GX7

2015年12月27日

15122715101638
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


伏見稲荷大社の楼門より内側にあるのに
境内では無いのかな?
摂社や末社では無く独立した神社である
東丸神社。
「あずままろ」神社と読むそうです。 

右に「としまいりの石」という
心願成就にご利益のある石があり
祈願者の歳の数だけ参拝する時に
利用するそうです。




15122715101639
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


千羽鶴が多数奉納されています。

祈願者は一羽一羽気持ちを込めて折るから
自己満足度は高いのでしょうか。

しかし神社としては、専用折り紙を販売し
それで折った鶴に限っているのでなければ
絵馬を買ってくれたほうがいいのかな?
なんて下世話な詮索をしてはイケマセン。




15122715101640
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


この東丸神社に奉納された絵馬は
キッチリと整理されておりとてもキレイ。

これだけ整列していると
正面から対峙するべき?と思い
この構図。

昼間だと退屈な構図かもしれないけど
照明と夕暮れのおかげで、いい具合に
光のグラデーションが出てくれました。




15122715101633
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


楼門を出ると、微かに赤く残った空に三日月が出て
飛行機が小焼けの様な短い跡を引いているのを
キツネが眺めている様です。




15122715101641
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


出店も既に店仕舞の作業中。
通りも昼間の喧騒とはうってかわって
静まり返っていました。 

 

(00:00)

2015年12月22日

15122115101629
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


いい時間になったので下山して来ると
本殿近くのキツネが夕日を浴びていい色に。



15122115101630a
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


一日の参拝者を迎え終わり
白い作務衣の方が外拝殿を掃除中。





15122115101631
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


外拝殿の釣り灯籠にも明かりが灯りました。





15122115101632
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8



外拝殿越しに本殿を。
本殿内部は撮影禁止なので離れた場所から。


昼間のシャキっとした朱色もいいですが
夕暮れのしっとりとした色合いも
趣があって情緒的ではないでしょうか。




15122115101635
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


一度は楼門を出たものの
ライトアップを撮らない手はないなと
引き返して、暗い中あえてF8固定の
暗いボディキャップレンズで。



15122115101636
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


この時間からでも、帰るだけではなく
新たな参拝者が入ってきます。

ライトアップされた境内の美しさを
知っているんでしょうね。

でも、稲荷山まではさすがに登らないのかな?




15122115101637
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


本殿。

やっぱり離れた場所から。
 

(00:00)

2015年12月08日

15120815101623
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


どんどん登っていくと、休憩処があり
お茶や菓子を食べながら一休み出来る。




15120815101621
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


なかなか趣のあるお座敷ですね。
 



15120815101622
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


近くに植えられていた、紫のグラデーションが
特徴的な面白い実のなった樹木。 
何の木でしょうかね?

→読者の方よりコメントを頂きました。
ありがとうございました。
この樹は「紫式部」のようですね。
その中でも葉の先端の方のみに
ギザギザがある「コムラサキ」の方かも。




15120815101624
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


境内入口、楼門の手前には大きな手水舎が
ありますが、登っていくと、所々に小さな
手水舎があります。 


苔むした龍がいい雰囲気出てますね。 





15120815101611
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


これはもう少し下の方だったと思いますが
小さな鳥居が大量に奉納された塚も。
ご神体は岩のような感じ。


ここは日当たりも良く、上の樹の陰になった
大きな鳥居と、日向の小さな鳥居の明暗差が
激しいので、HDRを試してみました。

α55のHDRもそうでしたが、やっぱり
画質に少し違和感が残りますねぇ。
この写真では、両側の石垣の質感が
絵のような感じというか何というか





15120815101610
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


こんなキツネの絵馬もあり、
各々キツネの顔にアレンジして奉納。
もはや祈り事ではなく、ネタ合戦の様相w




15120815101626
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


もちろん、神社やお寺につきものの
ネコもたくさん居ます。

外国人観光客からの人気も高いです。



伏見稲荷シリーズ、もう少しだけ続きます。

 

(00:00)

2015年12月02日

15120215101617
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

 
千本鳥居を超えてもう少し登って行くと
新池が現れ、そこに突き出るように熊鷹社がある。

内部はもの凄く暗い。

GX7は暗所でのAFが評価されてる。
こんなロウソクが頼りな環境でも
AFが効いてくれるので助かった。

これなら、奄美の夜の山の中でも
α55ではAFが役に立たなかった
アマミノクロウサギをAFで撮れる!
…かもしれない。

あ、100㎜じゃぁ全然望遠が足りないな




15120215101618
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8

燭台はビッシリと並んでいるのだが
ロウソクは少しだけ灯されていた。




15120215101619
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


ロウソクの炎の色を受けて、凄味と不気味
妖艶ささえ感じます。

これもホント、EVFでも見えにくい程暗いのに
AFが効くのには感心されられた事を覚えています。




15120215101620
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


こちらもなかなか凄味があります。

贅沢を言うなら、オリンパスの75mmF1.8が
欲しいですねぇ。
GX7のボディ内手ブレ補正で使いこなせるのかな?




15120215101616
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


熊鷹社の周辺にはゴチャゴチャっとした
塚が無数にある。

この狐には、何故か50円玉が頭の上に
供えられていた。





15120215101627
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


この狐は珍しくぴったりと並んでます。




15120215101628
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


この2枚は、エフェクトのパートカラーで
赤以外はモノクロになるように撮影。 

(00:00)

2015年11月25日

1511251510167
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


伏見稲荷と言えば、朱色の鳥居が延々と連なり
異次元へのトンネルのような幻想的な千本鳥居が
思い浮かぶと思います。

この千本鳥居、実際には八百基ほどだそうです。

が、千本鳥居は境内の中ではほんの入口で
稲荷山の山頂まではまだまだ鳥居が続いていて
全部で1万基ほどはあるようです。 


とにかく人がいっぱいなので、このように
無人の状態を撮影するには、辛抱強く
タイミングを待たなければいけません。



 15112515101625
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


とは言え、無人よりも人が入ったほうが
いい感じでもあります。

この写真のように、人ごみではなく
カップルだけを入れるて撮るのも
それはそれで、辛抱強く粘らないと
いいタイミングは訪れませんが(^_^;)

贅沢を言えば、着物姿の女性が入ると
もっと雰囲気ある写真になるでしょうね。 

ちなみに、この場所は千本鳥居より
もっと先です。



15112515101612
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


意識的に視点に変化をつけないと
この鳥居トンネルが余りにフォトジェニックな
空間である為、人の流れに少しでも隙が出来ると
ついつい、シャッターチャンスとばかりに
鳥居のトンネルばかりの同じような写真を
量産してしまいます 




15112515101613
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


トンネルの内部は、割とキレイに並んでいる
(ように見える)のに、外側は意外とガタガタだったり。




1511251510166
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


斜めから差し込む陰影が印象的だったり。




1511251510169
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


振り返ってみると、鳥居の裏面には奉納日や
奉納者が黒の文字でビッシリと書かれていて
朱のトンネルとはまた違ったイメージに見えたり。




15112515101615
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


やっぱり外人さんって絵になるよね。
って思ったり。


このカップルもずいぶんと撮影のタイミングを
待って待って待って待って待って待って、
彼女が退屈した甲斐があって、やっとの事で
人が途切れたタイミングで撮影していました。 

 


写真をちょっと拘りながら撮っていると、
外国人観光客が寄ってきて、どのポイントを
撮っているのか参考にしたり、シャッターを
頼まれたりもします。

鳥居に張った蜘蛛と巣を撮影していると
自分も撮ろうと寄ってきた外人さんが
僕の被写体が蜘蛛だと気づいた時の
「オーマイガー」がちょっと申し訳なくも
笑えましたw 

(00:00)

2015年11月15日

15111515101634
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


日本各地にある稲荷神社の総本宮である
京都の伏見稲荷大社。

五穀豊穣から商売繁盛、家内安全まで万能である
庶民の稲荷信仰の原点は稲荷山であり、
「稲が成る」が変化して、稲荷となったという
説もあるようです。


国内外の観光客でごった返すであろう
紅葉の時期の前に行って来ました。
それでも平日にもかかわらず凄い人。
外国人観光客の方が多いかも。




1511151510161
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


普通の神社では狛犬ですが、稲荷神社では狐が。
これは稲荷大神様の使いが狐だからだそうです。

山から狐が下りてきて、田畑を荒らすネズミを
捕ってくれるから、という説も。


この角度から見下ろす表情の力強さが
なかなかの迫力です。 





1511151510162
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


秀吉が建立した楼門越しに外拝殿。

額縁構図としては、本来なら奥の拝殿が
主題となるところなんですが
これは、楼門の暖簾?がヒラりと風に揺れる
瞬間を待って、動きの表現を狙った
脇役が主題な逆額縁な作例。



1511151510163
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


小さな鳥居の形をした絵馬(になるのかな?)も
たくさん奉納されています。




1511151510165
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


本殿内は撮影禁止になっているので、
せめてその付近の関係なさそうな一部分を




1511151510164
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


「お主の願いを言うてみるがよい」


神々しく後光を背負わせてみようと
F22まで目いっぱい絞って光芒を出し
ワザとゴーストがたくさん出る角度を探して
太陽をバックに撮影。

ゴーストやフレアは厄介ではありますが
使い方によっては良いアクセントにも
なりますね。



 

(00:00)

2015年11月10日

151110150925711
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


勝尾寺の境内の池にはたくさんの錦鯉がいて
餌やり場では有料で餌をあげることが出来ます。

餌を投げ込むと、このパニックです!




151110150925715
  Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


 観光客にいつも貰ってるだろうに
まるで飢餓状態のピラニアかのように
それはもう大騒ぎです。




151110150925714
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8



「食い物はどこだ~!」





151110150925713
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980


「俺にもくれよぉ~」




モニタをチルトして水面ギリギリで撮っていたら
カメラを持つ指を咥えられそうになります。

水しぶきや水没に、カメラやレンズは要注意。 




151110150925712
  Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


餌が無くなって、もう貰えないのだと悟ると
喧噪もおさまり、強欲の塊は解けて分散し
熱は冷め、エントロピーは増大していきましたとさ(笑) 

(00:00)

2015年11月07日

15110715092572
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


箕面の滝からほど近くにある勝尾寺。

境内には至る所に大量に小さなダルマが鎮座しています。





151107150925710
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


 こんな感じでどこにでも。





15110715092579
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


こんな所にも。
誰かのいたずらでは無いようです。





15110715092574
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


願いが叶った勝ダルマがたくさん奉納されている奉納棚 。

「 勝尾寺の勝運信仰は平安時代にまで遡る。
六代座主、行巡が清和帝の病を祈祷で治し、
大層お喜びになられた天皇が
「ここはまさに王に勝った寺、勝王寺である。」
と命名したが、寺側はあまりに畏れ多いと
「王」を「尾」に控え「勝尾寺」と称する様になった。
以来、当山は「勝運の寺」として広く信仰され、
古くは源氏、足利氏ら歴代の将軍や武将達が
勝運を祈り、こぞって参拝を重ねてきた歴史がある。」 

との事。
※勝尾寺オフィシャルサイトより引用




15110715092575
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


至る所にあるダルマと、勝運ダルマは違うようで
8cm程度の同じ大きさの小振りなダルマが 
固定されています。




15110715092576
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


多宝塔だったかな?の縁の下。
造りがキレイだなと思って撮ったもの。




15110715092573
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


星空のような苔むし方をした岩や




15110715092578
 Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


花火のような…とは例え難い
ちょっと薄気味の悪い苔。

いや、苔かどうかわからないけど




15110715092577
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


とにかくダルマだらけの勝尾寺なのでした。
 




(00:00)

2015年10月31日

15103115092571
Panasonic GX7  OLYMPUS BCL-0980

9月の終わり頃の箕面大滝。

この写真に使ったオリンパスの
フィッシュアイボディキャップレンズは
絞りはf8固定ながら、超広角な9mmの
安価で気軽に入手できる面白いレンズです。

名前の通り、ボディキャップに
おまけにレンズが付いてるという
お遊びのレンズではありますが
なかなか楽しめるレンズです。

と言いながら、
この写真では水の流れを出したくて
SSを欲張ったら盛大に白飛びしていました

絞りはf8固定だからと、それならと思って
拡張ISOで低感度の125にしたら、
かえってダイナミックレンジに影響して
ハイライトが簡単に飛んでしまってました。。。



15103115092552
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

同じく箕面大滝。

こちらはサンヨンで一部分を。

300mmで1/10秒を手持ちは厳しいですね。
もう横着が染みついて三脚まで持ち歩けません


15103115092553
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


この箕面大滝、近くのトンネル工事の影響で
地下水脈を切断し、付近の川を枯渇させてしまう
失態で、滝が枯れてしまう事を回避するために
トンネルに湧き出した地下水の排出の為に
ポンプで川に戻しているそうだ。

そのポンプを永久的に運用する必要があり
その電気代が年間3千万かかり続けるとの事

何だかなぁ。。。



15103115092551
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


周辺の林道にはミンミンゼミが。

ミンミンゼミは、西日本などでは市街地や
平地には生息せず、このような標高の高い
涼しい森林に分布するようです。

マンガなんかでセミの声と言えば、
ギラギラの夏真っ盛りの場面には
ミンミンゼミの声が定番のような気がしますが
実際には暑さが苦手なんですね。



15103115092559
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


滝周辺には高い湿度のために全体を苔で覆われ
垂直な大地と化した木もあります。




15103115092554
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


滝をちょこちょこっと撮って
さて次の場所へ移動しようとした時
箕面と言えば、のサルが現れました。

テーブルに観光客の誰かがこぼした
アイスクリームを舐めに来たようです。 

もの凄く真剣に舐めていますねぇ。
甘くて高カロリーでご馳走なんでしょうね。 

(00:00)

2015年04月01日

1504011503131
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


日本一の高さを誇るハルカスを背景に
最も背の高い動物であるキリンが。




1504011503132
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


高速道路のすぐ下にサイが。



これらの写真、タイトルのような
エイプリルフール用のネタの
合成写真ではありません。



1504011503133
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


街とこんな位置関係にある
天王寺動物園の風景なのでした。


 

(00:00)

2015年03月18日

1503181503131
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


久しぶりの更新です。


動物園等の施設では、至近距離と引き換えに
檻、金網、ネット、ガラス、アクリルなどの
何らかな障害物越しでの撮影になる事が
多いですよね。 

このトラの展示はガラス越し。
これがなかなか厄介です。

どうしてもガラス面の汚れや
反射や映り込みでどうにもならない事も。




1503181503132
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8


そんな時は割り切って、カメラのフィルター機能で
モノクロモードで撮ってみたり。


1503181503133
Panasonic GX7 LUMIX G X 35-100mm/F2.8
 

後で加工してイメージ優先に仕上げてみたり。

多少被写体ブレしてようがピン甘だろうが
雰囲気写真にしてしまえ(笑) 

(00:00)

2014年10月13日

1410131410101
Panasonic GX7 SAL100M28


これらもマウントアダプタを使い
Aマウントの100mmマクロで撮影。


その色彩やフォルムがかわいい
テントウムシなので、前ボケを使って
ふんわりとメルヘンチックに。



1410131410102
Panasonic GX7 SAL100M28


普通に撮るとこんな感じ。

それでも、後ボケにコスモスの
ピンクを淡く入れて背景が暗く
なり過ぎないように。



1410131410103
 Panasonic GX7 SAL100M28


蟻エッティシリーズ の第三弾。
っていう程のものでもないんだけど(^_^;)



1410131410104
 Panasonic GX7 SAL100M28


こちらも花を撮っていると
よく出てきてくれるアブの仲間。 



花を撮っていても、虫などが居ると
どうしてもそっちを主役に選んでしまいます。 

(00:00)

2014年10月11日

1410111410101
Panasonic GX7 SAL100M28


マウントアダプタを使って、Aマウントのマクロレンズ
SAL100M28を装着してコスモスを撮影。



1410111410102
Panasonic GX7 SAL100M28


ハイキーでふんわりと。



1410111410103
Panasonic GX7 SAL100M28


青空に鮮やかなコスモスも似合いますが
曇り空ならこんなコスモスも撮る事が出来ます。



1410111410104
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


お決まりの風車と。



1410111410105
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


チューリップの時期なら、
こんな情景を撮れたかも。

これは、今はその役目を終えて
なお残されたままのゲート。
花博の名残ですね。

 

(00:00)

2014年08月02日

1408021407201
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


ちょっと食事に入ったお店で
美味しそうな料理が出て来た時に
思わず写真を撮りたくなる時って
ありますよね。

携帯端末で撮る事も多いと思いますが
やっぱり、料理が運ばれて来た時の
「感激感」みたいな物とはかけ離れた
敢えて言うと、不味そうにしか撮れなかったり。 

そんな時に、一眼レフで拘って撮れば
もっと良い写真が撮れるかもしれませんが
例えその時に持って来ていたとしても
やっぱり大きなカメラを取り出すのは
気が引ける場面も多いと思います。




1408021407202
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


そんな時には、ミラーレスカメラはなかなか
便利でありますね。

コンデジよりは少し大きいけれど、一眼レフほど
目立たないと言うか何と言うか(^_^;)
もっとラフな感じで撮る事が出来るというか。

カメラ関連荷物も劇的に身軽ですしね。

携帯でも上手に美味しそうに撮れる人は
たくさんいらっしゃると思いますが、
ボクには携帯より簡単に雰囲気のある写真が
撮れるように思います。



1408021407203
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II
 

今では、コンデジ界もずいぶん様相が変わって
高級高性能コンデジが活況なようですね。

それらの高性能な明るいレンズを搭載した機種も
より手軽でいいかもしれません。

お値段は全然手軽じゃありませんが(^_^;)
興味を惹く機種は、エントリークラス一眼レフ
以上の価格帯になってきます。
簡単には手が出せません(;´Д`)




140802110917
SH-04A


ちなみに、これは所有ガラケーの最終機、
SH-04Aで撮影したもの。

2011年夏頃の物なので、僅か3年前ですが
こんな画質でした。

大好きな馬刺しと海ブドウだとわかります。
が、そうわかるだけで、写真はボクが見ても
全然美味しそうじゃないw
WBだけの問題じゃないですね(^_^;)



140802130920
L-04E


こちらは去年の夏、フルHD時代のスマホです。

上と同様、同じお店の馬刺しとお造り定食。

ガラケーよりは良いですけどね。
その時の感激感とか、美味しげな雰囲気は
まだ足りない感じ。
この日はこれを食べましたよ、的な。

ま、撮り方も悪いんでしょうけど(^_^;)



140802140426
SONY α55 SAL1855


これは、α55と標準キットレンズで。

SAL1855なので暗いレンズなのですが
まぁまぁ雰囲気がわかります。

本当は生シラスを食べに行ったんだけど
主役のシラスは少しだけw

そういえば、お店についてから
海鮮丼にしたんだったな、とか
w(゚o゚)w オオー!とか言って
運ばれて来た時にテンション上がった事が
写真からでも蘇りますw


とまぁ、完全に主観だけで言ってますが
まずは主観が大事w
後日の自分に伝わらなければ
誰にも伝わらないと言う事で(^_^;)



料理の写真を撮るのであれば、運ばれた時の
感激感みたいな物も、出来るだけ一緒に
写し込みたいですね♪





(00:00)

2014年07月28日

1407281407110
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ


今年のブッポウソウも、巣箱の中の雛のために
餌の昆虫を捕まえてはせっせと運んでいます。

この写真は、SONYのAマウントのサンヨンと
1.4倍テレコンを、マウントアダプタを使って装着し
35mm版換算で840mm相当の画角で5コマ/秒連射で撮影。


MFと、絞り値も目分量でしか設定出来ないけど
このようなカメラ固定の待ち伏せ系なら
GX7とサンヨン+x1.4テレコンでも
何とかなる感じですね。

ただ、こんな場面ではもう少し連射コマ数が
欲しくなります。




1407281407111
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ


そこで。

カシオのコンデジかよ!
ってツッコミも聞こえて来そうですが
40コマ/秒の超高速連射モードを試してみました。

この超高速連射モードでは、撮影サイズが
S(2272x1520)に固定されてしまい
電子シャッターのみでの撮影になるので
このような動体では像が歪んで写ってしまう
コンニャク現象が起こりがちですが
歪んだ写真は諦めると割り切れば
なかなか面白い機能です。

1枚目のフォーカルプレーン(普通のシャッター)
では、広げた翼の形がイマイチ決まらない
写真しか撮れていなかったけど、8倍の密度で
撮れるこのモードであれば、歪んだ写真は排除しても
形が決まったポーズの瞬間が撮れている確率、
歩留まりも上がる可能性があります。

この写真では、残念ながら構図が失敗してますが(^_^;)




1407281407113
Panasonic GX7 AF300mmF4G


また違ったポイント。
かなり遠い、林立する中の端の樹のてっぺんで
周囲を警備するブッポウソウ。

これは肉眼ではクチバシのオレンジがかすかに見えるだけで
望遠レンズ付けたカメラで確認して初めてブッポウソウが
居ることがわかるくらい遠いです。

GX7+サンヨン(換算600mm)でもこんなに豆粒。



1407281407114
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ


GX7+サンヨン+x1.4テレコン(換算840mm)でも
まだこんなに小さい。

光線状態がコロコロ変わっているので
WBは気にしないでください(^_^;)



1407281407115
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ
+デジタルズーム2倍


そこで、どれくらい実用になるのか試してみたかった
デジタルズームの2倍(換算1680mm)

感じ方には個人差があるでしょうが、ボクにとっては
これはナシの方向で(^_^;)

これなら、普通に撮った後でトリミングで対応しますね。



1407281407116
Panasonic GX7 AF300mmF4G+1.4xTeleconverter APOⅡ
+デジタルズーム4倍


ははは!
これは笑うしかない(換算3360mm)

懐かしのSANYO Xacti C6の酷い時並みですね(^_^;)
ブッポウソウの写真と言われれば、そんな風に見えるかも
…みたいな(^_^;)



1407281407112
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


結局出なかったヤマセミ待ちの暇つぶしに
ひょっこり出てきてくれた小さなカマキリ。

橋の下を流れる川を背景にポーズを
決めてくれました。
が、やはりこんな時はもう少し寄って撮りたいね。



(00:00)

2014年07月25日

1407251407111
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


ブッポウソウを観察するポイントに向かう途中で
いつも寄り道する道の駅。

スタッフやお客さんが頻繁に行き来し
簡単に手が届くような所にも営巣しています。

これが、飼育や餌付けされた野鳥ではなく
渡り鳥なんですから、ツバメと人間の関係性が
よくわかりますね。



1407251407112
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


 親鳥が虫を捕って来るのを待ちわびてます。

これらは、20㎜のレンズで撮影。
35㎜換算で40㎜です。
望遠レンズでなく標準域でも普通に撮れてしまう。

それくらい、人間に対して警戒心が薄いんですね。



1407251407113
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


これも売り物。
鉢植えのブルーベリーでしょうか。

ほぼ最短撮影距離で狙っていますが
最大撮影倍率0.13倍なのでこの程度の
接写が限界です。


マイクロ4/3のGX7を導入して1か月程ですが
思ってたよりホント凄くよく写りますw(゚o゚)w 

こうなってくると、レンズキットでセットになっていた
20mmF1.7しかレンズが無いっていうのが
物足りなくなってきますね(^_^;)




1407251407114
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


ビッシリと並べられた立派なスイカ。

こんな立派なスイカを丸々買っても
冷蔵庫には入りませんね(^_^;)
冷たい湧水や井戸水で丸ごと冷やして
食べてみたいですね。





(00:00)

2014年07月01日

1407011406211
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

この写真、タイトル無しでいきなりだと
何の写真だかわからないですね(^_^;)

これは、出口間際のトンネル内を走る
トロッコ列車の車窓からの景色。

わかりにくい写真だけど
ちょっと気に入ってたりします。



1407011406212
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

こちらはわかりやすい。

保津川下りが有名です。
カヌーやラフティング等も盛んな様子。




1407011406213
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

車内はこんな感じ。

でも車両によって窓やシート等設備が違います。
払下げ車両などの寄せ集めなのかな?

始点終点間でも片道30分程度しかないので
こんな木のベンチシートでも無問題。



1407011406214
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


駅の土産物屋では、駅弁風の菓子が。

この地らしい土産かと問われれば、?ですが(^_^;)






(00:00)

2014年06月28日

1406281406211
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

「ひとりで行けるもん!」
元気な我が子を黙って見守る若いお父さん。

そんな微笑ましい親子の姿が
萌える緑に良いアクセントとなってくれました。



1406281406212
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

石灯篭の窓景。

この灯篭、側面の方が木の装飾枠があって
景色が良かったけど、そこから見える背景が
どうしようもなく、こちら側からに。

紅葉では無くはじめから紅いもみじが
良いさし色になってます。




1406281406213
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


枯れて伐採されたのでしょう。
しかし、朽ちた切り株の脇から新芽が。

クリエイティブコントロールのブリーチバイパスで。

フィルター系のモードって、あまり好きでは
無かったんだけど、乱用せず要所に使えば
効果的かも?と思ったり(^_^;)




1406281406214
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

いい感じに苔むした石鳥居。

鳥居にの上にはたくさんの小石が。
意外と難しくなかなかのっかりません。



1406281406215
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

これだけのもみじ並木。
紅葉の時期には、さぞかし見事な事でしょうね。





 

(00:00)

2014年06月26日

1406261406211
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

最上部の奥ノ院にある眷属二十八武衆。
名前の通り28体の護法善神がズラっと並ぶ。





1406261406213
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


こちらは奥ノ院裏にある奥ノ院眼力稲荷。

下にも眼力稲荷があって、何だかややこしい(^_^;)


建物内は、本堂から靴を履かずに回廊を
通って来られる事は以前に書いたが
この眼力稲荷などは写真のように屋外なので
ここはお参りするには裸足覚悟になるw



1406261406212
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


屋内の暗めな、紅葉とシジュウカラの衝立と
境内から外の眺めを1枚に写す。

明暗差がきつくて、写真では辛い場面だけど
なかなかよく収まっていると思う。

HDR等使わずに、これくらいのダイナミックレンジが
あれば、大丈夫なんじゃないでしょうか。




1406261406214
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


そして、同じ回廊を辿って、下の本堂へ戻る。

そう考えると、靴のまま外のルートで奥ノ院まで
登って、靴を持って回廊を通って降りてくる方が
より楽しめるかと思います。

モリアオガエルの泡巣もあるようだし、
ネイチャー系でも楽しめそう。


 

(00:00)

2014年06月24日

1406241406211
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

本堂から全ての建物内は回廊で繋がっていて
靴を脱いだまま最上部の奥ノ院まで移動できます。


 
1406241406212
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

窓景とでも言いましょうか。
中庭も手入れされていてキレイです。

それもそのはず。
浄土苑という江戸中期の作品で、京都府指定の名勝であり
府の文化財だそうです。



1406241406213
 Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

 回廊の途中には蹲も。

このレンズの後ボケは時にザワザワと
うるさい事があるようです。



1406241406214
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


回廊には階段もあり、どんどんと最上部の
奥ノ院を目指して昇って行きます。



1406241406215
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


水琴窟もありました。

水盤の足元のゴロ石の部分に水を注ぐと
地面から独特の音色が響きます。




1406241406216
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II

 木製の回廊の途中には、鉄製の扉も。
いい具合に錆が育って趣があります。 

(00:00)