SAL70300G

2014年06月08日

1406081404121
SONY α55 SAL70300G


昔から人気のパンダ。

人気の動物にも時代によってブームがありますが
パンダの人気はしっかり定着していますよね。

その人気の訳の1つはこの豊かな表情なのだな
と、改めて今回の撮影でわかった気がします。





1406081404122
 SONY α55 SAL70300G


こちらはパンダ舎の室内。
笹を振り回しながらむしゃむしゃと。


 本来、パンダとはレッサーパンダの事を指していて
その後発見された、こちらの大きなパンダを
ジャイアントパンダ(大きなパンダ)、従来のパンダを
レッサーパンダ(小さなパンダ)と呼ばれるようになったそう。




1406081404123
 SONY α55 SAL70300G

 
貰った笹を独り占めしてご満悦。
満足げなこの顔であるw 



 種の系統としては、ジャイアントはクマの仲間、
レッサーはアライグマやイタチの仲間に近いので
同じパンダとは言っても、近い仲間と言う訳では
ないようですね。

 

(00:00)

2014年05月27日

140527140411
SONY α55 SAL70300G


 ベニ「オイ、坊主!キスした事あるのか?」

とでも言うかのような、猛烈なキスを見せつけて
ドヤ顔をキメているのはベニコンゴウインコ 。

受け入れている方も、嫌がっている訳ではなく
咥えている方が口を放して方向を変えても
ねだるように擦り寄っていくので
この2羽の間のコミュニケーションなのでしょうね。
 
この2羽が雄雌なのか、ペアなのかどうなのかも
わかりませんが、かなり親密なのでした。 

(00:00)

2014年05月15日

1405151405081
SONY α55 SAL1855


撮影時はバラ園開催の数日前だったけど
品種によってはもうたくさん開花していました。


この写真、補正で彩度を上げた訳ではありません。
どうしてこんな色になったのかというと
C-PLの効果最大はまぁいいとして、カメラの
クリエイティブスタイルをVividにしていたのが
原因かと思います。

左上のバラの下端辺と空の境界なんて
なんだか下手な合成写真かと思えるほど(^_^;)


PLフィルターとカメラの色彩設定の
組み合わせには注意が必要ですね。


1405151405083
SONY α55 SAL70300G


こちらも、設定やPLフィルターは同じ。

本来なら、前ボケでふわっとさせたい所が
クッキリハッキリさせてしまって、なんだか
うるさいですね(^_^;)



1405151405082
SONY α55 SAL1855


同設定。

PLフィルターの使いこなしって
なかなか難しいですね。


せっかくキレイに咲いたバラよ
スマンかった(^_^;)





(00:00)

2014年05月11日

1405111405081
SONY α55 SAL1855


こどもの日は過ぎたけど、まだ泳いでいた鯉のぼり。


目的地に向かう途中、橋を渡る傍目に
河川敷を泳ぐ大量の鯉のぼりを見つけて 
ついつい脇道にそれて撮影。


防水では無いα55なので、ボディの下に小指を伸ばして
水没センサーとして、水面ギリギリから狙います。

流れの具合で水面が上がり、小指が濡れたら
瞬時にカメラを水面から引き上げないといけません。

こういう構図はバリアングルやチルトモニタと
万一濡らしても泣かない勇気が必要w



1405111405082
SONY α55 SAL70300G


こちらは、橋の上からの風景。
こんなのが見えたら、寄り道してでも
撮りたくなりますよね! 


空にも、川面にも元気に泳ぐカラフルな鯉。

こんな大きな鯉のぼりを個人宅で揚げるのは
難しい住環境になってきていますよね。
そんな人達からの寄贈なのでしょうか。

捨てるより、多くの人に楽しんで貰えますし
ちょっとした町おこしになるといいですね。




 

(00:00)

2014年05月06日

1405061404111
SONY α55 SAL70300G


宝石のようにキラキラとうるんだ瞳。

以前にはカエルを紹介しましたが
今回は、 フラッシュの反射ではなく
自然光でのきらめきです。


このうるうるな瞳の持ち主、おわかりでしょうか?



1405061404112
SONY α55 SAL70300G


横から見るとこう。

餌をもらってるカバでした。


しかし、カバの眼がこんなにキレイなのは
今回はじめて気が付きました。
 

(00:00)

2014年05月02日

1405021404111
SONY α55 SAL70300G



「お前も母さんに似てきたな」

そんな父親のセリフが聞こえてきそうな
シマウマの2ショット。


実際に、この2頭が母娘なのかどうかすら
わからないのですが(^_^;)


縞模様は指紋のように個体で違うようですね。



1405021404112
 SONY α55 SAL70300G


横から見るとこんなほのぼのシーン。

仕草は似ていますよね。


やっぱりお前、母さんに似てきたぞw 

(00:00)

2014年04月29日

1404291404261
SONY α55 SAL1855


青空にカラフルなゴンドラの観覧車。
とてもポップに撮れそうなシチュエーション。

が、敢えて、どアンダーで逆光で撮ってみる。
暗く抑えたゴンドラとゴンドラの隙間から
ギラっと太陽が覗く瞬間を狙います。

ちょっとインパクトのある写真になりました。



1404291404262
 SONY α55 SAL70300G


展望良好な場所で、初めは広角でワイドに撮影。
しかし、天気は快晴なのにスモッグがかかって
どうにもスカっと視界が抜けず写真はモヤモヤ。

で、敢えて望遠レンズで盛りを迎えたツツジを
前ボケに使い、明石大橋を引き寄せて
前景の隙間に船が来るのを待って構図を作る。
 
が、ツツジとはわからず、何もかもが微妙(;´Д`)
これはイケマセン。



1404291404263
SONY α55 SAL70300G


藤棚にはもう藤の花が咲き始めています。
蜜を求めて集まる、蜂やアブを狙います。

背景には、本来なら主役で狙いそうな
風力発電の風車。

しかし、敢えて、ここでは虫と花を主題に
藤の季節感を狙います。


藤と蜂と快晴の空と白い風車。
露出が難易度高過ぎます(^_^;)



1404291404264
SONY α55 SAL70300G


珍しくもない鳥ですが
敢えて、スズメでも狙ってみます。

スズメには珍しく、ホバリングのような行動で
何やら地面を狙っています。

ミミズのような底棲の虫を捕食していた様子。


草の中に降りたり、突然飛び出したり
ホバったりとチョコマカ飛び交うので
まるでモグラ叩き。
AFで捉えるのも至難でした(^_^;)

 

(00:00)

2014年04月22日

1404221403201
SONY α55 SAL100M28



風船のようなかわいいつぼみは
フクシアの仲間でしょうか。


以前に背景でも紹介したんですが
花の写真って、背景が難しいですよね。

この写真は、背景に同じ系統の色を淡く使いたくて
斜め下から煽って、かなり苦しい体勢で撮影しました(^_^;)



1404221403203
SONY α55 SAL100M28


こちらは、ほぼ真横から。
この日の初めの方に撮影したもので
背景の処理はかなりシンプル。


つぼみの様子はよくわかるんですが
華やかさがなんか物足りない感じ。



1404221403202
SONY α55 SAL70300G


つぼみが開花するとこんな花が。


この背景はイケマセン(;´Д`)

背景の色味が主役より濃い赤い花と
緑の葉と白い玉ボケがザワザワしていて
主題の花が引き立ちませんよね。

花は鳥や魚、動物のように逃げないんだから
もう少し考えて撮らないといけませんね(^_^;)


 

(00:00)

2014年04月20日

1404201404111
SONY α55 SAL70300G



いつもゴロゴロ寝ている印象のあるライオン。

基本的に夜行性であり、ハンティングの歩留まりも悪いので
省エネの観点からも20時間はゴロゴロ寝ているようです。


そんなライオンも、たまには動きを見せてくれます。



1404201404113
SONY α55 SAL70300G



本気で小競り合いが始まる前に、
スタッフが車で突っ込んで驚かせて
喧嘩を防いでいるようでした。


完全飼育下のライオンでも、本気で争いが勃発すると
制御出来ないでしょうしね。



1404201404112
SONY α55 SAL70300G


落ち着くとまた集まって、軽く挨拶を交わし
何事も無かったかのようにゴロゴロ寝始めます。







 

(00:00)

2014年04月18日

1404181310201
SONY α55 SAL1855


本日、日テレ系で、昨年放映の劇場版コナン
「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」
という映画が放送されました。

海上自衛隊の完全協力で作製された
舞鶴海上自衛隊のイージス艦を舞台にした物語。


コナンの道具など通常のトンデモ設定は別として
妙にリアルな部分と、ありえない部分が混在していて
子供向けのアニメとは言え、それでも楽しめましたよ(・∀・)

CICを一般人が見学!?!?ってツッコミは置いておいて
訓練から不審潜水物接近の件のやり取りを
子供や、護衛艦や用語などの予備知識の無い
ママさん達がどれくらい理解できたんでしょうね。
というか、何を言ってるか聞き取る事すら
困難だったでしょうね

でも、自衛隊協力なので、視聴者層と乖離のある
そんなシーンでも、リアルかつ長時間の尺を割いてたり。
監督は微妙な気分だった事でしょうw




1404181310202
SONY α55 SAL1855



コナンで登場したのはDDG170「ほたか」という架空の艦ですが
実際の舞鶴には、イージス艦ではDDG175「みょうこう」と
DDG177「あたご」が所属しています。


写真は、昨年秋に見学に行った時の物ですが
残念ながら、177あたごは改修工事でドック入りしていました。

 

1404181310203
 SONY α55 SAL70300G


海に落ちた蘭の捜索にも活躍した艦載ヘリSH-60K。
他に、60KのベースとなったSH-60Jもあります。

 
一度は展示訓練の体験航海に参加してみたいものです。
潜水艦も見てみたいですね。


この映画、ちょうどレンタルして観たくて、レンタルショップの
会員になるかなぁと思案してるところでした。
ラッキー♪

 

(00:00)

2014年04月16日

1404161404111
SONY α55 SAL70300G


 Shine on you ♪
 Shine on me ♪

アドベンチャーワールドのイルカショー
と言えばこんな曲。
しばらく脳内でヘビーローテーションしてしまいますw


 

1404161404112
SONY α55 SAL70300G


席の位置取りがちょっとマズかったかな?
空いているので端の方に陣取ったら
プールを挟んだ対面のシートが背景に…。



カメラのAFはカラフルで高コントラストな
シートが
好みのようで、いつどこの水面から
飛び出すか
わからないイルカより
背景のシートについついピントを
持って行かれてしまいます(;´Д`) 




1404161404113
SONY α55 SAL70300G


望遠レンズをずっと覗いていると
ショーの全体や構成を全然楽しめないので
2回見る方がいいかもしれませんね


 


(00:00)

2014年04月15日

1404151403201
 SONY α55 SAL70300G



「あまり私を怒らせない方がいい」

とでも言うかのようなロシアのプーチンばりに
無言のプレッシャーをかけているのは
中国原産のキジの仲間、キンケイ。 
漢字では金鶏。



1404151403202
 SONY α55 SAL70300G


名前の通り、黄金の冠羽が立派です。

まるでインディアンやアフリカなんかの
原住民の頭飾りのような感じ。



1404151403203
 SONY α55 SAL70300G



全体像はこんな感じ。

キンケイは、観賞用として江戸時代には
飼育されていたそうです。

とてもカラフルですが、約1m近くの巨体は
個人宅で飼育するには現代では大き過ぎますね。


花鳥園だと、やっぱり至近距離からでも撮り放題です。
 

(00:00)

2014年04月13日

1404131404102
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


カメラを持って街を歩くと
普段の移動だけの時とは違った目線で
周囲を見ている事に気付きます。


この写真の物を見つけた時は思わず2度見。
よく見ると、空き缶を使った風車のような
モビールのような。

とりあえず、携帯電話で撮ってみるも
結局カメラで撮りなおす事に。

何となく、夏の終わりな感じ。



1404131404101
 SONY α55 SAL70300G



こちらもまた季節感が歪みそうですが…

廃墟と空家と新卒生のような。



1404131404104
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7



河縁で満開に咲き誇った桜の季節は
あっという間に終わってしまいますが
散り落ちてなお水面に花弁の筋をつくり
余韻を残していました。



1404131404103
SONY α55 MINOLTA AF 50mmF1.7


夕方から夜へ遷移する薄暮の時間帯は
色の移り変わりが楽しいです。

先日の祇園枝垂れ桜の時もそうですが
5分も違えば、まったく色が変わってきます。


海に潜りに行った帰り道でも
その時間帯に夕日が出ていると
車を止めて、第2次撮影会が始まったり。

 

(00:00)

2014年04月11日

1404111404104
SONY α55 SAL70300G


桜のシーズンもあっという間に
終了したかと思いきや。 

「まだ終わらんよ」と言われてるようw

しかも、造幣局の通り抜けの前日だったりして。


枝垂れ桜もまだ残ってました。
淡いピンクのストリングカーテンのよう。



1404111404102
SONY α55 SAL1855 +クローズアップレンズNo.5


撮影がメインのつもりでは無かった事もあって
マクロレンズの代わりに水中で使っている
クローズアップレンズを持って行ってみた。


手軽さや、コストパフォーマンからいえば
これくらいの撮り方なら「悪くないですね」だな。
 


1404111404101
 SONY α55 SAL1855 +クローズアップレンズNo.5


第2ステージの桜達はどうも花弁が豊富。
八重桜なんかもそうですよね。

葉っぱが新緑、若葉のような色だとしっくりきます。



1404111404103
 SONY α55 SAL70300G


何が悪いって事は無いんだけど
せっかくピンクのかわいらしい花なのに
葉っぱがこの色だとちょっとモヤモヤするなw 

(00:00)

2014年04月08日

140408140320
SONY α55 SAL70300G


ジブリ映画の名作「となりのトトロ」。

そのトトロに裏設定があるというような
都市伝説が何年か前に流行ったのは 
ご存知でしょうか。


詳しくは、まとめサイト等を
検索して頂くとして
その1つに


「 トトロの名前の元になったトロルとは
ノルウェーの伝承に伝わる邪悪な妖精で
死神とも言われている。」


という都市伝説があります。

『死神』だそうです。 


写真のアナホリフクロウ、本当は小型で
可愛いんですが、何故かこの写真では
色合いといい表情といい仕草といい
何か怖いですw

死神のトトロのようです。 

 

(00:00)

2014年04月07日

1404071403201
SONY α55 SAL70300G


名前は分からないですが、茎までピンクで
小さく儚気でかわいらしい花。


こんな小さな花を撮る時に困るのが背景の処理ですよね。

背景がゴチャゴチャしてると、こんな控え目な
小さな花が主題だと、その背景に埋もれてしまって
何が何やらわからなくなってしまいます。


そんな時は、被写体に近寄って撮れる場合でも
あえて望遠で撮ってみるのも1つの方法ですね。

これは70-300mmのズームレンズの望遠端300mmで
絞りは開放のF5.6で撮っています。

望遠だと、画角(映る範囲)が狭くなるので
背景のいい部分だけを狙って選ぶ事ができ
さらにボケやすくなるので、背景の処理が容易に。



1404071403202
 SONY α55 SAL70300G


その時の背景はこんな場所。

同じズームレンズの広角端70㎜の
絞り開放F4.5で撮っています。

2枚目は、暗黒レンズとは言え、絞り開放にもかかわらず
ずっと後ろまで被写体の形が写っていますよね。 
このように全体の雰囲気を写したい時には
これはこれでアリだと思います。



1枚目は、背景の形は溶けて無くなり
色だけを背景に使う事が出来きました。 


セットで買って付いて来たけど、普段全く使わないって
仕舞い込んでるキットレンズの望遠ズームも
こんな使い方をしてみてもいいかもしれませんね。
 

注意点としては、手持ちだとどうしても
手振れとの戦いになります(´д`;) 

面倒くさがらずになるべく一脚、三脚を使いましょう(自戒)

(00:00)

2014年04月01日

1404011403201
SONY α55 SAL70300G


オニのように大きなクチバシのオニオオハシ。

一見、その大きなクチバシで怖そうに思うかもしれませんが
可愛い眼をしていますねぇ。
オレンジの縁取りの中にブルーのアイリングがまた素敵です。




1404011403202
SONY α55 SAL70300G


オニオオハシの体重は650±100g程度のようですが
全長の約1/3を占める、この大きなクチバシは
中心部は空洞で、周囲をハニカム構造で包み込み
軽量化と強度が両立されており、意外や意外
クチバシの重さは15g程度しか無いそうです。


花鳥園ではオオハシにはフルーツの
餌やりも出来たようですが
餌もあげずに写真ばかり撮ってました。
スマン

 

(00:00)

2014年03月26日

140326140320
SONY α55 SAL70300G


昔に紹介した猫のシュヴァルツシルトのように
達観したかのような眼差しで、視界のその向こう側を
見据えるワシミミズク。


瞳に移りこんでいるのが、猫の時のように空ではなく
施設の天井なのが、また別のストーリを感じたりして。

 

(00:00)

2014年03月24日

1403241403202
SONY α55 SAL100M28



タイトルからは、???となりますね。

この写真は、レンゲ草ではなく本来の意味のれんげ。
漢字の「蓮華」と書くとわかりやすいですね。 

レンゲ草も、ラーメン等に使うレンゲも
蓮の花びらに似ている事から付けられたそうです。


一部分にクローズアップすると、ハスの花には
また違った美しさがありました。 




1403241403201
SONY α55 SAL70300G



こちらの写真は、SAL70300Gなので
倍率はそこそこ。




今更ながら、
花を撮る時、又はマクロレンズを使う事が
予想される時は、面倒でも三脚を持って行かないと
後悔する、こんな当たり前の事を実感したのでした




(00:00)

2014年03月23日

1403231403201
SONY α55 SAL70300G



おしどり夫婦という言葉があるくらいですから
やっぱりペアが似合いますね。

ペアでになってるのがわかるでしょうか?




1403231403204
 SONY α55 SAL70300G



何やら、しっかりアピールしている感じですね。



鳥のオシドリ夫婦って、実は毎年パートナーは変わりますw
細かい事を言うと、人間の夫婦にこの言葉を使うのは
相応しくなかったりして



1403231403203
SONY α55 SAL70300G


鯉 「ちょっと通りますよ」



 水面の乱反射対策にPLフィルターを使っていますが
効かせ具合がなかなか難しいですね。
特に今回のように光量に恵まれない条件では
トレードオフになってしまいます。

さらに、こんなドジはボクだけかもしれませんが
効果を調整する為にあーでもないこーでもないと
クルクル回してると、フィルターが外れて池にポチャン、と

地面に落とすと割れてしまってたでしょうし、
こんな施設の池なので指先を入れるだけで回収でき
すぐに水道水と手の消毒用のアルコールまであったので
その後も使えたので凄く助かりました
いい勉強になりました。

(00:00)