殿。

やっぱり離れた場所から。
 

(00:00)

2015年11月10日

151110150925711
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


勝尾寺の境内の池にはたくさんの錦鯉がいて
餌やり場では有料で餌をあげることが出来ます。

餌を投げ込むと、このパニックです!




151110150925715
  Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


 観光客にいつも貰ってるだろうに
まるで飢餓状態のピラニアかのように
それはもう大騒ぎです。




151110150925714
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8



「食い物はどこだ~!」





151110150925713
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


「俺にもくれよぉ~」




モニタをチルトして水面ギリギリで撮っていたら
カメラを持つ指を咥えられそうになります。

水しぶきや水没に、カメラやレンズは要注意。 




151110150925712
  Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


餌が無くなって、もう貰えないのだと悟ると
喧噪もおさまり、強欲の塊は解けて分散し
熱は冷め、エントロピーは増大していきましたとさ(笑) 

(00:00)

2015年10月31日

15103115092571
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980

9月の終わり頃の箕面大滝。

この写真に使ったオリンパスの
フィッシュアイボディキャップレンズは
絞りはf8固定ながら、超広角な9mmの
安価で気軽に入手できる面白いレンズです。

名前の通り、ボディキャップに
おまけにレンズが付いてるという
お遊びのレンズではありますが
なかなか楽しめるレンズです。

と言いながら、
この写真では水の流れを出したくて
SSを欲張ったら盛大に白飛びしていました

絞りはf8固定だからと、それならと思って
拡張ISOで低感度の125にしたら、
かえってダイナミックレンジに影響して
ハイライトが簡単に飛んでしまってました。。。



15103115092552
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

同じく箕面大滝。

こちらはサンヨンで一部分を。

300mmで1/10秒を手持ちは厳しいですね。
もう横着が染みついて三脚まで持ち歩けません


15103115092553
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


この箕面大滝、近くのトンネル工事の影響で
地下水脈を切断し、付近の川を枯渇させてしまう
失態で、滝が枯れてしまう事を回避するために
トンネルに湧き出した地下水の排出の為に
ポンプで川に戻しているそうだ。

そのポンプを永久的に運用する必要があり
その電気代が年間3千万かかり続けるとの事

何だかなぁ。。。



15103115092551
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


周辺の林道にはミンミンゼミが。

ミンミンゼミは、西日本などでは市街地や
平地には生息せず、このような標高の高い
涼しい森林に分布するようです。

マンガなんかでセミの声と言えば、
ギラギラの夏真っ盛りの場面には
ミンミンゼミの声が定番のような気がしますが
実際には暑さが苦手なんですね。



15103115092559
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


滝周辺には高い湿度のために全体を苔で覆われ
垂直な大地と化した木もあります。




15103115092554
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


滝をちょこちょこっと撮って
さて次の場所へ移動しようとした時
箕面と言えば、のサルが現れました。

テーブルに観光客の誰かがこぼした
アイスクリームを舐めに来たようです。 

もの凄く真剣に舐めていますねぇ。
甘くて高カロリーでご馳走なんでしょうね。 

(00:00)