XactiC6

2013年11月14日

2013年 11月6日付
東京大学大学院農学生命科学研究科 プレスリリース
「今、よみがえりつつある奄美大島の希少種:外来種マングースの防除事業の成果」

によると、

◆奄美大島で行われている外来種フイリマングース(注1)の防除事業により、
 島に固有の6種の脊椎動物(アマミノクロウサギ、カエル類3種、ネズミ類2種)の個体数が、
 顕著に回復していることが明らかになった。

 
◆固有種の回復度合いを測る数値目標の算出法を新たに提示し、マングース以外の
 外来種(クマネズミ)は増加していないことを確認した。


◆世界自然遺産の候補地である奄美・琉球では、マングースの負の影響を軽減し、
 固有種を回復させることに取り組んでいるため、本研究の成果は世界自然遺産への
 登録に弾みがつくと期待される。


以上 引用。

詳しくはソース元 東京大学大学院農学生命科学研究科
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2013/20131106-1.html
でご確認下さい。




131114101124
SONY α55 SAL70300G

マングース駆除の為の罠。
罠に入ったり仕掛けた餌を引くと、バネの力で捕えられるのでしょうが
どのように捕まるのかイマイチ想像が付きません。

何にせよ、マングースには本当に気の毒な話です。



以下、マングースの減少にともない、個体数増加が確認された
6種の動物の中で過去に撮影出来たものを紹介します。




131114130920
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

まずは国の特別天然記念物アマミノクロウサギ

これ、トリミング無しでこの大きさで写る距離での遭遇でしたが
不覚にも、ウサギにピンを合わせられず。。。




131114130921
SONY α55 MINOLTA AF300mmF4G

県指定天然記念物のアマミイシカワガエル





131114091029
Xacti C6

県指定天然記念物のアマミハナサキガエル

鼻孔がマズルの先の方にある事が名前の由来とか。





131114100725
Canon EOS kiss X3 EF-S55-250mm F4-5.6 IS

こちらも県指定天然記念物のオットンガエル

先のイシカワガエルやハナサキガエルと比べて、かなり大型です。
ウシガエルとかのイメージですね。






131114110912
SONY α55 Tokina AT-X304

こちらは国の天然記念物のケナガネズミ





あと一種、アマミトゲネズミですが、残念ながら今までに
まだ撮影した事も、出会った事すらありません(^_^;

増加しているそうですし、そのうち撮影できるかもしれませんね。



また、これら在来種は増加しているが、外来種のクマネズミは
増加していないそうです。

まぁ、そんなに都合よくいかないでしょ?って気がしますが
希少種の生息数の回復をまずは喜びましょう。



また、こちらも併せてご覧ください。

国立環境研究所
「外来生物マングース防除が、外来種クマネズミではなく在来ネズミ類の回復に寄与したことが明らかに」
http://www.nies.go.jp/whatsnew/2013/20131106/20131106.html



(00:00)

2010年03月10日

100310091222
Xacti C6

猫である。
名前は…もうある。
シュヴァルツシルトだ。
                :
                :

午前中に潜った後、昼食を食べに寄った公園に居たネコ。
下品なベタ慣れでもなく、かと言って全く寄せ付けないでもない。
手が触れる距離でありながら、適度な距離感で遊んでくれた。

この日は、厚い雲に気まぐれに晴まが差すような空模様。
この時もどんよりとした雲が空を覆っていたのだが、
ネコが見つめる先の空は、雲の切れ間から青空が少し顔を出した。

その先に何を想い、何が見えたのか
ネコは意を決したように、歩き出した。



よし、行こう。

いつまでもここに留まっている訳にはいかない。
ボク達も次の目的地を探す為、車に乗り込んだ。
スルスルと静かに動き出した車の窓に
ポツポツと小さな雨粒があたり始めた。


あのネコは雲の切れ間の向う側に何を見たのだろう。
或いは見る事すら不可能な地平線だったのかもしれない。


何かの暗示かただの偶然か。
ボク達は答えを見つけられないまま
この地を後にした。

                 :
                 :

な~~んチてw 思わず物語ってしまいそうな
含みのあるキレイな眼を撮らせてくれたネコでした。
きっと野良ネコだけど、餌は近所のばっちゃんに
ご飯の残りでも貰っていそうな感じでした。




(01:01)

2010年03月02日

0892910302_1
xacti C6

ミドリに輝く大きく突き出した眼をもったコイツ。
宇宙人でもカエルな軍曹でもありませんよ!

トントンミーとも呼ばれる、ミナミトビハゼと言う立派な魚です。
南西諸島の汽水域のマングローブ地帯や干潟に生息します。
この撮影場所は石垣島北部のヒルギ群落がある干潟です。

しかし、立派な魚とはいうものの、魚なのに水の中が苦手。
普段はだいたい、マングローブの根の上や岩の上に
胸鰭を使って、チョコンと乗っかっています。
胸鰭を動かす筋肉が発達していて、胸鰭を前足のように使い
這って移動する事が出来ます。

しかし、xacti C6はマクロには強いなぁw



姿はこんな感じ。
0892910302_2
xacti C6


水中では普通の魚のように鰓呼吸をしているのですが、
陸上では体表を濡れた状態に保つ事で皮膚呼吸ができるだけで無く、
鰓蓋内に水を蓄える事でしばらくの間は鰓呼吸もできるそうです。

普通の魚は鰓呼吸と共に有毒なアンモニアを水中に排出しますが
陸上では呼吸が出来ないうえ、アンモニアを排出できず体内に蓄積し
脳障害を起こして、やがて死に至ります。

ミナミトビハゼは、アンモニアを無害なアミノ酸に変えて体内に貯えておき
水中に戻ってからアンモニアに戻して排出するというオドロキの能力を
持つので、陸上でも活動が出来るそうです。

呼吸方法から代謝物処理方法、生活空間までハイテク装備な
ハイブリッド生命体ですねぇw

トントンミーの呼称はその名前のように、危険を察知したり
潮が満ちてきて陸上まで逃げてくる時に、カエルのように
トントン、ピョンピョンと、尾鰭をバネの様に使って
陸上や水面を飛び跳ねて移動する事に由来するそうです。

トビハゼと共にアクアリウムでも人気があり、マッドスキッパー
と言う名前で親しまれています。




(01:01)

2010年02月25日




sky

                                   sanyo xacti C6
飛行機に乗る機会がほとんど無いので、
窓から広がる超パノラマな大絶景に
ついつい見とれてしまい

宇宙から海までの惹き込まれる様な
青のグラデーションを、何とか写真に
収めたくなります。

島の上空には必ずと言っていい程
積乱雲が出来ています。
スコールや雨を降らせ、小さな島々にも
貴重な淡水源として島を潤しているのでしょう。






sunset
                              Canon PowerShot A75
石垣島北部のサンセットビーチです。

もう、普段の生活圏とは

空が違います。

海が違います。





beach
                              Canon PowerShot A75

その名の通り、夕日がバッチリの
ロケーションにあるビーチです。


silhouette
                              Canon PowerShot A75

石垣島へ到着した当日に、ポイントを探しながら
島を北上し、夕方になって到着したビーチ。

9月末の石垣島では、短時間のダイブでは
水着とラッシュガードだけでOKでした。 




(01:01)