SAL100M28

2014年10月13日

1410131410101
Panasonic GX7 SAL100M28


これらもマウントアダプタを使い
Aマウントの100mmマクロで撮影。


その色彩やフォルムがかわいい
テントウムシなので、前ボケを使って
ふんわりとメルヘンチックに。



1410131410102
Panasonic GX7 SAL100M28


普通に撮るとこんな感じ。

それでも、後ボケにコスモスの
ピンクを淡く入れて背景が暗く
なり過ぎないように。



1410131410103
 Panasonic GX7 SAL100M28


蟻エッティシリーズ の第三弾。
っていう程のものでもないんだけど(^_^;)



1410131410104
 Panasonic GX7 SAL100M28


こちらも花を撮っていると
よく出てきてくれるアブの仲間。 



花を撮っていても、虫などが居ると
どうしてもそっちを主役に選んでしまいます。 

(00:00)

2014年10月11日

1410111410101
Panasonic GX7 SAL100M28


マウントアダプタを使って、Aマウントのマクロレンズ
SAL100M28を装着してコスモスを撮影。



1410111410102
Panasonic GX7 SAL100M28


ハイキーでふんわりと。



1410111410103
Panasonic GX7 SAL100M28


青空に鮮やかなコスモスも似合いますが
曇り空ならこんなコスモスも撮る事が出来ます。



1410111410104
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


お決まりの風車と。



1410111410105
Panasonic GX7  LUMIX G 20mm F1.7 II


チューリップの時期なら、
こんな情景を撮れたかも。

これは、今はその役目を終えて
なお残されたままのゲート。
花博の名残ですね。

 

(00:00)

2014年05月13日

1405131405081
SONY α55 SAL100M28


咲き誇るハルジオンの蜜をすいに来た
アオスジアゲハ。

ISO変更してる間にチャンスを逃さないように
とっさにシャッタースピードを落として
ハイキーでふわっとした感じに。



1405131405082
SONY α55 SAL100M28


こちらはカモミール畑に少し混ざった
ポピーの蜜をすいに来たハチかアブ。


今の季節は、まだ蚊が出ていないので
助かりますが、森のように樹木が茂った場所では
機雷のようにアチコチに毛虫がぶら下がっていて
何かの罠のようでしたw
 

(00:00)

2014年05月12日

1405121405081
SONY α55 SAL100M28


風薫る新緑の若葉が
あなた様のようにお美しく輝き
日中は少し汗ばむほどの
季節となりましたが
五月晴れの空のように
皆様のお気持ちが
晴れやかでありますよう
お祈り申し上げます。


五月の挨拶をてんこ盛りにしてみましたが
皆さんいかがお過ごしでしょうか。




1405121405082
SONY α55 SAL100M28


そんな時候の挨拶に登場する
新緑、若葉などと表現されるのは
きっとこんな緑の様子でしょう。


あをによしと言いたいところですが
撮影場所が大阪なのでダメですね(^_^;)

 


(00:00)

2014年04月22日

1404221403201
SONY α55 SAL100M28



風船のようなかわいいつぼみは
フクシアの仲間でしょうか。


以前に背景でも紹介したんですが
花の写真って、背景が難しいですよね。

この写真は、背景に同じ系統の色を淡く使いたくて
斜め下から煽って、かなり苦しい体勢で撮影しました(^_^;)



1404221403203
SONY α55 SAL100M28


こちらは、ほぼ真横から。
この日の初めの方に撮影したもので
背景の処理はかなりシンプル。


つぼみの様子はよくわかるんですが
華やかさがなんか物足りない感じ。



1404221403202
SONY α55 SAL70300G


つぼみが開花するとこんな花が。


この背景はイケマセン(;´Д`)

背景の色味が主役より濃い赤い花と
緑の葉と白い玉ボケがザワザワしていて
主題の花が引き立ちませんよね。

花は鳥や魚、動物のように逃げないんだから
もう少し考えて撮らないといけませんね(^_^;)


 

(00:00)

2014年03月29日

1403291403271
SONY α55 SAL100M28



虫の活動も活発になってきました。 

この甲虫の名前はわかりませんが
桜の花粉に夢中のようです。



1403291403272
 SONY α55 SAL100M28



名前のわからない蝶も、蜜を求めて
花から花へ。


これからどんどん気温も上がって
いろいろな生物で賑々しくなっていきますね。 

(00:00)

2014年03月27日

1403271403271
SONY α55 SAL100M28


ボクにとって今年初の桜。

岡山ではまだ桜の開花宣言はされていないので
河津桜でしょうか。



1403271403272
 SONY α55 SAL100M28



河津桜にしては遅咲きなのかな?
まだ、つぼみも控えていますね。



1403271403273
 SONY α55 SAL100M28



梅の花もキレイでしたが
桜の花びらはより繊細で可憐ですね。



1403271403274
 SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G



ちょっとした川の土手に咲いているので
水面の反射を入れるように構図すると
玉ボケが出てくれます。

この時のススキも同じ場所です。
日の角度が違うので今回の玉ボケは控えめ。
 

(00:00)

2014年03月24日

1403241403202
SONY α55 SAL100M28



タイトルからは、???となりますね。

この写真は、レンゲ草ではなく本来の意味のれんげ。
漢字の「蓮華」と書くとわかりやすいですね。 

レンゲ草も、ラーメン等に使うレンゲも
蓮の花びらに似ている事から付けられたそうです。


一部分にクローズアップすると、ハスの花には
また違った美しさがありました。 




1403241403201
SONY α55 SAL70300G



こちらの写真は、SAL70300Gなので
倍率はそこそこ。




今更ながら、
花を撮る時、又はマクロレンズを使う事が
予想される時は、面倒でも三脚を持って行かないと
後悔する、こんな当たり前の事を実感したのでした




(00:00)

2014年03月18日

1403181403171
SONY α55 SAL100M28


昨日の続きです。

拝殿の御幕に描かれた絵。
下は鳥なのはわかりますが、何でしょうかね?
八咫烏やセキレイなどは聞いた事がありますが
これは、尾羽が二股。でもツバメっぽくもない。

さらに謎なのは上のマーク。
蜘蛛?蝶?花?
何なんでしょうね。

ちなみに、吉備津彦神社の御幕も全く同じ物でした。



1403181403172
 SONY α55 SAL100M28


その扉の格子の間から、背後にある
口を大きく開けた、阿形の獅子が。

梅の木もやっぱり控え目。

そのかわり、立派なご神木?は3本もありました。



1403181403173
 SONY α55 SAL100M28


こちらが、口を一文字に閉じた吽形の狛犬。
角がある狛犬は、今ではちょっとした
レアタイプなのかな?


 

(23:15)

2014年03月17日

1403171403172
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


友人が新しくカメラを買った帰り道
いち早く試し撮りしてみたいよねって事で
夕方の大渋滞の幹線道路から脇道にそれて
何か被写体になりそうなものが無いかとウロウロ。

神社を見つけて少しお邪魔して来ました。

こんな事もあろうかとボクは自分のカメラを持参してましたよw



大きな神社ではないので、手水が2つだけと手水舎は控え目。
そう思うと、以前紹介した吉備津彦神社は大きい方だったのかな。




1403171403173
 SONY α55 SAL100M28


やっぱり絵馬の数もちょっと控え目。

住宅街の中にこじんまりとあるこの神社。
威圧感もなく趣があってなかなかよかったです。



友人が買った新しいカメラは、今まで使っていたカメラのシリーズの
3~4世代新しい物で、あらゆる部分で進化改良されているようです。
電子機器の1年、1世代の進化って凄いもんね。

新しいカメラ、いいですねぇ♪
どんどん良い作品を撮っていく事でしょう。





一番下の絵馬の文字がハッキリ写ってるので
この写真を紹介するのはどうかな?と迷ったのですが
不特定多数の人に見られる事が前提の場所に設置され
住所等も書かれて無く、この書き主の属する組織の方が
ネットで公開されていたので問題無いと判断しましたが
もしも不都合がございましたら、掲載を取りやめますので
ご連絡頂けますようお願い致します。
 


(00:00)

2014年03月11日

1403111403102
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


背景を同色のモノトーンにまとめ
圧縮効果も狙ってサンヨンで。

ズームレンズだとどうしても二線ボケになったり
ザワザワとする難しい場面かと思いますが
100mmMacroには及ばないものの
なかなかの滲み方ではないでしょうか。



この梅林のピークは過ぎていたようですが
まだ、つぼみもたくさん残っています。

昨日のエントリでは、春らしいふわっとした写真を
紹介しましたが、今回は、つぼみをテーマに。


1403111403101
SONY α55 SAL100M28


近隣にある別の大きな樹の木洩れ日を
背景に使うため、ほぼ真下から煽っています。
 

1403111403103
 SONY α55 SAL100M28


白い梅もあります。
というか、白い梅の方が多く残っていたかな?

背景をピンクにするためのポジションが
なかなかに難しかった。
ポジションが良くても、花がもう傷んでいたり。


1403111403104
 SONY α55 SAL100M28


もう今日には開いてるんでしょうね。
何やら力強さも感じます。



1403111403105
 SONY α55 SAL100M28


これは梅では無いように思いますが、何でしょうかね?

この日は風が強くて花撮り泣かせな日でしたが
やはりこの写真もブレちゃっています。

じゃ、載せるなよ とも思うんですが
何か雰囲気が気に入ったのでw 

(00:00)

2014年03月10日

1403101403102
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G


春です!


天気は、春らしく暖かい日と寒い日、お天気と雨の日が
交互にやってきて、気温も徐々に上がっていきます。


1403101403101
SONY α55 SAL100M28


暖かい日差しでポカポカ陽気。
おにぎりと卵焼きでも持って行って
梅の花で早めのお花見でもしたくなりますね♪



1403101403103
SONY α55 SAL100M28


しかし!この日は真冬なみの最高気温6℃!!
しかも!午後からは吹雪いて来ました!!!
なので、早々に撤収。


撮影している時は集中していて寒さを感じないんだけど
ちょっと休憩、と集中力が途切れた途端に現実に引き戻されて
ガクガクブルブルと震えたのでしたw


なので、写真だけでも春らしく、ハイキーでふわっと撮ってみる。
ピンクの梅と、午前の青空を淡い色合いにして
気分だけでも春の陽気に見えるかな?




(00:00)

2013年06月28日

130628120626
SONY α55 SAL100M28


それぞれの採餌対象の増えるこの時期は、動物たちの恋の季節でもあります。

こんなにわかりやすいラブラブなハートの形になっているのは
本当にラブラブに交尾をしている最中のクロイトトンボ。

トンボの交尾はオスとメスで輪を作るような体勢になるんですが
イトトンボの類は腹部の可動範囲が広くこのようにハート型になるようです。

右の水色のオスが尾の先でメスの首根っこをしっかりと捕えて
このまま連結して飛んだり産卵までこなし、確実に目的を遂行しています。

こんなに身体は繊細なのに、たくましい面もあるんですね。




(00:00)

2013年06月07日

130607110525
SONY α55 SAL100M28


太陽の光を受けて、翅に虹をまとったアブ。

先日のクモの巣でもそうですが、普段は気に留めないような物でも
光の当たり方なんかで意外な一面を見る事が出来ますね。

肉眼ではなかなか見つけられない事も多いですが
写真に撮ると、おもわず虹を発見出来たり。


一見、歓迎されないような物事でも、違った角度から見てみれば
実は美しく良い面が見つかるかもしれませんね。

なんて、説教みたいなまとめになったり(^_^;


(00:00)

2011年12月26日

111226110613
SONY α55 SAL100M28

物凄く鮮やかなこの花は、「君はクダマキモドキ…かね?」でも
紹介したフランネル草(ビロード草)です。

蜜を吸っているのはヒラタアブの仲間。
体長は1cm強ってところでしょうか。
花の直径が3cm程度しかないのですが、写真では朝顔や
ハイビスカスのように大きな花の様に見えますね。

赤が飽和しているような気もしますが、難しい事は考えないで
パっと見で、色合いのインパクトがあったので良しとしましょうw



(00:00)

2011年12月16日

111216110617
SONY α55 SAL100M28


今日TVで「借りぐらしのアリエッティ」という
ジブリのアニメ映画が放送されていましたね。

映画の内容は…小人が引っ越しする話w
観終わった後の、物足らなさというか何というか。
これ、長時間のトレーラー?これから本編?
っていう感じかな(^_^;

突っ込み所というか疑問点もいろいろ有りますが
でも、まぁ嫌いじゃないですw


写真は、アリエッティが壁のツル性植物を伝って移動する
シーンを観て、そういえばこんなの撮ったな!と思い出した写真。
ウッドデッキにまで侵入してきた、オーシャンブルーの
ツルに蟻が通って来るのを待ち伏せして撮影。

macroレンズは、やっぱりボケが綺麗ですねぇ。
蟻のピンが甘いのは茎の毛に置きピンしちゃったからw


(00:00)

2011年07月11日

110711110525
SONY α55 SAL100M28


アブ「ウヘヘ。この美味い蜜が吸えるのも旦那のおかげですぜ。」

旦那「フフフ。越後屋、ヌシも悪よのぉ~。」

いやらしくももみ手でゴマをする越後屋のようなアブ。
アブの仲間とは思うんですが、同定が出来ません(^_^;
ご存知の方は是非ご一報を。

花は確か、我が家のインコの為に育てている無農薬の
ターサイかチンゲンサイのアブラナ科の野菜がとう立ちした時のもの。

って事は、アブにとっての旦那はボクでは無くインコか?w


(01:00)

2011年06月29日

110629110613
SONY α55 SAL100M28

「花ってどう撮ればいいの?」から2~3エントリしか更新してませんが
月日は早くも半年程経っていますね(^_^;

当時にも書いていましたが、やはりその後すぐにマクロレンズを入手していました。
SONY 100mm F2.8 Macro  SAL100M28 です。

MINOLTA時代、100mmMacroは銘玉だと評価されていたそうで
なんと1986年から少しずつのバージョンアップはされたものの
基本構成はSONYになった現在もそのままという、ある意味オドロキの
化石のようなレンズですw
それだけ基本性能が良く、このレンズのボケ味に根強い人気があると
解釈しておきましょうw

マクロ撮影はMFが基本だそうで、ボクの所有の固体は2mも離れると
2cm程度奥ピンになってAFでは全く使い物になりません。
至近距離でもやっぱり、α55のMF拡大機能を活かして、三脚とリモートレリーズを使って
狙った方がビシっと決まる率が上がります。当たり前ですねw
ボクの場合、手持ちのMF撮影は身体のユラユラプルプルが抑えられず
ほぼ不可能だという事を思い知らされました(^_^;

野外では花は風でユラユラ、虫は動く、人目もあるしなかなか大変ですw

虫の事も花の名前も全く疎いので、調べるのも一苦労ですね。
調べるにもとっかかりが無いしw

間違ってるかもしれませんが、タイトルの通り、この虫は
クダマキモドキの幼体かな?と。
花はフランネル草。ビロード草とも呼ばれているそうです。
クダマキモドキは体長1cm程度。
フランネル草のシベの質感が面白いです。

マクロの眼、肉眼ではわからない世界が待ってました。



(01:00)